安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
最新の記事
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
光は本当に量子なのか
at 2015-03-17 23:48
自分のアタマで考えざるを得な..
at 2015-03-06 03:57
折り合い
at 2015-03-01 00:19
C++とC#
at 2015-02-07 02:10
浮世離れ補正
at 2015-01-25 01:21
記事ランキング
タグ
(294)
(146)
(120)
(94)
(76)
(64)
(59)
(54)
(45)
(40)
(40)
(39)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

雑記

エーテルについて、好奇心について、命題論理とか述語論理とか様相論理とか集合論とかについて、ぼちぼち考えていた。ヒッグズ粒子も観測されたことだし、そろそろ超多時間論より下位に来るエーテルレベルの話が活発になってもいい時代なんじゃないかと思う。M理論なんかはまったく意味がわからないけれども、いい本があったら読んでみたい。

森田さんが新書で出した本を見つけたので、読んでいる。まだ途中までしか読んでいないが、ベルの定理とその周辺がわかりやすく説明されていたりして、読んでいて楽しい。良識的な物理学者が無批判に信じているような定説を、科学哲学の人らしく正確な位置づけで書いてくれるので、読んでいてストレスを感じなくていい。ネット接続が回復してからネットに入り浸って紙の本から離れてしまっているが、少しずつまとまった読書ができる習慣を取り戻して続きを読んでいきたい。

量子力学の哲学――非実在性・非局所性・粒子と波の二重性 (講談社現代新書)

森田 邦久 / 講談社



Brainfuck用ライブラリの構築も、目立った進捗はないけど、ぼちぼち考えている。入出力命令の接続先を、ライブラリ用スタックへの push / pop と標準入出力で切り替える方式にしてみたら、少しだけBFプログラムが書きやすくなった。世の中には素のBFでマンデルブロ集合の計算とかやっているすごい人がいて、驚きつつ感心した。その人はCプリプロセッサでメタプログラミングして、すべてマクロによる記述でBFのソースを生成していた。私もまずはマクロというかメタ言語というか、そういうものを書くところから始めてみた。あんまりマクロ機能を強力化しすぎるのは言語間コンパイラを作ることにしかならないので程々にしないといけないのだけれど、同時に楽しい作業でもある。

Index of /brainfuck/utils/mandelbrot

インタプリタ設計もいろいろ考えている。マクロを使ったBFのソースというのは、うっかりするとすぐメガバイト単位に膨張してしまうのだが、結局繰り返しが多いので圧縮をかけると数百分の1くらいにまで小さくなる。ソースが巨大でも、文法解釈して冗長度を取り除いたあとの中間言語は非常に小さくなるだろう。ゼロクリアは普通 "[-]" と書くが、このあたりも繰り返しをゼロ代入へ最適化できるだろう。どれくらい巨大なソースを実時間で動かせるか、なんてのも楽しそうだ。

BFに公開するメモリは 32bit int の配列で行こうと思っているけれど、メモリ空間は広く使いたいので、インタプリタは 64bit アプリを前提としてみたい気もしてきた。BFのアドレス空間を 32bit 値でポイント可能な4ギガワードとすると、そこに 32bit int を割り当てると全部で16GBになる。幸い今度のノートPCの主記憶は16GBあるので、いい実験になりそうだ。実際には通常のリニアメモリが1GW、ライブラリ用スタックが1GW、32bit int 以外のオブジェクトを確保できるヒープメモリ用アドレスを1GW取り、どの記憶領域も動的に確保しようと思っているので、単純計算はできないが、2GBで終わりというのはつまらない。また近いうちに続編を書けるといいけど、場合によっては数年かかるかもしれない。

今度の火星表面探査機の名前は "Curiosity" というらしい。好奇心が持てるというのは幸せなことです。
[PR]
by antonin | 2012-08-28 23:38 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antonin.exblog.jp/tb/18898763
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< おんまはみんな 美しすぎる国、日本 >>


お気に入りブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル