安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
最新の記事
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
光は本当に量子なのか
at 2015-03-17 23:48
自分のアタマで考えざるを得な..
at 2015-03-06 03:57
折り合い
at 2015-03-01 00:19
C++とC#
at 2015-02-07 02:10
浮世離れ補正
at 2015-01-25 01:21
記事ランキング
タグ
(294)
(146)
(120)
(94)
(76)
(64)
(59)
(54)
(45)
(40)
(40)
(39)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

雑念

寝ようと思ったけれども、眠れない。いろいろと思うところがあるのだけれども、多くは書かない。

今、読んでいる本。

万物理論 (創元SF文庫)

グレッグ・イーガン / 東京創元社



職場にもやはり、尊敬せざるをえないような優れた能力と人格を兼ね備えた若い人がいて、彼が好んで読んだという本。休憩室に置いてあったので、借りてきて通勤電車で読んでいる。こういう本を、物理学者志望の人や小説家志望の人に読ませて、どのような罵言が返ってくるのか聞いてみたいような気がする。厳密性のかけらもないだとか、多くの人が知らないような科学知識を突然出してくるのは卑怯だとか、そのあたりだろうか。他に読むべきものがある、というあたりが現実的な回答か。

物理講義 (講談社学術文庫 195)

湯川 秀樹 / 講談社



これも、厳密性のかけらも無い話。しかし、湯川先生自身がこう語っている。

こういうことを考えておりますと試験はすべて落ちますから(笑)、こういうことははなはだ非能率的です。実際、私は若いときはこういうことは考えなかった。こんなことを考えていますと、とても相対論とか量子論に行けんわけですね(笑)。そういうところには、やや合目的的にというのか最小作用の原理というのか知りませんが、早く言えば、第一線につくことも大事でありますから、ほどほどにしといたというわけです。

なるほどねぇ。詰め込み教育で終わっては良くないが、若くなくては詰め込めない知識というものもあるから、哲学的なことは後でゆっくりと考えれば良い、ということなのだろう。

論語 (岩波文庫)

岩波書店



頭から通読していく性質の本ではないので、ときどき手にとってはパラパラとめくっている。孔先生からして、既に(当時の)現代批判などをやっている。「子曰、古之學者爲己、今之學者爲人」昔の人は自分のために学んでいたが、今の人は他人のために学んでいる。そういう意味らしいのだけれども、日本語の読み下し文というのは朱子学あたりの解釈の影響が強すぎるので、どちらかというと漢和辞典を引きながら白文で読むほうが、意味に幅が出てきて面白い。

昔の人なら文字でしか知ることができないから、立派な人の立派な言動だけが残る。しかし、今を生きる人は、立派な人でなくとも人の目についてしまうし、立派な言動をする人だって、昼寝なんかしているところを見つかれば一気に信用を失ってしまったりする。そりゃ古人には敵いませんよ。でも、宰予さんなんて昼寝を見つかって孔先生の信用を失ったという話が二千年以上語り継がれたわけで、それはあまりにも気の毒と言うしかない。


まぁなんだろう、踊り念仏かなんかで騒ぎたい衝動を、ぐっと我慢している。自分で自分をほめてあげたい。
[PR]
by antonin | 2009-02-10 04:45 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antonin.exblog.jp/tb/10328334
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 都市伝説誕生秘話 雑感メモ >>


お気に入りブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル