安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
最新の記事
アキレスと亀
at 2017-05-02 15:44
受想行識亦復如是
at 2017-05-02 03:26
仲介したことはあまりないが
at 2017-04-29 03:36
サンセット・セレナード
at 2017-04-12 23:17
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
光は本当に量子なのか
at 2015-03-17 23:48
記事ランキング
タグ
(295)
(146)
(122)
(95)
(76)
(65)
(59)
(54)
(45)
(40)
(40)
(39)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

さようなら松下、さようならナショナル

松下電器産業株式会社が「パナソニック株式会社」に社名を変更 | プレスリリース | ニュース | 松下電器産業株式会社

ややオールド・ニューズではありますが、今回のパナソニック・グループのディシジョンをリジョイスしたいと思います。ドメスティックなコンシューマー・マーケットは、今後シュリンクしていくことがシュアリーにプレディクタブルなのであり、このようなマーケットにストレインせずにグローバル・カンパニーであることをこのステイジでストリクトリーにディクリアするのは、アプロプリエイトなことだと思います。

もうすでに松下の家電部門は「松下ホームアプライアンス社」となっており、これが「パナソニックホームアプライアンス社」となっても、むしろこちらのコーポレイション・ネイムのほうがフィーリングとしてはずっとコンフォータブルです。「松下電器産業」もハーフウェイに「パナソニック」とせず、グローバルなエクセレント・カンパニーの日本マーケットにおけるローカル・コーポレイションに過ぎないということをデモンストレイトするために、「パナソニック・ジャパン」とリネイムすべきだと考えます。

今後、「ナショナルの家電製品」が「パナソニック・ホーム・アプライアンス・プロダクツ」となることで、「家電製品一覧」は次のような「ホーム・アプライアンス・アイテム・リスト」に変わり、パナソニックというインターナショナル・ブランドを日本のコンシューマーにインプレスすることでしょう。

左:旧製品分類 → 右:ニュー・プロダクト・カテゴリー

「冷蔵庫」 → 「リフリジャレイター」または「フリッジ」
「テレビ」 → 「TV」または「ヴィデオ・ディスプレイ・ターミナル」
「掃除機」 → 「ヴァキュアム・クリーナー」
「洗濯機」 → 「ウォッシング・マシーン」
「食器洗い機」 → 「ディッシュ・ウォッシャー」
「電子レンジ」 → 「マイクロウェイヴ・オウヴン」
「炊飯器」 → 「ライス・クッカー」
and so on ...

日本ではゴッド・オブ・マネジメントとレヴァランスされた、かのMATSUSHITA, Konosukeさんも、パナソニックのディターミネイションを聞いてジ・アザー・サイドできっとサティスファイドなことでしょう。リボーンするパナソニックのローンチをシンシアリにコングラチュレイトしたいと思います。
[PR]
by antonin | 2008-01-20 05:28 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://antonin.exblog.jp/tb/7957962
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by oki_mo at 2008-01-22 23:59
うちにうぉっしんぐましーんがあるなぁ・・・。
遠心力って宣伝に惹かれて買ったんだけど、遠心力じゃキレイになりませんでした(苦笑)
ふつーのかくはんばかり使っております(笑)

そろそろ新しいうぉっしんぐましーんがほしいなぁ・・・。
Commented by antonin at 2008-01-23 02:20
>おきちゅー

ナショナルの家電って高いよね。うちにはない。(笑)
そんな我が家のH社製 うぉっしんぐましーん も不調です。
そろそろ寿命か。
Commented by dankkochiku at 2008-01-25 22:01
お久しぶりです。 ある車輌会社の社長さんから聞いた話ですが、時代に合わせて、社名にある「車輌」を「車両」に変えたらという提案が出たものの、わずか1字を変えるだけで、数億円かかるという話で没にしたとのこと。 松下のように全国津々浦々にある松下電器特約小売店の看板代は個人店持ちのなるのだろうか。 人ごとながら気になります。
Commented by antonin at 2008-01-26 22:52
>dankkochikuさん

コメントありがとうございます。
Amazonに発注していた書籍の納品が遅れたり、仕事で読まなくてはいけない本が優先したりしていましたが、先日ようやく『「懲役」と「担当さん」の365日』を読了しました。通勤電車の時間を利用でき、ようやく通読することができました。出版に感謝します。感想については後日書かせていただきたいと思います。

松下の件ですが、親会社都合の看板変更費用くらいは、当然親会社が負担するものと思います。300億円程度の負担があるが、PanasonicとNationalの二重とうしに比べればたいした負担ではないのだとか。

本文は皮肉が半分と、本気の部分が半分です。日本市場は相対的にどんどん小さくなりますし。ただ、対外的に社名の英文表記をPanasonic Co., Ltd.にするのと、国内で長年愛されたブランドを廃絶するのとでは、意味が大きく異なると思うのです。
<< 物価上昇に思う チゲ鍋雑感 >>


フォロー中のブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル