安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
最新の記事
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
光は本当に量子なのか
at 2015-03-17 23:48
自分のアタマで考えざるを得な..
at 2015-03-06 03:57
折り合い
at 2015-03-01 00:19
C++とC#
at 2015-02-07 02:10
浮世離れ補正
at 2015-01-25 01:21
記事ランキング
タグ
(294)
(146)
(120)
(94)
(76)
(64)
(59)
(54)
(45)
(40)
(40)
(39)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

ぶっちゃけて書く

ええい、めんどくせぇ。直截に書く。遠き慮り無ければ必ず近き憂いがあるんだろうが、覚悟の上で書く。

切れすぎるモノ、ってのはこれ。
皆殺しの天使

私は天才というものを「変人かつ秀才」と定義した。この人はちょうどその定義に合致する。しかし一口に天才と言っても、100年に一人の逸材もいれば、年に100人の逸材というのもいる。その判定は私には当然不可能だが、超離散だのテンソルだのという用語で威嚇するあたりは後者という感じもする。ただ、私より格段に秀才なのは確定なので、どちらでも良い。もうちょっかい出さないから自由にやって欲しい。

鈍すぎるモノ、ってのはこれ。五十歩の人、ってのもこれ。打っても響かない。
クリントン大西の裏日記


NAFは、草枕に出てくる那美さんに似ていると思った。
 それだから軽侮の裏に、何となく人に縋りたい景色が見える。人を馬鹿にした様子の底に慎み深い分別がほのめいている。才に任せ、気を負えば百人の男子を物の数とも思わぬ勢の下から温和しい情けが吾知らず湧いて出る。どうしても表情に一致がない。悟りと迷が一軒の家に喧嘩をしながらも同居している体だ。この女の顔に統一の感じのないのは、心に統一のない証拠で、心に統一がないのは、この女の世界に統一がなかったのだろう。不幸に圧しつけられながら、その不幸に打ち勝とうとしている顔だ。不仕合な女に違ない。

似ている、というだけで、そのものとは言わない。

fazeroはよくわからない。七福神に弁才天というのがあって、元をたどるとインドの女神だというのだけれども、そんな感じ。ずっと少年だと思っていたのに、気がつくと女性になっていた。けれどもいまさら態度を変えるわけにもいかないので、気付かない風を装っている。が、かなり救われている。

あと、親しみを抱きつつ忌憚を感じている人々がいる。

oki
3人のコドモの話をするとき、いつも気後れする。のどの奥に小骨が刺さったような感じがする。同情しては失礼に当たる気がする。

アッサ
本を読んだという話をするとき、いつも気後れする。のどの奥に小骨が刺さったような感じがする。同情しては失礼に当たる気がする。酒を飲もうと誘っておいて、そのままにしている。誘う機会を逸して困っている。

せんろさん
趣味においても思想においても職業観においても、ありとあらゆる面で相容れないのだけれども、それにもかかわらず一番長続きしている友人でもあって、不思議な感じがする。続いている理由はもっぱら彼の忍耐強さにあるのだけれども、いろいろな意味で余りにも距離が遠くて困っている。

ヨメ。
リンクはさすがに省く。いつもここに文句を書いているが、それが本気だと思ってもらうと困る。ダンナの稼ぎが並み以下であるにもかかわらず住宅ローンを3年半で完済するという離れ業は、このヨメの卓越した金銭管理能力によるものであることは明白であって、それに敬意を払った上での愚痴であることを表明しておく。尊敬しているというより愛しているというほうがより近いが、結局のところその感情というものは筆舌に尽くせるものではない。


ら。の人であるとか、狢菊の人であるとか、まここであるとか、telとかこーいちとかへーげる奥田とか、あるいは清瀬の六朗さんであるとか、言及すべき人は他にもあるのかもしれないが、発送をもって発表に代えさせていただきます。
[PR]
by antonin | 2009-02-15 22:53 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://antonin.exblog.jp/tb/10358144
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by アッサ at 2009-02-16 00:50 x
本を読んだ時は、それについてしっかり語ってくれればそれでよし。
実は最近は昔よりは本へのアクセスは良くなっていたりもするし。
それはそうと、飲みの誘いはタイミングに関係なくいつでも。

「同情するならビールをくれ」 (笑)
Commented by NAF at 2009-02-16 01:19 x
そのものです。

私はあんとを面倒がらせるつもりは毛頭無かったので
申し訳なく思います。それから折角紹介してもらったそれぞれのブログ、
読んでもピンと来なかったので、私は鈍いのでしょう。

「不仕合」はかなりショッキングな言葉でしたが、
それより気になったのは、みなさんへの評価と比べると
明らかに私は・・・・汗
小学生の頃、習字の学内展示会において、私の汚い字が
金賞・銀賞の人たちの隣に必ず並べられていた、そんな感じを
思い出しました(笑)
Commented by NAF@ at 2009-02-16 01:35 x
追伸:わざわざ意見を賜り、「かたじけない」。
Commented by fazero at 2009-02-16 02:44
www
「うち わ におく えん ためるのや。ぜに の はな さかすのや」 と いう やく お、 むかし なんか の ぼーねんかい の よきおー で した こと あるねんけど、 (だれ が こんな せりふ かんがえたん や おもたけど) べんざい・てん いう のも おかね の かみさま やよねー。 おーし ぜーきん のがれ に みな おさつ と きんか に かえて、 れーぞーこ に しまって く あるね。 うふふ~ と ゆい ながら きげんよく こんや わ ねてまうの れした。
Commented by 。の人 at 2009-02-16 10:28 x
「発想を以って」がよろしとおもはゆ。
Commented by antonin at 2009-02-16 22:44
>みなさま

コメントありがとうございます。ぶっちゃけて書いて良かったと思います。

>アッサ

どもです。いつも、本を読んでも語らないんだよなぁ、ワタクシ。語るネタにはなっているんだけれど、本そのものを語るのは苦手。読書感想文とか要約とか無理。
ところで2/20(金)あたりはおヒマですか?

>なふん

まぁ、なんでございましょう、ある人を批判している文章に、全然違う人が反応するということはよくあることでございまして、私なんぞもよくそうした反応をするわけでございますが、身近でそういう反応をする人は(私自身を除けば)NAFくらいなものなのです。だからその、自己嫌悪の巻き添えを食らわしているようなところがございまして、つまりはごめんなさい。
Commented by antonin at 2009-02-16 22:47
>fazero

子供が増える前は、いつも夫婦で鎌倉の弁「財」天にお参りにいっておりました。まぁ弁天だけに財を成したのはヨメばかりですが、それはそれでいいのです。

>ら。どの

ではその線で。
発想を以って八俵に代えさせて頂きます。
Commented by NAF at 2009-02-17 01:17 x
ごめんなさいはこちらのほうです。
別レスでも書きましたが、改めて応えてくださってお礼申します。

自分でも問題視していた点を、自分ではできなかった
具現化(文章化)してもらえたのですから、むしろ有り難いと
思ってます。大いに参考にさせてもらいますので
あまりお気になさいますな。
Commented by アッサ at 2009-02-17 01:28 x
たぶん大丈夫だけど、若干の不確定要素が…。
続きはメールでもいただければと。
<< アーナンダという人 批評文化批判 >>


お気に入りブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル