安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
最新の記事
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
光は本当に量子なのか
at 2015-03-17 23:48
自分のアタマで考えざるを得な..
at 2015-03-06 03:57
折り合い
at 2015-03-01 00:19
C++とC#
at 2015-02-07 02:10
浮世離れ補正
at 2015-01-25 01:21
記事ランキング
タグ
(294)
(146)
(120)
(94)
(76)
(64)
(59)
(54)
(45)
(40)
(40)
(39)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

月のアペニン山

楢山節考の文庫本を買って読んでみたりした。この小説自体は過去に一度読んだことがあり、大筋は知っていたが、今になって改めて読み返してみると、やはり心に迫るものがある。特に胸に迫るのが、子に自分を山へ捨てろと迫る母親が子を思う気持ち、嫌だと涙を流しつつ母を背負い、山へ行く日に雪が降ったなぁと感じ入る息子の気持ち、憎まれ口を叩きつつも祖母を思う孫の気持ち、それぞれに嫌味を言いながらも義母を思う嫁の気持ちなどで、それらがとても尊く感じられた。

どんな悪人に見えても、結局のところ人の心は清いというのが、冷酷ではあるが現実なのだろう。世に悪事は尽きないが、脳波を取っても平然と悪事を成す珍しい例を除けば、ほとんど全ての悪人はその性根において善人なのだろう。ただ、平均よりいくらか弱い心を持っているという、ただそれだけなのだろう。そして、自分の悪には目をつぶるようにできているが、自分の弱さはよく見える。そういう自分も悪人の最たるものなのだろう。それを論理的には知ることができるのだが、実感としては感じ取ることができない。こうしてどんどんと悪人になっていくのだろう。「だから、あの時に死なせておけば善かったものを」と、憎まれ口を叩きながら世を去っていくのかもしれない。弱い男の最期とは、だいたい憎まれて消えると決まっている。たとえ、死後懐かしまれることがあっても。

楢山節考の文庫本の巻頭に、「月のアペニン山」という短編小説が併載されていた。この作品の最後には「サスペンスの練習に」というメモ書きが添えられているのだが、おそらく正常な読者は、主人公が統合失調症であったという結末に戦慄するのだろう。だが、私は戦慄しなかった。主人公の不安と、その妻の泣く姿、妻の友人たちの、困惑しながらも温かく妻を支える姿に感動を覚えた。主人公の深い不安に共感を覚え、温かい余韻が残った。私の最期は、この主人公のようになっていくのかもしれないと思い始めている。そのように客観的に自分を眺めているのは、正常なのか異常なのか、もはや自分では判断が付かなくなっている。ただ判別できるのは、ヨメがときどき涙を流しているという事実だけだ。

空を飛びたいと願う人の歴史は、ついに飛行機を作り出した。人に働かせたいと願う人と働きたくないと願う人の歴史は、ついに工作機械を作り出した。そして、人が自分に期待する像と、自分が認識する自分の像の分裂を持つ人の歴史が、向神経薬という解決法を見出したのだろう。ある人は弱いが、社会は全ての人に強さを要求する。すると、精神は分裂することでその要求を満たそうとする。ただ、それだけのことだ。

今はいい薬があるらしい。今はまだその手の薬を必要としないが、仮にそれが必要となったとしても、あと30年くらいは生きていけるだろう。「この人を見よ」などと叫ばなくてもいい。ただ、薬を飲めばいいのだ。良い時代になったものだ。
[PR]
by antonin | 2009-07-16 00:48 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antonin.exblog.jp/tb/11518504
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< self portrait 同行二人 >>


フォロー中のブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル