安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
最新の記事
婦人画報創刊号
at 2017-07-07 01:36
アキレスと亀
at 2017-05-02 15:44
受想行識亦復如是
at 2017-05-02 03:26
仲介したことはあまりないが
at 2017-04-29 03:36
サンセット・セレナード
at 2017-04-12 23:17
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
記事ランキング
タグ
(295)
(147)
(122)
(95)
(76)
(65)
(59)
(54)
(45)
(41)
(40)
(39)
(33)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

コワさとヤワさ

今年の桜はどうも寒気を呼ぶようで、今日も冷たい雨が降る。それでもこの週末は晴天に恵まれて、ヨメのおばあさんの90の誕生日を桜の木の下で祝うことができた。

北野武さんの本に「だから私は嫌われる」というのがあって、機会があったら読んでみたい。基本的に芸人の芸風なんだから、嫌われたって目立ってなんぼという面はあるのだろうけれども、それにしてもやはり人に嫌われると言うのは心が痛むものなんじゃないかと思う。そういうところが読み取れるのかどうか、そういう目でもって読んでみたい。

最近の堀江貴文さんのネットにおける活躍が目立っているけれども、この人も人に嫌われる性質を持っている。同じように人に好かれる性質も併せ持っていてカリスマ性があるのだけれど、それにしてもやはりどこか人間性に傷があって、ときどき鋭い指摘を受けて荒れている。ああいう上昇志向の人は、単純な嫉妬は簡単に受け流すことができるが、蔑みを含み持った同情のようなものを受けると変な反応を見せる。

基本的に人間は誰しも弱いものなのだけれども、それを押し隠している人間というのは、弱みを前面に出せる人間というものを嫌悪する。弱みを否定して生きていくことを教えられてきたので、弱さを平然と前面に出している人間を見ると、自分の内面に押しとどめていた弱みが相手への怒りや軽侮となって噴出する。

強い人間のほうが強いという、文字にしてしまうとあまりにもバカバカしいくらいの社会法則があるのだけれども、強い人間ばかりが求められた結果、内に押し留めた弱さを扱い切れなくなって怒り狂っている人間が増えているようにも見える。弱いよりは強い方がもちろんいいのだけれども、強さにも脆い強さとしなやかな強さというものがあって、その違いは弱さを否定するのか受け入れるのかというところにある。

ハガネというものがある。これは鉄に炭素が練りこまれた組成になっていて、非常に硬いのだけれども、一方で脆い。したがってハガネ100%の剣を作るとすぐに折れてしまう。そこで日本刀では背の部分に低炭素のしなやかな鉄を用い、刃の部分に高炭素の鍛鉄を用いる。その刀を研ぐと炭素濃度の境界部分に美しい模様が現れ、名刀ではそれが工芸美術の域に達するのだが、基本は多くの敵を斬る武具としての性能を得る技術に由来する。

人間の腕は強く鍛えられる必要があるのだが、その背中は柔らかく優しいものでなくてはならない。当たり前のことなのだろうが、どうにも難しい。
[PR]
by antonin | 2010-04-12 09:44 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://antonin.exblog.jp/tb/13138792
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fazero at 2010-04-15 16:19
よわさ も つよさ も どっち も あまし かっこええ もん でわ ない と おもう けれど、 りょーほー が うまいこと いっしょ に ないまぜ に なる と、 とき に うつくしく かんじる の あるね ^^
ひと わ ひと の そーいう のに ほれこむ の やと おもて まふ
Commented by antonin at 2010-04-17 14:38
人間も剛柔如意のコントラストが出せれば美しいんだろうねぇ。
<< おヒマなら来てよネ 気は心 >>


フォロー中のブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル