安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
最新の記事
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
光は本当に量子なのか
at 2015-03-17 23:48
自分のアタマで考えざるを得な..
at 2015-03-06 03:57
折り合い
at 2015-03-01 00:19
C++とC#
at 2015-02-07 02:10
浮世離れ補正
at 2015-01-25 01:21
記事ランキング
タグ
(294)
(146)
(120)
(94)
(76)
(64)
(59)
(54)
(45)
(40)
(40)
(39)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

水に落ちたロバ

一度書きかけた文章を消してしまった。まあいい。
こういう寓話がある。

塩をはこぶロバ <福娘童話集 きょうのイソップ童話>

中世には寓話に教訓が添えられるスタイルが一般的になったので、「怠け心にはきっと悪い報いがあるだろう」みたいな倫理噺になってしまうのだが、そういう神父さんが新約の一説を引いて説教するようなのとはまた違った読み方も、古代ギリシアにはあったのではないかと思う。

ちょっとまともな資料を引用できないのだけれども、ペットを飼う日本人の心理には、ペットを一人前の生き物として育て、友として付き合うようなスタイルとは違った、弱い者を溺愛し、そして溺愛されたものが自分に依存する様子を見ることで、自分の存在意義を感じて安心するというような、そういう形式が多いというような話がある。

同じような「病理」が、幼い子供を育てる母親の一部にもあるらしく、そういう母親に育てられた子供が成長すると、依存性の高い人間になるという。子供が依存してくることに喜びを覚える母親の育児は、子供に何か新しいことをさせるのだけれども、それが万事うまくいって子供が自分から離れることに無意識の恐怖心を持っていて、ついつい子供が失敗して自分がそれを助けるようなシナリオで事を進めてしまうらしい。

水に落ちて荷が流れて楽になるロバと、ロバが水に落ちるような荷を負わせておいて、水に落ちたロバを責めずに助ける自分の優しさに恍惚となる飼い主の共依存、といった光景が、母と子の間に成立する。そして、そういうシナリオの中で育った人間は、うまくやれば成功できるようなことでも、ついつい失敗に終わって慰められるような展開を、これもまた無意識のうちに想定してしまい、そして最終的には、実際にも失敗してしまうらしい。

人間誰しも幸福になりたいと思うのは自明の原理のように見えるが、「とても幸福になる選択肢」と「少し不幸になる選択肢」が提示された場合、後者のほうが自分に似合っていると感じる人もいくらかいるということがあるらしい。

「自己愛型人格障害」という類型に当てはめられてしまうような、分不相応な幸福が自分にもたらされて当然だ、という方向の不釣合いも厄介だが、敢えて不幸を選択する不釣合いも、それはそれで厄介な障害だろう。ゼロサムゲームでそれをやって、ほかの誰かが幸福になるのならまだいいが、ノンゼロサムの状況で、例えば約束を守れば誰もが幸福になる場面でも、その約束を破って関係者を巻き込みつつ不幸のほうを選び取るのだとしたら、これは周囲にとっても厄介な問題である。

と、ここまで他人事のように書いておいて、実は今日も自分語りなのだけれども、私はこの水に落ちたロバのような子供時代を過ごしたらしいという状況証拠が、ちらほらと見つかる。四十を過ぎた今になっても、どうやら無意識の習慣として、失敗となる結末を望むようなクセがあるらしい。無意識による行動なのであまり自覚がないが、私にもどうやらそういう傾向があるらしい。

で、そう書くと母親が悪いように思えるが、そういう母親の行動も、ある種の弱さを含みながらも、基本的には善意であり、また、そのまた母親から受けた育て方に遠因があったりして、こうなるともう、親の因果が子に報い、という具合で、因縁説だの輪廻だの、そういう論も現実味を帯びてくるようになる。超自然的な現象ではなく、脳による学習という物理現象を通じた情報系統伝達というような意味で。

で、完全に母親や祖母のせいにするのではないのだけれども、そういう影響って取り去りにくいんだよなぁ、と、三十歳で脳の動きがそれなりに固定化して以降は、諦めに近い形で受け入れるようになっている。幸い、最近は薄情になってきているので、そういう子育ての仕方をしなくなってきている。ただ、第一子のムスメに対しては、多少それをやってしまったような気がする。

親として成熟した、というようなことは無くて、また別の酷薄さに変わっただけのような気もするが、育児に失敗するという結末を暗に望んでいるんだとすれば、それはいかんなぁ、幸福にしてやらないとなぁ、と考えている。考えているのと、反射的に実行できる習慣になることの間には当然に溝があって、成功する自分のイメージづくりみたいな行動療法も飽きずに続けないといけない。このあたり、当人が心の中で決意しても無意味なので、外部にシステム化しないといけないんだが、いい形式がまだ思いつかない。んー。

[PR]
by antonin | 2014-08-04 00:25 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antonin.exblog.jp/tb/23086383
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< およげたいやきくん ブーメランが刺さる話 >>


お気に入りブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル