安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
最新の記事
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
光は本当に量子なのか
at 2015-03-17 23:48
自分のアタマで考えざるを得な..
at 2015-03-06 03:57
折り合い
at 2015-03-01 00:19
C++とC#
at 2015-02-07 02:10
浮世離れ補正
at 2015-01-25 01:21
記事ランキング
タグ
(294)
(146)
(120)
(94)
(76)
(64)
(59)
(54)
(45)
(40)
(40)
(39)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

きぼうがみえた

ちょっと前の話になるけれども。

仕事上がりに駅に向かって歩いていると、正面に月が見える。ほぼ満月で、日没から間もない時間帯だったので、まだいくらか光の残る東の空からまん丸くてやや赤味がかった月だった。その月をチラチラと見ながら歩いていると、宵の明星ぐらいの光点が見えたが、結構な速さで右から左に移動していく。旅客機くらいの移動速度に見えるのだけれど、旅客機であれば点滅していたり、翼端の赤と緑のランプも見えるはずだが、その光点はただ金星のように白かった。

点滅なく一定速度で流れる光点というと、日没後や日昇前の時間帯だと人工衛星である場合が多いのだが、今まで見た人工衛星というのはだいたい4等星くらいの明るさで、かなりシーイングの良い夜空でないと見ることができない。けれどもその「星」はマイナス何等星というような強烈な光を発していて、リゲルあたりの比ではない光り方をしていた。

なんだあれは、ということを考えると、どうやら国際宇宙ステーション、ISSではないかとひらめいた。でもまあ面白いので、そのままゆっくり歩きながら眺めていると、左のほうへ行くに従って徐々に見た目の移動がゆっくりになり、しばらくするとだんだん暗くなって、最後は火が消える瞬間のロウソクの芯のように静かに消えた。あの動きはやっぱり低軌道の巨大構造物で間違いないと思った。

駅で電車を待ちながら、「ISS 軌道」などと検索してみると、観測可能な時間帯が公開されていて、そんなに正確な時間は記録していなかったが、時間帯としてはぴったりと一致していた。

天空経路情報(過去の可視情報) - 「きぼう」を見よう

そうか、ISSの日本モジュールは「きぼう」っていうのか。「おおすみ」以来の伝統を守ってるんだな。そろそろ「さいたま」なんていう人工衛星が出てきてもよさそうなものだが。

しかし、あれだけガッツリ見えると、東京周辺での観察でも充分に楽しめる。今度コドモたちにも見せてみようか。ヤツらは最近ああいうのにはあんまり興味を示さないのだが。翌日の皆既月食も、大人ばかりが眺めていた。コドモたちは別にそういうのはどうでもいいらしい。そういうものか。

なんでもそうだけれども、特集雑誌みたいなものを見て事前に周辺知識を身に着けておかないと、何を見ても「ふーん」ってなってしまうのは理解できる。史書も叙事詩も歴史小説も読まないで、いきなり歴史の舞台を訪れても、それこそ「ふーん」ってなものだろう。自然現象の観察でも、まあ似たようなところがあるんだろう。映画の公開前に舞台裏をちょっと公開するテレビ番組が流れるのも、そういう心理を狙ってのことだろう。

子供には、勉強しろとケツひっぱたくよりも、そういう文脈づくりをコツコツとやっていった方がはるかに効果があるんだろうと思うが、なんというか、ねぇ。

[PR]
by antonin | 2014-10-31 02:14 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antonin.exblog.jp/tb/23661937
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< もしもピアノが弾けたなら 一番絞りが好きだ >>


お気に入りブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル