安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
最新の記事
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
光は本当に量子なのか
at 2015-03-17 23:48
自分のアタマで考えざるを得な..
at 2015-03-06 03:57
折り合い
at 2015-03-01 00:19
C++とC#
at 2015-02-07 02:10
浮世離れ補正
at 2015-01-25 01:21
記事ランキング
タグ
(294)
(146)
(120)
(94)
(76)
(64)
(59)
(54)
(45)
(40)
(40)
(39)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

賀正

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

でも、なんで年が明けただけでめでたいんだろう。「新春」というだけあって、旧暦の正月は関東で梅が見頃になるような季節だったらしい。食料が手に入りにくく、寒くて病気も起こりやすい冬をやり過ごして、無事に春の入り口に立った感慨が、当時の人達にはさぞかしおめでとうござったのだろう。まだ冬至から日が浅い新暦の正月は、いよいよこれから寒さのピークを迎えるという時期で、ちょっと感覚が違う。一陽来復、という程度のめでたさはあるかもしれない。

穴八幡 一陽来復

幼い頃は穴八幡宮からさほど遠くないところに住んでいたので、初詣はいつも穴八幡宮だった。穴八幡宮と放生寺が分離したのは明治の神仏分離令によるものらしい。八幡神は早い時期から神仏習合を認めてきた宗派なので、よくお寺の一角に社を構えていたりした。穴八幡も、神であると同時に菩薩であって、江戸時代までは別に不思議なことではなかった。私も仏教を受け入れるようになってから放生寺を訪れたことがあって、縁起由来を読むと、徳川家光以来将軍家に厚遇された歴史があったらしい。

と、まあ、今年もしょっぱなからこういう面白くもないことばかり書いてしまうのだけれど、ちきりんが面白い記事(エントリー?)を書いていたので引用してみる。

来年の抱負) やらないことを3つ決めよう! - Chikirinの日記
いよいよ年末ですねー。お正月休みの間に来年の目標を考えよう!という方も多いでしょう。そういう方に、ちきりんからの提案です。

来年の目標は、「今年は○○をやる!」ではなく、「今年は○○をやらない!」という形で決めてみてはいかがでしょう?

ビジネスの戦略本には「戦略とは、やらないことを決めること」という趣旨の記述がよくあります。

やらないことを明確にしておかないと、結局は「アレも大事、これも大事、おっと、こっちも忘れちゃならない」みたいになり、結局すべてやることになります。その結果、何もかも中途半端になってしまうのです。

やらないことを決めるのは、ビジネスだけでなく、ほぼすべての組織、そして個人にとって有用な目標の立て方です。


「3つのNO」というと、戒律的には「不慳貪、不瞋恚、不邪見」なんだけど、今年一年に限定した具体的なところに絞ると、だいたいこんな感じになるだろうか。

・日の出ているうちは「自分のアタマで考えない」

・階段が使える場合はエスカレーターに乗らない

・人に期待しない

最初の以外はすでに心がけているところではあるので、あまり変化はない。で、最初のやつは、最近特に思うようになった。要するに「積極的に思考停止しよう」という自戒になる。思考停止というと、日本語の文脈ではもっぱら悪い意味に使われているけれど、本来の「思考停止」というのは決して悪い意味じゃない。ルート2はいくつか。方程式を級数展開して無限多項式を求め、その多項式に2を代入して計算するというやり方が、「自分のアタマで考える」方式。それに対して、「ルート2 = 1.41421356」と丸暗記してしまう方式が、思考停止。

必要に応じて任意精度の解が得られ、応用も利くのはやっぱり計算方式なのだけれど、それだと時間も手間も余計にかかる。プロセッサなら処理時間も消費電力も余計にかかる。ところが、丸暗記方式で思考停止すると、時間も手間も、消費エネルギーも最小限に抑えることができる。そして、暗記した内容に相当程度の精度があれば、多くの場面では用が足りる。訓練によって適切な思考停止ができる人間をプロと呼ぶ、と言うこともできるかもしれない。

学生時代に何か哲学系の本を読んでいて、古代ギリシャの哲学者に全てを疑い全てを自分の考えで答えを求めようとした人物があって、その人は道を歩いているときに考え事をしていたために荷馬車に激突して大怪我をしたという、嘘か本当かわからない逸話を目にしたことがあった。思考停止に対する上の意見はほぼその本の受け売りなのだけれど、学ばざれば即ち罔しなんであって、予備知識がないうちに下手の考えをこねても休むに似たりなので、少なくとも陽の高いうちは自分のアタマでいろいろと考えて無駄な時間を潰すよりも、持っている知識を無批判に適用してみたり、知識を学んで受け売りしてみたり、そういう時間の使い方をしたほうが効率がいいし、世間の受けもいいのだろうと思う。

そうは言っても、完璧を求めるのは人物を壊すので、程々にしておくのがいいんだろうとも思う。

さて、最後に私信。

年明けて、今月から1年半ぶりに単身赴任が解除になりました。で、平日から東京近辺をうろうろしていますので、ご興味のある方はお声掛けください。高い確率でホイホイと着いて行くのではないかと思われます。

そんな感じで。
[PR]
by antonin | 2013-01-03 06:13 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://antonin.exblog.jp/tb/19774498
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by NAF at 2013-01-03 18:07 x
あけましておめでとうございます。
今年の意図することの一つが思考停止というのはなかなか興味深い視点です。

あんと様も、思考を無駄なくシンプルになさりたいご様子。
ここはあえて勇気をだして、fazeroを手本にすると
わかりやすいかもしれません。(オススメかどうかは別として)


私自身は、「下手の考え休むに似たり」といったところ。
困ったもんです。
Commented by アッサ at 2013-01-03 23:32 x
明けましてご無沙汰しております。
例によって下北沢界隈に出没している可能性が平日・休日問わず高いので、気が向いた時には声かけてください。
Commented by antonin at 2013-01-05 15:39
コメントありがとうございます。
本年もよろしくお願いします。

>なふん

fazeroの真似ってのは難しいですなぁ。
ペンギンがツバメの真似をしようとするくらいの距離感というか。鳥類って程度には似てると思うんですが。


>アッサ

どもです。
私はtwitterってニュースフィードとしてしか利用していないんですが、今年はソーシャルアクティビティにも少しは利用してみようかと思います。

正月明けて金欠状態なので、給料入ったらまた連絡します。
<< 安敦氏の消息 円高の正体 >>


フォロー中のブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル