安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
最新の記事
酔論
at 2017-08-22 01:23
婦人画報創刊号
at 2017-07-07 01:36
アキレスと亀
at 2017-05-02 15:44
受想行識亦復如是
at 2017-05-02 03:26
仲介したことはあまりないが
at 2017-04-29 03:36
サンセット・セレナード
at 2017-04-12 23:17
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
記事ランキング
タグ
(296)
(148)
(122)
(95)
(76)
(65)
(59)
(54)
(45)
(41)
(40)
(39)
(33)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

物欲戦隊カネナインジャー

心が平静を取り戻したら、物欲が蘇ってきた。
冬のボーナス払いあたりで考えてみるか。

F200 / FinePix F200EXR | 富士フイルム

何も考えずにオートで撮りまくると、中には芸術的な作品が混ざるという不思議な一品らしい。最初に持ったデジカメが起動に時間がかかり、しかもニッケル水素電池だとフラッシュの充電に異常に時間がかかるトロい機種だったため、現在使用中のF10を買った。で、目論見どおりこのカメラは大活躍してくれた。ISO800は室内で自然な表情が得られるし、屋外で晴天なら高精細な景色が撮れた。電池も大容量で電池切れを起こしたことは一度もなかったし、動画も手軽に撮影できて文句なしだった。

が、先日カメラ大好きのムスコ1号がカメラを落としてしまい、レンズ筒が折れた。ムスメがどうやったのか復元してくれたおかげで今は使えるのだけれども、なんだかちょっと各所の動作が怪しくなり始めている。気がつけば、もう4年も使っている。今年中には機種更新の覚悟をしておいたほうがいいような気がする。テレビのほうは家計費で(例の定額給付金の家族全員分を突っ込んで)買えるらしいので、冬のボーナスから奨学金返済と生命保険掛け金と学資保険の積立金を差し引いた残りは自由に使える(夏のボーナスはもう嫁ぎ先が全て決まっている)

価格.comで調べると最安値で¥22,000程度まで値下がりしている。安いなぁ。動画性能やネットワーク機能が全く進化していなくて、ひたすらstill cameraとしての品質だけが向上しているあたりに富士写真フィルム社の意地を感じる。そういうのは好きだ。ただ、私に気に入られる製品や企業はいつも没落していく傾向にあるので、富士フィルムもそろそろ方針を見直したほうがいいのかもしれない。

ま、今日は遅いのでこんなところで。
[PR]
by antonin | 2009-06-18 01:53 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antonin.exblog.jp/tb/11291097
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 親愛なるテオ 相対主義の彼岸 >>


フォロー中のブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル