安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
最新の記事
婦人画報創刊号
at 2017-07-07 01:36
アキレスと亀
at 2017-05-02 15:44
受想行識亦復如是
at 2017-05-02 03:26
仲介したことはあまりないが
at 2017-04-29 03:36
サンセット・セレナード
at 2017-04-12 23:17
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
記事ランキング
タグ
(296)
(147)
(122)
(95)
(76)
(65)
(59)
(54)
(45)
(41)
(40)
(39)
(33)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

愚痴

歳のせいか薬のせいか、最近、新しい知識が頭に入らない。Visual C++で簡単なプログラムを作ろうとしたのに、異常に遅いグラフィックになってしまって前に進めない。C, Win32API, GDI+で行くべきなのか、C++/CLI, .NET, Direct2Dで行くべきなのかという時点で、もう決められない。そもそもGUIアプリケーションに関してはExcel VBAのフォームエディタで簡単なデータ編集アプリケーションを作ったくらいの経験しかない。そこからスクラッチでWindowsアプリを書くためには多大な事柄を学習する必要があることがわかり、ぐったりしてしまう。これが学生時代なら2週間くらい寝る間を惜しんででも貫徹していたのだろうが、今はどうもそういう勢いがなくなっている。

Webアプリケーション・プラットフォームの勉強のために、ネット上にGPLで公開されているガイダンス本を翻訳してみたりしたが、イントロの第1章を訳すのに1ヶ月もかかってしまって絶望的になる。HTML5や本格的なJavaScriptも勉強したいが、XHTMLとCSSとDOMですでに手一杯になってしまう。学生時代の集中力というのはつくづく大したものだったと感心する。

言い訳したいことはいくらでもある。掃除洗濯育児などの家事が挟まるだとか、薬で頭の働きに強制ブレーキを掛けられているだとか、不安定な身分で神経が落ち着かないだとか、いろいろある。けれども冷静に考えて、神経を集中して問題を考えるという行為自体に、脳が二三時間程度しか耐えられなくなっているということもわかる。昔なら嫌な勉強なら30分で飽きても、好きなプログラミングや読書なら、インターバルは挟んでも12時間くらいは平気で乗り切れたはずだ。

技術書や学術書も、文庫や新書も、ときどきめくるだけで読みきれていない本が部屋にたくさん積まれている。手嶋龍一さんの「ウルトラダラー」だとか、平岩弓枝さんの「西遊記」に至っては、ハードカバーを購入しておきながら読み終わる前に文庫が発売されてしまって、悔しい思いもした。

とりあえず生きていくことには決めたのだけれども、何をして生きていったらいいんだろうという不安が消えない。あまり興味はなかったが身入りのいい仕事を当てがわれた経歴は11年で捨てた。身入りはいまいちだがとても面白い仕事は2年で捨てられた。家族も家も手に入れたが、社会的には何も残らなかった。プログラムが組みたい。ハードウェアを効率的に動かす美しいコードを書きたい。しかし、どうすればその機会が与えられるのかわからない。困ったことだ。

--

tumblrにTech-On!の古い記事が流れてきた。

ムダと一緒に捨てたもの - 産業動向 - Tech-On!

この内容なら自分も書いたな、と思い出して検索してみた。日付としては自分のほうが少し早いのを確認して、無意味な満足感を覚える。

安敦誌 : スリム幻想とか

こういう洞察力が生きていく上で役に立ったかというと、むしろ目先の仕事を邪魔する邪念となってしまって、今までは社会生活の足を引っ張る原因になっていた。そして最近ではこういう洞察力すらすり切れてきたような気がしてならない。それでいて集中力も落ちているのだから、どうにもならない。もはや妻子を捨てて林住するしかないのか。21世紀にもなってそんなことしてもなぁ。困ったものだ。実に困ったものだ。
[PR]
by antonin | 2010-03-27 00:47 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antonin.exblog.jp/tb/13054597
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 注意欠陥優位型ADHD 台風1号 >>


フォロー中のブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル