安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
最新の記事
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
光は本当に量子なのか
at 2015-03-17 23:48
自分のアタマで考えざるを得な..
at 2015-03-06 03:57
折り合い
at 2015-03-01 00:19
C++とC#
at 2015-02-07 02:10
浮世離れ補正
at 2015-01-25 01:21
記事ランキング
タグ
(294)
(146)
(120)
(94)
(76)
(64)
(59)
(54)
(45)
(40)
(40)
(39)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

眠れぬ夜のために

寝なくちゃ。
毎日こんなんだ。

----------

もち米じゃない米はなんで「うるち米」というのか。

農林水産省のサイトから「なぜ『うるち米』というか

決め手は粘りけ(の少なさ)。αでんぷん
小麦の粘りはグルテン

----------

Bill Evans & Jim Hall いいじゃないですか。

1962年の録音。室内楽系の小編成は古い録音でもステレオでさえあれば問題ない。もちろん10kHz超の高調波は落ちているのだけれど、かえって聴きやすい。ラウンジの奥から聞こえてくる音はこんなだよなぁ。

古く、時代の進歩は録音音質に直結していて、ディジタルオーディオ登場前夜には"Hi-Fi"というのが高級オーディオの定冠詞だった。スポーツカーと言えばターボと言うのと同じように。ハイファイは"High Fidelity"の略で、「原音忠実度が高い」という意味だった。楽器が鳴っているままの音をオーディオセットから鳴らすのが美徳だった。

粗悪なオーディオはひどくひずんだ音を出す時代だったから、それはそれで重要な価値だったのだけれど、クリスタルオシレータとD/Aコンバータの力で高級機から廉価機まで無差別に低ひずみ化してしまったディジタルオーディオの登場で、「ハイファイ」という飾り文句はもう価値が失われてしまった。

CD-DAの規格を超えるようなサンプリング周波数や量子化ビット数を備えた規格もその後現れたが、そういった更なるハイファイに興味を示す人はほとんどいなかった。DATやCDが初めて現れたときのような感動が、そこには無かったからだろう。

とうに成熟したはずの自動車業界や家電業界がまだまだ進化しようとしているのだから、オーディオにもまた進歩の波が来るのかもしれない。ハードディスクやフラッシュメモリに記録するとか、そういうことではなく。

----------

やっと眠くなってきましたよ。
夢で逢いましょう。
[PR]
by antonin | 2005-03-15 02:54 | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://antonin.exblog.jp/tb/2268576
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Sound Labo B.. at 2005-05-07 20:03
タイトル : Analogue, Good Inspiration, ..
人間の耳は敏感です。 微妙な音を耳で感じます。 昨今はデジタル化された製品が旺盛です。 統一規格化された品質が優劣を平均化しました。 しかし、そのデシタル化に敵わぬ分野があります。 それが「音」の再現分野です。 「音」をサンプリング化するデジタル音製品より 「どんな音」でも拾うアナログ音製品に アーティストが本当に再現したい音があります。 琴線とはそれを言うのでしょう。 H... more
Tracked from 安敦誌 at 2005-06-07 00:45
タイトル : ディジタルオーディオってどうよ?
これはだいぶ前の記事に対してもっと前の記事からトラックバックを頂きましたので反応させていただきます。 "Sound Labo Blog"より"Analogue, Good Inspiration, Good Sound." 最近、ディジタルとアナログの本質的な違いってなんだろう? などと考えていたので、大変良い刺激となりました。「本質的な違い」の項については、思ったより問題が深く、まだ文章に落とせるところまで思考がまとまっていませんので、そちらはまたの機会にして、オーディオの方だけについて...... more
<< 飲み水考 パレートの法則 >>


お気に入りブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル