安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
最新の記事
アキレスと亀
at 2017-05-02 15:44
受想行識亦復如是
at 2017-05-02 03:26
仲介したことはあまりないが
at 2017-04-29 03:36
サンセット・セレナード
at 2017-04-12 23:17
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
光は本当に量子なのか
at 2015-03-17 23:48
記事ランキング
タグ
(295)
(146)
(122)
(95)
(76)
(65)
(59)
(54)
(45)
(40)
(40)
(39)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

遠くへ行きたい

久しぶりにネットに繋がって、いろいろやっている。CygwinとかOpenGLとかOpenCLとか、そういうのも楽しそうなんだけど、ネットに繋がるとやっぱり漠然と日替わりランチのような文章を読んで時間を潰してしまう。そんな中、こういうのを見つけた。

書評ブログ コンテスト結果発表! - Chikirinの日記

へぇ、消費者参加型マーケティングなんかやってたんだ。本を売っていたのは知っていたけど、こういうのを自分の商材でやってみるのは面白いだろうな。「カノッサの屈辱」とか「マーケティング天国」とか好きだったし。

で、「課題図書」は買っていないし読んでいないのだが、そろそろコドモを連れて海外旅行なども行ってみたい。若い頃、たしか高校生ぐらいだったと思うが、一生のうちに一度でいいから行ってみたい場所というのを3か所挙げていた。ひとつは、ボヘミア。プラハと、その周辺。カレル橋やヴィシェフラド見物も楽しそうだし、できればヴィソカーあたりでのんびり過ごしてみたいとも思った。プラハで飲むピルスナーはたまらなく美味そうだ。もうひとつは、ザンクト・ペテルブルク。というか、レニングラード。ひたすら音楽に耽溺して、ときどき美術館なんかも巡って、ピョートル大帝の開いた港湾も少し眺めたりして、それで満足できると思う。最後は、火星。オリュンポス山の麓でキャンプしたい。

だが残念なことに、半生を終えた現在、この3か所のうち、ひとつも自分の足で訪れていない。海外旅行自体は(結婚前に)何度か行ったが、ヨメ、というか彼女(当時)のご希望で大半が決まってしまったので、プラハにもペテルブルクにも火星にも、どこにも行けていない。ローマとティヴォリは楽しかったけれども。ヴィラ・アドリアーナとか。

ペテルブルクと火星はもはやどうでも良くなりつつあるが、せめてプラハだけは見てから死にたい。市街区の外れにある安宿を確保して、バスかトラムで市内に通うのがいいだろう。ああ、憧れの百塔の都よ。

なんだかウルケル飲みたくなってきた。寝よう。
[PR]
by antonin | 2012-07-11 00:45 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antonin.exblog.jp/tb/18581707
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 老害前夜 「ジル」という短編小説を書こう... >>


フォロー中のブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル