安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
最新の記事
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
光は本当に量子なのか
at 2015-03-17 23:48
自分のアタマで考えざるを得な..
at 2015-03-06 03:57
折り合い
at 2015-03-01 00:19
C++とC#
at 2015-02-07 02:10
浮世離れ補正
at 2015-01-25 01:21
記事ランキング
タグ
(294)
(146)
(120)
(94)
(76)
(64)
(59)
(54)
(45)
(40)
(40)
(39)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

遊ぶ予定

久しぶりにライフゲームのプログラムでも組んでみようと思うが、どのプラットフォームを選ぶか迷う。JavaScript+CANVASというのも面白そうではあるが、VC++で3GBくらいのメモリを1ビット残らずマッピングしてみるというのも面白いような気がする。ロスを考慮しても20ギガビットくらいは確保できるので、200,000 x 100,000セルの閉空間くらいは扱える。ランダムな初期配置から始めて、リミットサイクルまで落ちた段階でパターン検出、特定パターンの出現頻度統計などを計算してみても面白いだろう。セルラ・オートマトンの文献でも先に読んでみたらもっと面白いかもしれないが、まぁそこまで欲張らなくてもいいだろう。

せっかく4GBもメモリが載っているのに、キャッシュに3GBも取られているのはもったいない。プロセッサ能力を使い果たすのが動画のエンコーダーだけというのももったいない。ちょっとSSEとかDirectXとかの勉強でもしてみようか。ライフゲームのような2次元CAだけじゃなくて、3次元CAを実装してみるのも面白いかもしれない。頂点シェーダーみたいな高度なものを使わなければ、このノートに載っているRadeon Xpress 200は結構遊べるだけの性能を持っていることもわかった。(古い天体シミュレータを動かす程度ならGeForce4 MXなんかよりよほど速い)

もう何も考えずに遊んでやる。この国の経済に貢献してやるなどまっぴら御免だ。
[PR]
by antonin | 2009-11-08 23:59 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antonin.exblog.jp/tb/12289105
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< とりあえず作業開始してみる 愚痴を3トンばかり吐く >>


フォロー中のブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル