安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
最新の記事
仲介したことはあまりないが
at 2017-04-29 03:36
サンセット・セレナード
at 2017-04-12 23:17
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
光は本当に量子なのか
at 2015-03-17 23:48
自分のアタマで考えざるを得な..
at 2015-03-06 03:57
折り合い
at 2015-03-01 00:19
記事ランキング
タグ
(295)
(146)
(120)
(95)
(76)
(65)
(59)
(54)
(45)
(40)
(40)
(39)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

Ajaxの死と再生

昔、こういう広告があった。

「覚醒剤やめますか、それとも人間やめますか」

そりゃもう、人間やめられるくらいなら覚醒剤でもなんでもやりますってば。でも現実には、覚醒剤くらいでは人間をやめられるわけではなく、この誇大広告も、じきに取り下げられていった。当たり前だけれども、人間でいることは苦痛であり、そしてそれはやめることができない。だから仏法が必要なんだ。

Google mapで有名になった"Ajax"というのが、ギリシャ悲劇の主人公の名前に由来していると知ったときは軽い驚きだったが、その剛将アイアスは双極性障害であったという考察を読んで面白かった。面白がっている場合ではないような気もしないではないが、まぁいい。名誉ある家に生まれた人間は、名を挙げて生きるか、名を惜しんで死ぬか、ふたつにひとつなのだというような台詞を、この主人公が吐くらしい。結果はもちろん、名を惜しんで死にゆくから悲劇になる。

私は名誉ある家などには生まれていないので、名を下げてでも生きていかねばならない。戦場にあっては剛勇、戦後にはわがままな子供のように周囲を困らせるアイアス。「えー、それって、まんま俺じゃねー?」という現代人は多いに違いない。つーか紀元前からこういう人はいたのね。人間って本質的に変わらんな。

なんだろう、もう一回戦場に出れば活躍できたのか、アイアス。あるいは死ぬしかなかったのか、アイアス。不死鳥のように蘇ったJavaScriptというかECMA Script + DOM + HttpRequestの物語を読んだりして、現代のアイアスはきっともう少し長生きできただろう、などと少しだけ楽観的に考えてみるのである。
[PR]
by antonin | 2009-07-18 02:59 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antonin.exblog.jp/tb/11533536
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 恐怖の殺人チワワ 天上天下唯我独尊 >>


フォロー中のブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル