安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
最新の記事
婦人画報創刊号
at 2017-07-07 01:36
アキレスと亀
at 2017-05-02 15:44
受想行識亦復如是
at 2017-05-02 03:26
仲介したことはあまりないが
at 2017-04-29 03:36
サンセット・セレナード
at 2017-04-12 23:17
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
記事ランキング
タグ
(296)
(147)
(122)
(95)
(76)
(65)
(59)
(54)
(45)
(41)
(40)
(39)
(33)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

懐かしのダンス・ミュージック

リア厨、つまり本当の中二の頃に聞いていた音楽がYouTubeで拾えたので、リンクだけここに残しておくことに。ジョージ・セル指揮、クリーブランド管弦楽団の演奏とあるので、おそらくは1970年前後のCBSの録音だろうし、今ならSonyあたりが版権を持っているんだろう。オブジェクト埋め込みとかしてしまうと削除されてしまう可能性も高まるので、ひっそりと。

YouTube - スラヴ舞曲 第10番 ホ短調 ドヴォルザーク.wmv

こういう艶っぽい弦楽合奏の音色は最近ではめっきり聞かなくなりましたね。おそらくこれと同じ音源によるカセットテープを、父親がカーステレオ用にマイケル・ジャクソンのスリラーのテープと一緒に買ってきて、それをダビングさせてもらってヘッドフォンステレオで繰り返し聴いていた記憶が。

この管弦楽版もドヴォルザーク本人による編曲だけれど、元はピアノ連弾用の編曲で、こちらは今ではあまり演奏機会も多くないものの、作品が書かれた当時は多くの楽譜が売れるピアノ版のほうが出版社の収益源になっていたという話もあるらしい。これも良いものがYouTubeで拾えたので、リンクだけ。

YouTube - Duo Lechner Tiempo : "Slavonic Dance, Op. 72, No. 2 in E minor" by Antonin Dvořák

しかしまぁなんですね、他の人のblogとかを読ませてもらっても時々音楽ネタが出てくるんですが、音楽だけは趣味が合わないとどうしようもないですね。コドモたちの中でも私に似て寝付きの悪いムスコ1号だけが、ヘッドフォンで音楽を聞いていたりすると興味を示して時々聴かせるよう言ったりしますが、1分以内に眠れるムスメなんかは全く興味がないようです。
[PR]
by antonin | 2010-08-21 01:00 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antonin.exblog.jp/tb/13810918
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< プログラムの話、その後 我が祖国 >>


フォロー中のブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル