安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
最新の記事
婦人画報創刊号
at 2017-07-07 01:36
アキレスと亀
at 2017-05-02 15:44
受想行識亦復如是
at 2017-05-02 03:26
仲介したことはあまりないが
at 2017-04-29 03:36
サンセット・セレナード
at 2017-04-12 23:17
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
記事ランキング
タグ
(296)
(147)
(122)
(95)
(76)
(65)
(59)
(54)
(45)
(41)
(40)
(39)
(33)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

気の遠くなる話

大きな数字の表現として「天文学的な数字」というのがあるけれども、指数表現を使ってしまうと、10の64乗とか、2の200乗とか、だいたいその程度に収まる。それはとてつもなく巨大な数字ではあるのだけれども、グラハム数なんかの巨大数を本気で想像してみると、天文学的な数字というのもごく小さい領域の数字だと感じるようになってしまう。対数スケールというのは便利なもので、国立天文台のmitaka.exeなんかをノートPCで走らせると、太陽系を脱出し、銀河系を脱出し、銀河団を脱出し、光学的に観測可能な宇宙の果てが見渡せるまで、ものの数十秒で簡単に到達できてしまう。

Mitaka

宇宙というのは光の速さに人間の寿命を掛けた数字よりはずっと大きいのだけれど、宇宙の寿命そのものが150億年内外の計算値だというのを聞くと、そんな程度か、とも思う。1億年というのはとてもじゃないが個人が経験しうる年月ではないけれども、そこらの石ころでも数万年前から数億年前にできたものがザラにあるのだと聞くと、150億年といっても別に気が遠くなるというほどではないな、という気がしてくる。

子供の頃と違って、自分が生まれる前の時代の話でも、明治時代と平安時代と旧石器時代のそれぞれの距離感というのは想像がつく。子供の頃はギャートルズのような原始時代と水戸黄門のような江戸時代の区別があまり付いていなかった。生まれたときから家の外に出れば全ての地面はビルが立っているかアスファルトで舗装されているかのどちらかだったから、その下には土があるとか、むしろ土の露出した地面が当たり前の時代が最近まで続いていたとか、そういう事を初めて知ったときにはとても驚き、歴史ドラマに登場する時代のことを想像して気が遠くなるような思いをしたのを覚えている。

遠い宇宙や遠い昔に思いを馳せて、その距離感に気が遠くなるような思いをするということは、このところめっきりなくなった。一方で、東京から京都まで徒歩で旅するだとか、3億円稼ぐだとか、そういうやってできないこともないようなことを想像すると、気が遠くなるような、足のすくむような、血の気が引くような、そういう感覚を覚えるようになった。

宇宙の大きさに比べると自分の悩みはなんてちっぽけなんだろう、とは思わないが、命を預かる医者だとか、育児と仕事を両立する女性だとか、そういう人の悩みと比べると、自分の悩みはなんてちっぽけなんだろう、とか、そういうことを思うようになった。スケールの大きいことを考えるより、等身大のことを考えるほうが気が遠くなる。なんなんだろう、これは。首相の悪口は言えても上司の悪口は言えない、みたいなものか。

若いころに見たオッサンたちの奇妙な鈍感さというのは、こういう感覚的な変化が原因だったのだろうか。スケールの大きいものを想像して単純に驚かなくなるということは、果たして円熟なのか鈍麻なのか。スケールのあまり大きくないものを見聞きして単純に驚くようになるということは、果たして成長なのか萎縮なのか。うーん。
[PR]
by antonin | 2013-11-20 00:39 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antonin.exblog.jp/tb/21494572
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< つまらない話など 断言 >>


フォロー中のブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル