安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
最新の記事
酔論
at 2017-08-22 01:23
婦人画報創刊号
at 2017-07-07 01:36
アキレスと亀
at 2017-05-02 15:44
受想行識亦復如是
at 2017-05-02 03:26
仲介したことはあまりないが
at 2017-04-29 03:36
サンセット・セレナード
at 2017-04-12 23:17
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
記事ランキング
タグ
(296)
(148)
(122)
(95)
(76)
(65)
(59)
(54)
(45)
(41)
(40)
(39)
(33)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

Triage

手が足りないときは困ってるヤツから助ける。ただし、救える見込みのないヤツは見捨てる。仕方がない。

で、まぁ合理的には確かにそうなのだけれども、なんだか飲み込みきれない気分があって、日本人だと後になって供養塚を立てたりした。

聖職というものがあって、たいていは何らかの使命感というものによって自己犠牲の精神の上に業務が遂行され、それを当たり前のように享受する。だがそこにもやはり飲み込みきれないものがあって、筆塚だとかなんだとか、そんなものが立つ。

都会に居るとそういう土着に近い感覚に触れる機会というのは相対的に少ないのだけれども、そういうものが認識の底に横たわっていないのかというとそういうこともなく、降って涌いたような休日1000円乗り放題などという制度に迅速に対応したETCシステムに接して、なんとなく菩提心なども涌く。

いやまぁどうでもいいのだけれども、全てをなんとかすることはできないが、何かをなんとかするとかすることはできるのだとか、ゴニョゴニョと思う。茹で蛙というのも、あるいは悪くないのかもしれない。
[PR]
by antonin | 2009-05-08 01:48 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antonin.exblog.jp/tb/10902656
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 散財 ミテクレを見てくれ >>


フォロー中のブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル