安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
最新の記事
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
光は本当に量子なのか
at 2015-03-17 23:48
自分のアタマで考えざるを得な..
at 2015-03-06 03:57
折り合い
at 2015-03-01 00:19
C++とC#
at 2015-02-07 02:10
浮世離れ補正
at 2015-01-25 01:21
記事ランキング
タグ
(294)
(146)
(120)
(94)
(76)
(64)
(59)
(54)
(45)
(40)
(40)
(39)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

説得力の功罪

近所を散歩していると、金木犀の香り。


早大の吉村先生というと、古代エジプト関係のテレビ番組には解説役としてしばしば登場する有名人だけれど、まだ助教授だった時代には、エジプトへの遠征費用を稼ぐためにエジプトとは直接関係のない番組などにもちょくちょく顔を出していた。
東京放送系列の「世界ふしぎ発見!」という番組では、ゲスト回答者として、半レギュラーのような時期もありました。
クイズダービーにおける篠沢教授よろしく正答率は低いのだけれども、吉村先生の特徴は、自身の回答に対する説明に、なんだかとっても説得力があるということ。見る人に「あぁ、そうなのかもしれない」と思わせるもっともらしさがある。でも、たいていハズレ。

精力的な活動と、ひょっとするとテレビでの宣伝活動も手伝ってか、晴れて教授に就任。すると、今度は回答者から解説者としてVTRに出演したりしている。(たまに回答者もしているが)
で、そのVTRの中で、新たに発見されたエジプトの遺構を眺めながら、吉村先生が従来の定説を微妙に覆す自説を解説してくれる。これがまた、非常にもっともらしい。NHKのドキュメンタリー番組なども含めて、テレビの編集技術とは、現実の複雑さはさておいて、瞬時に了解可能な情報を抽出して伝えるという特性というか習性というか、そういうものを持っているので、そういうった効果も手伝っているのだろうが、とにかくその場において説得力のあるものになっている。

学説が説得力を持っているというのは好ましいことのような気がするが、厄介な側面もあるように思う。考古学というものは物理学などと違って、追試や理論展開による「予想」などが難しい。
過去にさかのぼれば、物理学においても理論の検証が簡単でなかった時代があって、例えばアリストテレスなどが、豊富な学識に基づいて天動説という説得力のある説を書き残すと、千年を超えて定説として信じられ続けたりする。(プトレマイオスによる理論補強などの影響が大きいが。)
タイムマシンを持たない世界の考古学は、実はほとんど検証不能の部分を持っていて、どこの地層から何が出た、という断片だけが事実で、それを有機的に結んでゆく学説というのは、ほとんど文学的創造力の産物のように思える。

日本に旧石器人がいたかどうかということで、研究者のデータ捏造が問題になったが、あれは「どこから何が出た」というレベルで改ざんをおこなったのであって、全く問題が違う。
そうではなくて、たとえ、どこから何が出たのかを正確、詳細に記録し、検討したとしても、その上にもなお危うさがあるような気がする。
シュリーマンの時代には、このあたりが完全なロマンスで、多くの発掘成果が賞賛される一方で、その解釈に関して、多くの疑問を残している。(発掘についても、埋蔵品の処置については今日的でない問題を孕んでいるけれども。)

最近、日本最古の漢字が刻まれた土器が発見されたというニュースがあった。(ニュースなので、じきにアクセス不能になるでしょうが、そこはご容赦。)
しかしながら、その漢字というのが「卜」(ボク、うらな・う)なのだという。しかも、壷の口を下に向けた、逆さの状態で「卜」に見えるというのである。
99年12月に見つかったというから、5年近くの検討の末の発表であり、綿密な検証はされていると期待したいが、冷静に考えて、直線2本の図形を「逆さに書かれた漢字」と解釈することは極めて危険であると思う。
説明に説得力があればあるほど、危険な香りがする。日本最古という「金メダル」のために、ドーピングまがいの解釈が無いことを祈りたい。


今日の漂着地:「雑記草

99年7月から続く、日記形式の雑記集。取り上げる話題の方向性が安敦誌と似ているが、知的なレベルが高く、上質。99年というと、「実験室」を始めた頃ですね・・・。
理想形ではありますが、これを目指すのはどだい無理なので、しません。
[PR]
by antonin | 2004-10-04 00:31 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antonin.exblog.jp/tb/427892
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 後始末日記 Stainless steel >>


お気に入りブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル