安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
最新の記事
婦人画報創刊号
at 2017-07-07 01:36
アキレスと亀
at 2017-05-02 15:44
受想行識亦復如是
at 2017-05-02 03:26
仲介したことはあまりないが
at 2017-04-29 03:36
サンセット・セレナード
at 2017-04-12 23:17
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
記事ランキング
タグ
(295)
(147)
(122)
(95)
(76)
(65)
(59)
(54)
(45)
(41)
(40)
(39)
(33)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

UIが規定しているのはファンクションではなくプロトコルである

私ははてなのツール類はあんまり使わないので対岸の火事なんだけど、こういう議論があったらしい。

はてなブックマークのリニューアルデザインにはみんな慣れただろ

はてなだと対岸の火事なんだけど、Microsoft OfficeのリボンUIはそろそろ此岸に延焼しそうなので、そういう面からちょっとした話を。

UIってのは、他のテクノロジーとはちょっと役割が違う。UIってのは、人間の理知的な部分だけが対応しているんじゃなくて、人間の動物的な部分も重要な役割を演じている。大脳だけでなく、小脳が学習する運動制御や、ある種の高等な反射が重要な機能を果たしている。UIというのはアプリケーションからユーザーである人間に対するプロトコルを提供している。そのプロトコルの基本的な部分は、小脳そのものや、大脳の中でも小脳と直結している辺りが運動記憶として受容していく。そうすると、キータイプをミスった瞬間に指がCtrl-Zを打ってくれるというように、大脳にほとんど負担を掛けずに、効率のよいマンマシン間の情報伝達が生じてくるようになる。

このUIというプロトコルが普及していないうちは、互いに互換性のないプロトコルが利便性を競う状況というのは悪くない。しかし、特定のプロトコルが十分に普及し、ユーザーの脳にプロトコルに対応した運動学習が組み込まれ、何かのアクションを起こそうとしたユーザーが無意識のうちにUIにアクセスできるような段階になると、話は違ってくる。ちょっとしたUIの改変がユーザーの意図しないプロトコルエラーの乱発につながり、高いストレスと高い労働コストの浪費という結果に至る。

それが少数の「人柱」に対するロスであればまだいいのだけれど、MS Officeなどのように億単位のユーザーに普及してしまったツールのUIプロトコル変更ともなると、その変更にオタオタするユーザー(ソフトウェア以外の分野で何かしらのプロフェッショナルである人々)のタイムロスの累積が引き起こす経済損失は、場合によっては数千億ドルという単位にのぼる可能性もある。

ユーザーインターフェイスがより良い方向を目指すのはもちろん良いことなんだけれど、その移行というのはとてもデリケートな作業だということを、市場のデカいソフトを扱っている人たちはぜひ覚えておいてほしい。新しい機能は提供しつつも、しばらくは従来のインターフェイスは使えるようにしておくのが基本だろう。初期のExcelは設定画面にLotus 1-2-3互換機能の設定項目を持っていたし、それは結構最近のバージョンまで残っていたように思う。Obsoleteと言いながらも、それでもしばらくは古いプロトコルもサポートしていく義務というのは、これほど普及したソフトならば、やっぱりあるんじゃないだろうか。

Python 3が出たからPython 2は使用禁止、とはならなかった。Pythonも3.3ぐらいからすっかり実用的になってきたけれども、それまでは2.xのシェアが圧倒的だったし、2.7では3.xへのマイグレーションを促すための工夫が数多く施されている。マイクロソフトの若い(に違いない)インターフェイスデザイナは、そういう作業の価値を理解できなかったのだろう。

OfficeのリボンUIは使いやすくて優れているとは思うのだが、まだこれをインストールしたマシンというのは少なくて、個人的に普段は古いインターフェイスを使っている。ところが稀に、借り物のマシンでいきなりリボンUIに出会うことがある。こういう場合、本当に何をどうしたらいいのかわからなくて、旧UIだったら0.5秒で済むような操作に30秒くらい要したりする。これは本当に馬鹿らしい時間だ。もちろん、新Officeにも新UIをナビゲートするような機能も付いてはいるのだけれど、そこで学習している余裕がある時と、1秒とは言わないけれども本当に比喩でなく1分を争う時があって、そういう時にリボンUIに出くわすと本当に参る。

戦闘機の操縦桿が、センターハンドルからサイドスティックに変更されたのはF16 ファイティング・ファルコンあたりからだったと思うが、おそらく運用として、F15までの機種で実績を積んできたパイロットに対して「今日からスティックで操縦してもらうから」とか、そういうことは言わなかったはずだ。中堅以上のパイロットは退役までF15のように従来型の操縦桿を持つ機種に乗り、経験の浅いパイロットと、彼らを指導する教官くらいがF16の新しいスティック操縦を覚えたんじゃないだろうか。

マイクロソフトは歴戦の勇士に対してもF16を薦めているように見えて、それはやっぱり馬鹿なんじゃないかと思う。体が覚えた操作感覚というのは、ユーザーにとって大切な資産であり、商売道具なんだ。そのあたり、わかっているんだろうか。Officeツールとは、個人的な遊びで使っているスマホのアプリとは違って、経済戦争用の武装なんだ。新しく改善されたツールを導入するのは歓迎だが、それはUIに干渉しない範囲で行われるか、あるいはどうしてもUIに干渉してしまうなら、それは新しく訓練された兵士とセットで導入されるべきだ。

遊びで使うなら、まあ新しいほうが何かと楽しくていいとは思うけれども。電子ピアノが、なぜ今もわざわざアコースティックピアノ互換の大きな鍵盤を並べているのか、よく考えてみるといいだろう。
[PR]
by antonin | 2013-09-29 01:19 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antonin.exblog.jp/tb/20937259
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 鶏頭となるも牛糞となる事勿れ 月と塔と箱 >>


フォロー中のブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル