安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
最新の記事
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
光は本当に量子なのか
at 2015-03-17 23:48
自分のアタマで考えざるを得な..
at 2015-03-06 03:57
折り合い
at 2015-03-01 00:19
C++とC#
at 2015-02-07 02:10
浮世離れ補正
at 2015-01-25 01:21
記事ランキング
タグ
(294)
(146)
(120)
(94)
(76)
(64)
(59)
(54)
(45)
(40)
(40)
(39)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

景気の話

ん、入力中の文章が消えた。直線の実在性と脳の器質の関係、という感じの文章をかなりユルく書いていたのだけれど、ちょっとした拍子で消えてしまった。まあいい。

私たちの意識は脳の中にいるので、脳の中にある信号は私達の意識にとって、実在と同じか、あるいはそれ以上の実在性があるんだよ、というような結論に持っていきたかった。まあ、般若心経が言っていることの言い換えでしかないので、あまり新しい価値はないのだけれど。

景気というのは所詮「氣」なので、みんなが信じればそこに経済成長は現実化する。特に、金との兌換を捨てた現代的な通貨体制では、よりその傾向が強い。日本の将来に警鐘を鳴らすのが新聞屋の商売なのだけれど、経済成長に一番必要なのは、国民みんなの楽観と寛容だったりして、国際競争力強化なんかよりも、サルと一緒に温泉にでも浸かったらいいんじゃないかと思い始めている。でないと、フランスのGDPというのは説明がつかない。

生産性とか、そういうのも考えているけれども、まあ、これも人の欲の持っていき方の問題なんでありまして、ときどき東京が火の海になって、結果として住民が宵越しの金を持たないような社会も気楽でいいんじゃないかという気もしている。

知恵のある人が、マネタリーベースの増強で桶屋が儲かるというのを心から信じている様子がヒシヒシと伝わってきて心強い。まだ馬鹿な庶民は「王様は裸だ!」とか言っているので、マネタリーベースの増強にマネーサプライの増加が追いついてこないが、みんなで「なんと立派な姿の王様だ!」と熱狂すれば、桶屋は儲かり、日本の景気は本当に良くなる。

嘘みたいだけれど、空即是色、なんだよな。人類は月にも行けた。そのくらいは簡単なんじゃないか。知恵のある人も、信じない人は馬鹿だ馬鹿だアンポンタンだと悪態ついてないで、日銀から2兆億円くらいババンと借金して、それで10万人くらい雇用して、会社でも興したらいいんじゃなかろうか。そしたら景気良くなるぜよ。それだけ借金があれば、クラッススに気の遠くなるような借金こさえたカエサルみたいに「大きすぎて潰せない」になるから、損失出ても問題ないよ。

10万人で何やるか。自動翻訳機作ろうぜ。「全社員TOEIC800点以上」とかの話を「そんな時代もあったんだねぇ」にしてやろうぜ。スマートターミナル使ってシリア人と日本語でトークしようぜ。命がけで英語を勉強したバイリンガルたちが、自動翻訳じゃ気持ちが伝わらないってダダこねて抵抗する世の中を見てみたい。

そんじゃーね。
[PR]
by antonin | 2013-07-19 01:54 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antonin.exblog.jp/tb/20745863
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< いろいろ混ぜすぎ 統計学は最恐の学問である >>


お気に入りブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル