安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
最新の記事
アキレスと亀
at 2017-05-02 15:44
受想行識亦復如是
at 2017-05-02 03:26
仲介したことはあまりないが
at 2017-04-29 03:36
サンセット・セレナード
at 2017-04-12 23:17
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
光は本当に量子なのか
at 2015-03-17 23:48
記事ランキング
タグ
(295)
(146)
(122)
(95)
(76)
(65)
(59)
(54)
(45)
(40)
(40)
(39)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

ペテン師の午睡

なんだか3本くらいコラム的文章を書いては消してしまった。機械翻訳の技術が進んで、語学留学した人達が「機械翻訳では人の気持ちまで伝わらない」という文句を垂れる未来、とか、両極端の人がいるからこそ普通の人が普通であることがわかるのだから両極端の人を大事にしよう、とか、あんまり極刑極刑いう被害者遺族を映す報道を見るのは胸にモヤモヤが残る、とか、そんな話だったような気がする。

話はそれなりに筋が通るのだが、それを自分が書いて何か意味があるんだろうか、というような慢性的な空虚感があって、8割がた書いたところで馬鹿らしくなって消してしまう。私の知らないスゴ本は、きっと松岡正剛が読んでいる、みたいな。

もちろん、峰の高さというのは裾野の広さに担保されるので、裾野には裾野の意義があるのだけれども、山頂部からの流出物によって不毛の原野になってしまう裾野というものもあって、まぁなんというか、草が生えるまでもう少し待つ必要があるのかもしれない。

--

今日の異口同音:「楽園ギャラクシー」(72件)
「類似のページ」を除くと12件しか見つかりませんが。ようこそここへ、遊ぼうよ楽園。古いなぁ。
[PR]
by antonin | 2010-08-02 13:01 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antonin.exblog.jp/tb/13693956
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 氾濫原に反乱軍 道すがら >>


フォロー中のブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル