安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
最新の記事
婦人画報創刊号
at 2017-07-07 01:36
アキレスと亀
at 2017-05-02 15:44
受想行識亦復如是
at 2017-05-02 03:26
仲介したことはあまりないが
at 2017-04-29 03:36
サンセット・セレナード
at 2017-04-12 23:17
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
記事ランキング
タグ
(295)
(147)
(122)
(95)
(76)
(65)
(59)
(54)
(45)
(41)
(40)
(39)
(33)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

お客様は神様です。Godじゃない。

「お客様は神様です」

と言う時に、どうも、キリスト教やイスラム教のような、全知全能の絶対神を思い浮かべる人がいるように見える。けれどもこれ、地の神様ですよね。神道の、それも国家神道ではなくて、山海を司るような、日々の恵みを与えてくれるのだけれど、ときどき理不尽に怒り、人々に人間業の及びもつかない様な災いももたらす、そういう神様なんですよね。

東北の太平洋沿岸の町というのは、普段は海の恵みで生活が潤っていた。まあ、稲作とか工業とかもあったとは思うけれども、それにしても海運やら何やらで、海と密接な関係を結んで、そこから無償の利益を得ていた。が、長い目で見ると無償でもなくて、代償として、ときどき海は人間の命を攫っていく。普段は嵐が漁船を飲み込むわけだけれども、百年に一度くらいは、人の住む里にまで海が押し寄せてきて、人の家と命を一気に攫っていく。

そういう、良きにつけ悪しきにつけ強大な力を持ち畏怖を集めるもの、それが多神教の神というものなんだろう。三波春夫さんが「お客様は神様です」と言っていたのも、そういう気持ちが含まれていたんじゃないかと思う。上等な客相手に上等な芸を披露しているうちは、芸には厳しくても人付き合いは比較的楽だったろうに、それが有名になり一般客に芸を披露するようになると、有象無象の衆がワラワラと叢がり集まってくる。いろいろと、理屈も人情も通じない大変な目に遭う。

けれどもその一方で、トータルとしてはお客様は芸人を支え、大変な恵みをもたらしてくれる。ときどき理不尽に荒れ狂うけれども、そんなお客さんがいなければ芸人は生きていけない。ああ、これは神様だな、と、三波さんはそう感じたんじゃなかろうか。で、神様扱いされたお客は舞い上がるわけだけれども、芸人が客の理不尽を堪え忍ぶために客を神に奉り上げたのだとすると、なかなか毒があるなぁ、という気もしてくる。

理不尽な人を見て、この人の前世はミミズかオケラか何かで、初めて人間界に入ってきたから、まだ人間としての振る舞いに慣れていないんだな。そう思うことで怒りを紛らわしている人がいるという話を聞いたことがある。理不尽な客を神様扱いしておだてつつ、おだてても利かない相手は仕方がないと諦めるというのも、下げるか上げるかの別はあるけれども、似たような気の紛らわし方なんだと思える。

商売の神様というのは、遠い昔からだいたいこういうものだったのかもしれない。知恵がありずる賢いが、所詮は獣、というところで、お稲荷さんは狐の姿をしている。狐程度に賢い相手を手懐けることができれば、商売の方も大体うまくいくと、昔の人も知っていたんだろう。かつては油揚げを無料で配るところから商売を始めたりしたらしいけれども、スマホのアプリが謳う「無料」もそういう狐狩りの風景だったりして、人間ってやっぱりあんまり変わらないものなんだよなぁ、なんてことを思う。
[PR]
by antonin | 2013-05-30 23:56 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antonin.exblog.jp/tb/20523582
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 憲法改正に賛成する理由 罠 >>


フォロー中のブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル