「ほっ」と。キャンペーン

安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
検索
最新の記事
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
光は本当に量子なのか
at 2015-03-17 23:48
自分のアタマで考えざるを得な..
at 2015-03-06 03:57
折り合い
at 2015-03-01 00:19
C++とC#
at 2015-02-07 02:10
浮世離れ補正
at 2015-01-25 01:21
記事ランキング
タグ
(294)
(146)
(120)
(94)
(76)
(64)
(59)
(54)
(45)
(40)
(40)
(39)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

ほげ

池田信夫さんがどこかで、財政ファイナンスが許されるなら税収ゼロで全歳入を中央銀行の通貨発行で賄う政府もできることになるが、そんなフリーランチは無い、というようなことを書いていた。(検索したが出てこない)

純粋に理論的に言えば、政府が善政を敷いて、国内総生産が安定的成長をして、その成長した価値の分だけ通貨を発行させて、その発行させた通貨の全額を政府支出として市場に供給すれば、一応無税政府は成立する。税金みたいに国民に文句を言われないから、普通は財政規律が緩んで歳出が国内成長を大きく超えるまでに膨れて、悪性インフレになるだろうという経験則があって、そういうのは失敗すると言われている。

仮に禅僧のような厳しい役人と政治家ばかりで無限の財政統制が実現できるなら、正しい国家運営に対する正当な対価として、政府は新規発行通貨を所得として得ることができる。現実には上に書いたような国民からの圧力の不在だとか、中央銀行が発行した通貨を最初に供給してもらう既得権を持った銀行の抵抗などで、そんな神聖な政府は生まれないだろう。けれども、一応理屈としてはフリーランチではない財政ファイナンス制度もあり得ないではない。

今の日本だって、ゆうちょを含めた銀行各社がこれまでに買った国債の債権を放棄すれば財政危機は終わるし、それで間接的に貯金を失う高齢者の最低生活保証を確保できれば、経済は本格的な回復路線に乗る。理論的には。理想的には。空気抵抗や摩擦は無視しても良い。

道州制とか、ベーシックインカムとか、非永住移民とか、みんな正しいんだけど、空気抵抗がね。摩擦がね。ダイラタンシーがね。まあしょうがねぇよな。私ら団塊ジュニアが75歳くらいの頃に日本経済は最悪の状態になって、その先は徐々に回復していくんだろうという話になっているが、途中で不連続点が出てくるかもしれない。ただ、日本の経済の件については、早めにドカンと処理するよりダラダラと処理する方が被害が少ないらしく、あんまり性急に経済政策とかしないほうがいいのだろう。

もうカエルはゆだってしまったので、あとはゆっくりコトコト煮込んで、21世紀後半の人においしく召し上がっていただくしかない。今さら冷ましてもカエルは生き返らない。南無。

[PR]
by antonin | 2015-06-05 03:46 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antonin.exblog.jp/tb/24553635
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 水分子と日本人は似ている フリーランチハンター >>


お気に入りブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル