安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
最新の記事
仲介したことはあまりないが
at 2017-04-29 03:36
サンセット・セレナード
at 2017-04-12 23:17
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
光は本当に量子なのか
at 2015-03-17 23:48
自分のアタマで考えざるを得な..
at 2015-03-06 03:57
折り合い
at 2015-03-01 00:19
記事ランキング
タグ
(295)
(146)
(120)
(95)
(76)
(65)
(59)
(54)
(45)
(40)
(40)
(39)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

まだ騙されている人たち

関西テレビが放送で謝罪 納豆やせ効果データ捏造 | エキサイトニュース

民放の情報エンターテイメント番組に科学的根拠がほとんどないというのはもう常識で、それをあえて楽しんでいる人がほとんどだと思っていたのだが、未だにこうして娯楽放送局の社長がマジレス謝罪していたり、そのニュースを見て「がっかり」なんていう人が多いのを見るにつけ、情報リテラシー水準の低さに実に暗澹たる気分になってくる。

こういう人々は水商売の良い顧客であったり、この株を買えば大もうけなんていう眉唾物の話に簡単に乗る人なのだろう。そしてまた、そういう人がこの国に非常に多いということである。Excite Japanの社長も先日のblogで「波動」がどうだとか「気」がどうだとか言っていたので、ある種同類だと思われ、こうした傾向はいわゆる頭の良し悪しには必ずしも関係しないのだろう。

こうした変な話に警告を与えても、「理系」呼ばわりされて気持ち悪がられるだけ損だと最近では諦めている。私自身はモノのコトワリを愛するという程度以上に「理系」と呼ばれるべき人間であるとは思わないが、理工系学部卒の人間に対する差別思想がこの国には根強い。

話さえうまければ、こういう人たちを動かしてインフラ事業の民営化でも交戦権の正当化でも宗教政党の合法化でも、なんでも投票でお墨付きをいただけるというのが民主選挙システムのおいしい部分であって、政治家としてはやめられない魅力があるのだろう。

そうは言っても、子供を日本の外で生きていけるように育てると腹を括ってからは、日本の国土は愛しても、その上に乗っかる政治システムは別にどうでも良くなってしまった今日この頃、この国の政治経済に対する関心も急激に薄れてしまった。悪くなることは間違いないが、戦争バカが跋扈した昭和初期より悪くなるには少なくとも70年程度は掛かるだろうから、自分には関係のない話と突き放すことができ、ずいぶんと気が楽になった。どうぞ毎日納豆食べて黒酢でも飲んで元気にやっていただきたい。少量ずつ多種類の食品をバランスよく食べれば、体に良くない食品などというのは本来無いはずである。あるとすれば食品ではなくそれを毒と言うに過ぎない。

愚痴はこれで最後にしよう。

過去のことは振り返らない。
未来のことは心配しない。
現在のことは気にしない。

これが今年のスローガンであります。
精神衛生上、大変重要なのであります。
[PR]
by antonin | 2007-01-22 00:04 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://antonin.exblog.jp/tb/6370305
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by アッサ at 2007-01-22 07:29 x
同感である。
Commented by antonin at 2007-01-23 00:11
>アッサ

どうもありがとう。ここ半年ほどというもの言葉の限界を痛感していたので、単に同感を示してくれる言葉が大いに慰めになります。
Commented by アッサ at 2007-01-23 06:02 x
それは君の言葉の限界ではなくて、コメントする側の限界かもしれない気がする。
すなわち、君が書いたことを読んで何かコメントしようと思っても、君の書いていることは多くの場合多面的な考察を含んでいるので、言いたいことの一部が既にそこに書かれていたりする。もちろんそれが読み手である僕の意見とは完全に一致していないことも多いが、そうなると、今度はどこがどう違うのかということを書かないといけなくなるので、コメントするのも結構大変な作業になってしまう。そして、自分の言葉の限界を感じつつ、時間がないふりをしてコメントせぬまま通り過ぎてしまうことが少なからずあるのでありますよ。
Commented by antonin at 2007-01-24 00:23
そうか。ついつい論点が拡散する傾向は自覚していたのだけれど、やはりメンドウな文章になるよなぁ。一見まったく違うように見える現象が、実は同じ要因から派生していたり、あるいは数理的に同じ構造を持っていたりするのに気付いてしまうと、つい興奮して脱線してしまうのだけれど、もうちょっと上手に論点を絞る訓練をしないといかんなぁ。有益な指摘をありがとう。
Commented by アッサ at 2007-01-24 02:26 x
でもね、読んでいる分には実に読み応えがあって好ましいのですよ。
面白い文章ほどコメントが難しい、そんな気がする。
Commented by antonin at 2007-01-25 00:47
そう言ってもらえると元気が出るね。
確かに自分自身の行動を振り返っても、納得した意見とか、意外な見方をしていて面白い文章にはコメントしないことが多いかもしれない。
そう考えるようにしよう…。
<< 納豆事件その後 散財録 >>


フォロー中のブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル