安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
最新の記事
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
光は本当に量子なのか
at 2015-03-17 23:48
自分のアタマで考えざるを得な..
at 2015-03-06 03:57
折り合い
at 2015-03-01 00:19
C++とC#
at 2015-02-07 02:10
浮世離れ補正
at 2015-01-25 01:21
記事ランキング
タグ
(294)
(146)
(120)
(94)
(76)
(64)
(59)
(54)
(45)
(40)
(40)
(39)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

パソコン周辺危機数件

我が家の虎の子のプリンタが壊れた。EPSONのPX-V600という超低価格顔料インク式インクジェットプリンタだったのだけれども、写真より文書向けの4色インクという仕様にも関わらず、インクの消費速度、特に黒インクの爆速消費が悩みの種だった。

インクジェット方式のプリンタはときどき電源を入れたり印刷したりしてインクを流してやらないとノズルが詰まるのだけれども、顔料インクではその傾向がさらに強いらしい。にも関わらず本体価格を消耗品で取り戻すビジネスモデルのため、電源を入れるたびに見る見る減少していくインク残量に肝を冷やし、結局年に2~3回程度の出番しかないという状況だった。

それでもなんだかんだで4年以上は使ってきたのだけれども、ついにクリーニングすればするほど目詰まりが進行してどうにもならないという現象にぶつかってしまった。どうやらこれは顔料インクを使ったこのシリーズの宿痾だったらしい。

くすぶり続けるEPSON CC-600PX/PX-V700問題 - WaterMind PC Blog

うちのはPX-V700じゃなくてPX-V600の方なので確かではないのだけれども、症状としては価格.comの口コミに寄せられていたのと全く同じだった。クリーニングを繰り返すと、それまではかすれながらも少しは出ていた印字が全く出ないようになり、ついにはクリーニング時の動作音までおかしくなってしまってお陀仏、という具合なので、おそらくは似たような現象が起こったのだろう。

安い機種だし、もう十分使ったので本体の故障に関しては不満はないのだけれども、問題なのは残されたインクカートリッジたち。なにしろインク消費が爆速なのでインク在庫が欠かせず、こういう事態になってしまって¥5,000分くらいのインク在庫が一気にパーになった。これがなんとも悔しい。今回は新品のインクカートリッジ4本を開封して満を持してのクリーニング中にお陀仏になったから、インクのみオークションで売り払うこともできない。実に悔しい。

ちなみに現行機種でも黒インクの爆速消費は改善されていないようだ。

Amazon.co.jp: EPSON MultiPhoto Colorio 普通紙くっきり複合機 4色顔料インク PX-402A: 家電・カメラ
購入してまだ葉書3枚(カラー)と文書(白黒)をA4に「半枚」印刷しただけですが、黒のインク残量は半分になってしまいました。他の色はあまり残量が変わっていないようですが先は不安で、早速インク買いました。付属の黒色のインクはA4文書を3・4枚印刷で空になる計算です。単にこの付属黒インクのカートリッジの問題だけであってくれればと、でも多分そうだろう、と星は三つにしました。

「当初から付属のインク」という物はすぐ無くなるのが普通なのかは知りませんが、ちょっと度を越していると思います。

インクの減り以外には、今のところ調整不可能な問題はありませんが…。まだ殆ど使えてません(インク無いので)。

無駄になった費用も、インク代ではなくプリンタの維持費だったのだと思えばいいのだろうが、やはり貧乏人の心理的には痛い。こういう心理的痛手を受けて、次期プリンタとしてこんな物を選んでしまった。

Amazon.co.jp: Canon Satera A4モノクロレーザー複合機 MF4010: 家電・カメラ

キヤノンでモノクロでレーザーで複合機ですよ。全くの反動現象。しかし価格は¥17,716。またしてもジレットモデルですよ。まぁメーカー仕様を信じるならば、ベタ塗りなんかのない文字主体の印刷程度であれば2000枚はいけるというので、ランニングコストにはそんなに神経質になる必要はないのだろう。プリンタのみでも良かったのだけれども、複合機との差額が¥5,000くらいしかなかったので、だったら複合機にした方がパラレル接続の300dpiスキャナも駆逐できて良かろう、ということでこちらにした。

この機種にA4用紙をセットするには給紙ステージを本体手前に出さないといけないのだけれども、普段は用紙を抜いて扉を閉めておけば奥行きサイズがその分コンパクトになるので、PCデスク下のデッドスペースに置いている我が家の状況では、そちらのほうがありがたい。あと、100枚連続印刷を繰り返すとトナーを吹き出すという問題もあるらしいのだけれども、こちらも我が家の零細な利用状況では全く問題なし。コピー機としての操作性にも若干難があるようだが、コピー機としての使用はオマケ程度と考えていて、普段はレーザープリンタ+スキャナとして利用することになるだろうから、これも問題ない。

ためしに運転免許証のコピーを取ってみたが、写真部分で横縞(A4用紙を縦置きした場合の横方向)が入るという現象はあるものの、そもそもモノクロコピーでは写真品質をそれほど重要視しないので、これで十分だろう。文字印刷が高速かつ安定した品質なので安心できる。インクジェットでプリントミスをした時の心理ダメージに比べると、この(精神的な)安定感には救われる。

ただ、今になってある問題に気がついた。我が家に残されたインクジェット向け資産、つまりインクジェット用紙だとかプリンタブルDVD-Rだとか、それからまだ数回しか使っていないラベルマイティ9だとか、そういうものをどうするんだという話を忘れていた。まぁ、景気が回復して金回りが良くなってきたら、また新型のインクジェットプリンタでも買い足すことにしよう。何年先になるかはわからないけれども。

で、MF4010は結局最安値に近かったAmazon.co.jpで買ったのだけれども、せっかく¥1,500を超える買い物をしたのだからということで、文庫本を一冊同時発注してみた。

中島敦全集〈3〉 (ちくま文庫)

中島 敦 / 筑摩書房


さすがにレーザー複合機と文庫本一冊は同梱できなかったらしく、こちらは別便で明日到着予定。

さらに別件というか、かすかに関連した件なのだけれども、EPSONのプリンタ修理についていろいろと調べていたら、偶然VistaのMS-IME不具合に関する記事に行き当たった。

VistaのIMEで「多い」が変換できない、辞書登録も失敗する: point of view point
「辞書/学習」タブから辞書ツールの「修復」ボタン。で、OK。

こちらの記事通りに処理してやったら、我が家のVista機のIMEでは変換できなくなっていた「読む」と「呼ぶ」が変換できるようになった。これは助かった・・・と思ったら。

「Google日本語入力」64ビット版公開 - ITmedia News

問題の発生しているVista機はx64版なので話題のgoogle日本語入力が使えなかったのだが、話題沸騰、要望多発につき64bit版が計画前倒しで公開されたらしい。で、さっそくインストールしてみると、こちらのほうがMS-IMEより具合がいい。ATOKよりも断然具合がいい。なんだよ。人生における問題解決のタイミングというのは、しばしばこのようになる。まぁ悪い方向じゃないから別にいいけど。

もう個人情報も思想信条も趣味嗜好も何もかも米国企業であるgoogle様に筒抜けというかダダ漏れというかそういう状態なのだけれども、もう別にそういうことを気にする段階はずいぶんと昔に通り過ぎたと思うので、これからは積極的に依存してみることにした。眼前のFirefoxにもgoogle toolbarのグリーンランプが光っていて、「いつも見守っているよ」と教えてくれる。顕在的に知らせてくれるだけまだ良心的ってもんだろう。


今日はPC周辺以外にもいろいろと面倒が多い一日だったが、どちらかというと良い方向に進みそうな案件が多かったので、ひとまず今日のところは善しとしたい。
[PR]
by antonin | 2009-12-15 23:43 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://antonin.exblog.jp/tb/12505988
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Braven at 2009-12-19 14:13 x
お久しぶりです。Google日本語変換私も、最近見つけて、インストールしその変換効率の良さに驚いていました。Googleの戦略はもしかするとMicrosoftより怖いかもしれませんね。
Commented by antonin at 2009-12-24 21:41
どうもお久しぶりです。コメントありがとうございます。

google-IMEは"Made in Japan"で、Microsoft-IMEは"Made in China"と聞けば、なるほどという感じです。

「もし日米戦わば」というような話になったときに政府へ供出できるデータの質で言えば、Microsoftよりも圧倒的にgoogleからの情報の方が使いでがありそうです。そういう意味ではgoogle恐るべしですね。
<< ロロ・ジョングランの話 とある化学の超電磁法 >>


フォロー中のブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル