安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
最新の記事
婦人画報創刊号
at 2017-07-07 01:36
アキレスと亀
at 2017-05-02 15:44
受想行識亦復如是
at 2017-05-02 03:26
仲介したことはあまりないが
at 2017-04-29 03:36
サンセット・セレナード
at 2017-04-12 23:17
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
記事ランキング
タグ
(295)
(147)
(122)
(95)
(76)
(65)
(59)
(54)
(45)
(41)
(40)
(39)
(33)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

ロロ・ジョングランの話

古いスキャナーを廃棄する。必要があって、遠い昔にヨメが購入したものだが、それから何度も使っていない。古いのだが、まだまだ使える。性能も最新機種には劣るものの、それほど悪くはない。だったら引き取り手もありそうなものだが、必要なところにはすでにスキャナくらい行き渡っているだろうし、わざわざ古いものを使わなくても新しくて良いものがいくらでもある。というわけで、このスキャナは燃えないゴミ。まだ使えるのだが、買い手がない。なんだか他人事じゃごさんせんよ。

そういう話を書こうと思ったが、ヤメにした。ヤメにしたのだが、少しだけ書いてしまった。そういう感じの今日この頃。

少し気分が持ち直してきたので、プリンタとスキャナの廃棄のついでに、不良在庫となっていたディアゴスティーニの週刊なんたらを少しずつ整理していた。そこで、ボロブドゥールの仏教遺跡と並んで世界遺産となった、プラバナンのヒンドゥー遺跡の記事を目にした。この遺跡にはヒンドゥーらしい女神像があるのだけれども、その像に重ね合わされた伝説があるのだという。

私の好きなインドネシア」より「ロロ・ジョングランの伝説(プランバナン寺院遺跡):インドネシアの民話

ロロ・ジョングランというのは「細身の乙女」という意味だという記述もあるが、現代インドネシア語でそういう訳が出てこないので、古めかしい表現か、あるいはもっと固有名詞的なものと考えておいた方が良さそうだ。

ボロブドゥールもプランバナンも、インドネシアのジャワ島に位置する。今ではインドネシアというと世界最大のイスラム人口を有する国家で、ヒンドゥー教が残っているのはバリ島くらいしかない。周辺国にはタイなどの仏教国もあるが、インドネシアで仏教が残っている地域があるという話は聞かない。仏教王国とヒンドゥー王国が存在したのも、それぞれの遺跡が都だった時代の話らしい。

今は世界最多の信徒を擁するイスラム国家になったインドネシアだが、地下水脈のように多神教的な素地は残っているに違いない。キリスト教では守護聖人信仰が多神教的心理を吸収したのだと塩野姐さんは説くが、より若い宗教であるイスラム教にもそのような文脈は生まれているのだろうか。

ちなみに、ロロ・ジョングランに協力した乙女たちは一生結婚出来ない呪いをかけられてしまったという話も一部に残っている。恐ろしい話だなぁ。
[PR]
by antonin | 2009-12-17 17:42 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antonin.exblog.jp/tb/12514363
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< vital sign パソコン周辺危機数件 >>


フォロー中のブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル