安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
最新の記事
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
光は本当に量子なのか
at 2015-03-17 23:48
自分のアタマで考えざるを得な..
at 2015-03-06 03:57
折り合い
at 2015-03-01 00:19
C++とC#
at 2015-02-07 02:10
浮世離れ補正
at 2015-01-25 01:21
記事ランキング
タグ
(294)
(146)
(120)
(94)
(76)
(64)
(59)
(54)
(45)
(40)
(40)
(39)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

賃走団の仁義と民主主義

タクシーに乗る人は減っているだろうに、タクシーのなんと多いことか。とはいえ、夜の駅前というのはそれなりに利用客が多く、下りの電車が入ってから数分は客待ちタクシーの流れが活況を呈する。再開発が済んだ駅の逆サイドには20台分くらいの地下タクシープールがあって、雪でも降らない限りはタクシーの供給に問題はないのだが、こちらサイドには3台分の路駐スペースしか用意されていない。

昼間はこの程度でも何とかなるのだが、夜にもなると客の需要に追いつかないので、勢い客待ちの列は長くなる。交差点を折れて4車線道路の方まで列が伸び、営業を終了したバス乗り場がタクシーで埋まる。まぁ、客の需要というよりドライバーさんの客待ちスペース需要に追い付いていない、というほうが正しいのだけれども。

今もパトカーが来て、「ここはタクシースペースではありませんよ、移動してください」などと言っている。そうすると仕方なくスペース外のタクシーたちは移動を始めるのだが、数分するとしっかり元の状況に戻っている。タクシーに乗る機会のない貧乏住民の立場から言うと、はっきり言って邪魔な上に自転車と歩行者の通行スペースが削られて危険ですらあるのだけれども、あちらも商売なので仕方がないだろう。

で、夜のタクシー行列を眺めていると、面白いものを観察することになる。正規のタクシースペースと規定外の待ち行列は、商店街店舗の置く駐車お断りポールに阻まれて、けっこう距離が離れている。規定外行列の先頭から、正規スペースの空き状況を見ることは難しい。

そこで行列待ちでヒマ垂れているときに誰かが知恵を絞ったのか、あるいは先人の知恵を拝借したのだと思うが、正規スペースの先頭のタクシーが客を乗せて発進したあと、最後尾に駐車しているタクシーが一台分前に寄せるときにハザードを点滅させている。これを見た規定外行列の先頭にいる運転手は、正規スペースまで車を進める。で、後続が来たことを確認すると先ほどのタクシーはハザードを消す。以下繰り返し。

なんだか、生物界でも産業界でもなんでも、こうして新しいルールが作られていくのだな、というのを実感する。巨大な組織が制定するルールに比べ、こういう自治的な組織が作るルールというのはとてもダイナミックで、血が通った感じがして好感が持てる。タクシーは邪魔だけど。

けれどもまぁ、なぜこのルールが作られたのかが忘れ去られた時代になると、習慣に固執する親父が時代に合わなくなったルールを振りかざしてシステムを機能不全にする、なんてことも起こるのかもしれないな。駅のこちらサイドが再開発される(予定だったが政権交代でどうなるかわからん)10年後あたりに、このルールがタクシードライバーたちの間に残っているのかどうか、ちょっと楽しみではある。


「自治は民主主義の学校」とは確かにそのとおりなのだけれども、学校で学ぶのは輝かしい理念ばかりではない。独裁や腐敗や我田引水やそれを隠蔽するための後付けの大儀など、むしろダークサイドを学ぶという側面のほうが多かった。

そんなわけで、1年間のマンション自治組織の理事長の役目を終えた。最後の総会でひとつルールを追加したが、人間がルールに振り回されることの無いよう、血の通った運営が今後も永く続けられることを願う。いやぁ、民主主義の学校は面白かったですよ。仕事より100倍楽しかったのは一生の不覚だったが。これからは仕事を楽しみたい。

やっぱり、ルールは人に益するものでなくてはいけないよなぁ。
[PR]
by antonin | 2009-10-02 00:42 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antonin.exblog.jp/tb/12048069
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 妄語 ガザとリスパダール >>


お気に入りブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル