安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
最新の記事
アキレスと亀
at 2017-05-02 15:44
受想行識亦復如是
at 2017-05-02 03:26
仲介したことはあまりないが
at 2017-04-29 03:36
サンセット・セレナード
at 2017-04-12 23:17
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
光は本当に量子なのか
at 2015-03-17 23:48
記事ランキング
タグ
(295)
(146)
(122)
(95)
(76)
(65)
(59)
(54)
(45)
(40)
(40)
(39)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

自動翻訳時代の言語生活

どうも、自然言語処理界の動きが面白い。時間もアレなのでリンクだけ羅列。

ニューラルネットの逆襲 | Preferred Research

ディープラーニングチュートリアル(もしくは研究動向報告)


これもある意味Deep Learning,Recurrent Neural Network Language Modelの話 [MLAC2013_9日目] — KiyuHub

自然言語処理の最新手法"word2vec"で艦これ加賀さんから乳を引いてみる - あんちべ!

Statistical Semantic入門 ~分布仮説からword2vecまで~

どれも、まだフィードフォワードの処理技術ばかりで、単語の意味を展開するようなものばかり。本当に自然言語を処理しようとすれば、こういうフィードフォワード型の連想処理を要素技術として、フィードバックループないしは相互連想型のネットワークを組んで、反復によって安定点を探るような技術の開発が不可欠になる。けれども、要素技術が育つのは良いことだ。基礎が固まってこそ応用が研究できる。

上記は入力も出力も自然言語というようなものばかりだけれども、OpenCVみたいに画像処理系のマシンラーニングも標準手法が育ちつつあるから、画像からメタ情報を抽出したり、あるいは言語から展開した意味ベクターから例示画像を連想し、その画像を画像処理することで意味ベクターを再連想して、そういう相互連想で安定点を探すことで正しい文脈を推論する、なんていうこともできるだろう。こういう連想ができれば、言語処理に視覚情報を文脈情報として与えることもできるようになる。

そういう具合で、言語間翻訳の精度が一気に向上する時期が、この先数年だか半世紀だか、そこは多少偶然の要素が絡むけれども、まあ確実にやってくる。そういう時代が来ると、私たちはどういう言語生活をするようになるのか。

まずは、格段に改善したとはいえ、そこは機械のやること、おのずと限度がある。けれども、その限度をわきまえると、人間を雇うより格段に手軽に翻訳が利用できるようになる。ということで、人間が機械翻訳可能な言語レベルに適応していくようになるだろう。例えて言うと、逐語訳的な英文和訳文体だとか、漢文読み下し文体だとか、ああいう機械翻訳が出してくる、意味的には正しいが、文芸的には粗悪な文体に、人間が馴染んてくるようになるだろう。それとは別に、翻訳を通じて別言語圏の人に発信したいような情報は、機械翻訳が正確に読み取ってくれるような、文芸的には粗悪だが意味的にはあいまいさの少ない文体で作文するようになる。

そういう時代がある程度続くと、自分で飛行機に乗って各国を渡り歩く経済力のある人とか、文化的に他言語を操ることを愛する人などを除くと、大多数の人は自分の母国語で生活するようになる。しかも、その母国語が文芸的センスのない、機械翻訳向けの言語に近づいてくる。他言語に翻訳不能な美しい言語表現というのは、使用の場が制限されてくる。

その過渡期には当然、英語も含めた各国語で、母国語の乱れ、単純化を嘆く人が出てくる。が、おそらく流れは止まらないだろう。そうなると、翻訳に親和した新言語を操る一般の人と、極度に文芸化した職人芸的言語を操る専門家に分化が進むだろう。そして、必要上やむなく公用語としての英語を利用せざるを得なかった人たちが、母国語に帰っていく。英語の人口シェアは漸減していくだろう。

そういう時代が、近い将来か遠い将来かは知らないが、いずれやってくる。そしてその技術的萌芽は目の前にすでに存在している。面白いものだと思う。
[PR]
by antonin | 2014-03-26 02:11 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antonin.exblog.jp/tb/22331480
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 情報洗浄 教え育てること >>


フォロー中のブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル