安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
最新の記事
酔論
at 2017-08-22 01:23
婦人画報創刊号
at 2017-07-07 01:36
アキレスと亀
at 2017-05-02 15:44
受想行識亦復如是
at 2017-05-02 03:26
仲介したことはあまりないが
at 2017-04-29 03:36
サンセット・セレナード
at 2017-04-12 23:17
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
記事ランキング
タグ
(296)
(148)
(122)
(95)
(76)
(65)
(59)
(54)
(45)
(41)
(40)
(39)
(33)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

樫と狢

寝ようと思ったが、寝る前に少し。

--

小さな電子辞書の中に、膨大な情報が詰まっている。そしてその大きさの大部分は電源や入出力のための装置であって、本当に情報を記憶しているのは小さなシリコンチップでしかない。そういう独立した機器にもたくさんの情報が蓄えられているし、ネット上にはより多くの情報が公開されている。記憶容量としてはネット上の記憶のほうが段違いに大きいが、著作権という金銭面の制約もあって、その情報が電子辞書のものよりも上質であるとは言えない。

とはいえ、明確な事実についてはかなり簡単に手に入るようになった。むしろ、人間が処理しきれないほどの事実が次々に提示され、最近では事実の羅列に辟易するようにさえなった。よく調べられ確かめられた事実には高い価値があるはずなのだが、そういう確固とした事実には目を向けず、溢れ出てくる情報の受け止め方を変えてしまうような、変わった物の見方というもののほうをありがたがるようになってくる。

物の見方が変わったところで、検出する情報の種類が変わるだけで事実が変わるわけではないのだが、それまで見えていなかった情報が検出されるというのは愉快な体験なので、ついついそういう変わった物の見方ばかり追い求めるようになる。多角的視点といえば聞こえはいいが、3D映画を見て飛び出す映像に喜んでいるような感覚にも似ている。

変わり映えせず単調な見方で淡々と事実の羅列を提示されるのは退屈ではあるのだが、後世に評価されるのはそういう淡々とした事実の羅列の方であったりする。一定の視点から多くを眺めた成果であったりする。

退屈に耐える力というものがあるとするならば、それはある程度天賦の才と言えるのではないかという気がする。高いところから飛び降りて喜ぶ大人がいるが、その要因のある程度までは、子供時代に高い高いと持ち上げられては下ろされた楽しい経験が影響しているのだろう。それでもある種の研究によると遺伝子の繰り返し部分の長さが危険を楽しむ性格的傾向と相関があるという話もあるから、遺伝的な要因もあるのだろう。

退屈な作業を好む人間と、めまぐるしく新しいものを求めることを好む人間があって、それぞれに「継続は力なり」とか「変化する者が勝つ」とか勝手なことを言うわけだが、あえて不得意なことをさせようと強いるよりは、それぞれに得意なことをやって分担協力したほうがいいのではないかという気がする。

そういう気はするのだが、単極的な理想を描きたがるのも人の恒なので、まぁ、あまり期待しないでおくほうがいいのだろう。
[PR]
by antonin | 2010-10-17 05:09 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antonin.exblog.jp/tb/14226933
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 夜想 散財ほか >>


フォロー中のブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル