安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
最新の記事
サンセット・セレナード
at 2017-04-12 23:17
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
光は本当に量子なのか
at 2015-03-17 23:48
自分のアタマで考えざるを得な..
at 2015-03-06 03:57
折り合い
at 2015-03-01 00:19
C++とC#
at 2015-02-07 02:10
記事ランキング
タグ
(295)
(146)
(120)
(95)
(76)
(64)
(59)
(54)
(45)
(40)
(40)
(39)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

与太話

また古い記事をほじってみる。

安敦誌 : 無題

まだオバマさんが大統領になる前の記事で、トヨタの株に市場が低い値を付けてますけど、この先どうなるんでしょうね、というような話だった。で、案の定というかなんというか、アメリカで派手なトヨタ叩きがあったのだという報道があった。あれは本当にアメリカでそういう動きがあったのか、あるいは国内で広告宣伝費を絞ったことへの国内マスコミによる報復行動なのか、ちょっとそこまでは調べが及ばなかったのだけれども、とにかくそういう騒動があった。

しかし日本も過去に狂牛病騒ぎなんかをかなりしつこくやってしまった前科があるので、アメリカのああした報道があってもお互い様というようにしか見えない。日本人がクロイツフェルトヤコブ病に冒されて大問題になっているとかいう状況ならまだしも、果たして本当に牛肉に蓄積したプリオンが原因で発病するのかさえ未知の病気に、あれほどまで徹底的な恐怖反応を示してしまったんだから、実際に事故で人が死んでいる乗用車についてあの程度の応酬があるのは、日本人としては甘んじて耐えなくてはならないだろう。

それは別として、なぜ今この時期にトヨタ叩きが起こったのかということについて、野次馬的興味が湧く。もちろん日本の屋台骨である世界企業のトヨタ様があんまり大変な事になってしまうとマズいわけではあるが、それでも国益意識がひときわ薄い現政権下の日本に対してアメリカが放ってきたパンチの結末が、いったいどうなるのか興味がある。

上にリンクした過去記事のSF的予想シナリオでは、トヨタを含む日系企業に選択的な課税法案が通ってアメリカの国民医療保険制度の財源の一部とされ、最後はトヨタの米本土工場の一部がビッグスリーないしインド企業に買収されて、工場自体が持っている製造ノウハウが吸い取られ放題という結末だった。さて、小説よりも奇である現実世界はどのように推移していくのか。そういう目を持ちつつ、あまり力を入れずにフォローしてみたい。ダイムラー陣営にエース・デザイナーたちを奪われて衰弱しきったクライスラーあたりが、低燃費エンジンを武器に華麗なる復活を遂げたりしたら(野次馬的には)面白い。

まあ、結局のところはどうなるのかわかりませんけどね。
[PR]
by antonin | 2010-04-21 23:18 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antonin.exblog.jp/tb/13188161
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ふけいきのうた 儲かりたい >>


フォロー中のブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル