安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
最新の記事
アキレスと亀
at 2017-05-02 15:44
受想行識亦復如是
at 2017-05-02 03:26
仲介したことはあまりないが
at 2017-04-29 03:36
サンセット・セレナード
at 2017-04-12 23:17
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
光は本当に量子なのか
at 2015-03-17 23:48
記事ランキング
タグ
(295)
(146)
(122)
(95)
(76)
(65)
(59)
(54)
(45)
(40)
(40)
(39)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

真実の限界

医薬品の有効性を確かめる方法に、二重盲検試験というのがある。2種類の薬があって、どちらかはある病気に効果があるかもしれない新薬で、もう一方はどう考えても病気には効果が無さそうなただの粉になっている。そのどちらが新薬なのかということを、医者も患者も知らされない状態で処方する。そして、統計的な検定によって優位な差が(もちろん新薬のほうが治療成績が良いという差が)出れば、治療薬としての有効性を認めることができるというものである。

この「知らせない」という方法の根拠は、「これは病気に効くお薬ですよ」と知らされると、患者が希望を持って病気に対処したり、医師も積極的に周辺治療で支援したりするため、客観的に薬の薬事効果という以外の面で治療成績に差が出たりしてしまうためで、こういう効果を「プラシーボ効果」というらしい。薬事効果だけを純粋科学的に判定するために、ちょっと意地悪なようだが半数の患者にはただの粉を薬だと思って飲んでもらう。

ただ、統計というのはかなりイヤラシイものなので、ここで判明する薬事効果は、あくまで全体として平均を取った場合に、新薬とただの粉でどちらが「マシ」かを判断するものでしかない。逆に言うと、有効性の確認できた新薬でも効かない人には効かないし、逆にただの粉でも病気が治ってしまう人は治ってしまうのだ。

単なる気の持ちようではなくて、症状としては同じだが、病原の生理メカニズムが違う場合とか、遺伝的に内分泌などの個人差もあって、合理的な意味で効いたり効かなかったりする場合もある。もちろん本人の自然な免疫力などで自然治癒する場合もある。これはある意味しかたがない。

その一方で、「笑いは副作用のない薬」という言葉もあるように、心理的にストレスの少ない状態、つまり、「このまま死んでしまう」ではなく「頑張れば病気は治る」という思い込みなり信念なりを持っていれば、本当に免疫系や内分泌系に活性作用が起こって、自然治癒力が増すというような説もある。プラシーボと言っても、薬が効いていないだけで治療としては一定の効果が出てしまう場合もあるらしい。

なんというか、チタンでできたネックレスをして、パワーストーンのペンダントを下げて、プラチナ・ナノ粒子のカプセルを飲んだりして、「最近からだの調子がいいんですよ」などと言っている人がいたら、微笑みながら何も告げないのが実は一番優しいのではないかと思い始めている。新興宗教団体から脱退させられた人などを見ていると、傍目には狂ったように見える信仰に耽溺していた時期のほうが、脱退してから「自分はいかに騙され搾取されていたか」などと恨みつらみを重ねている様子よりも、はるかに幸せそうに見えるのだ。

もちろん、度を越した財産の寄付を求めるような強欲な団体には見切りをつけてもらわないと家族も困るが、まぁ小遣い程度の金をはたいてありがたい品々を飾ったり友達を増やしたりする程度であれば、温かく見守るべきないのではないか。危険な団体であれば強引にでも引き離してやるべきであっても、そういう性質の人は結局何かしらの信仰にすがっていたほうが幸せなのだろう。

「努力すれば必ず成功するのに、努力しないで文句ばかり言っているやつは馬鹿だ」というようなマッチョ教団のグルに弱者の心理を説くのも、同様に野暮なものなのかもしれない。カネの世界に生きている人を強欲から救い出したとしても、彼らはきっと停滞に満ちた暇には耐えられないから、自然保護とか国際ボランティアとか、そういう忙しさで充実感がみなぎる場というのは必ず与えておかなくてはいけないのだろう。私にはムダ知識源とそれをひけらかす場を与え続けておかなければ、きっと退屈して死んでしまうのと同じことだ。

なんというか、小泉改革とは結局のところ特定郵便局長会とそれをバックにした自民党内の一派を駆逐するだけのものだったのだけれども、そこに改革の果ての希望を見出していた人は、それなりに幸せだったのだろう。小泉改革批判もいいが、嘘でもいいから「今は縮んで明日延びる」ということを信じさせられないと、合理的な改革よりもひどいダメージを国民心理に与えてしまう場合がある。真実の限界とは、だいたいこのようなものだろうと思う。

石油はすぐ枯れるといい続けられてきたが、結局枯れなかった。だからこれからも大丈夫に決まっている。エコカーに乗れば地球温暖化対策もバッチリ。割り箸とビニール袋を廃止すればCO2を削減できる。そう思っていたほうが、人々はきっと幸せなのだ。そこには局所的な科学的客観性を超えた、より大局的な合理性がある。

産業革命と大気のCO2濃度には、相関関係だけではなくおそらく因果関係がある。しかし、CO2の温室効果はそれほど強いものではなく、むしろ水蒸気や雲の発生率と、それに影響する大気循環などのほうがはるかに影響が大きい。そして近世は小氷河期と呼ばれる低温期だったのであり、今世紀の平均気温上昇は正常な気候変動の範囲内であるという仮説もまだ有効なのだ。

しかし、そんな未解明の仮説よりも、アラブに富をもたらすだけの化石燃料依存を低下させるエネルギー源の転換のほうが重要であり、そのためには洪水や旱魃、酷暑など市民生活に直結する内容で脅すほうがずっと有効なのだ。そして、ロハスな生活を送ることによって「自分たちはいいことをしている」という誇りと喜びを市民に与えるべきなのだ。

決して皮肉などではなくて、一面的な科学的真実より大事なことというのはたくさんあるはずなのだ。鰯の頭も信心から。そして、信じるということは案外に人を強く健康にする。プラシーボだろうがなんだろうが、病気が治るということのほうが重要なのだ。ネズミを取る猫こそが良い猫なのであって、まぁ、あまり目くじら立てて細かい真相を述べ立てるのは得策ではないのだろう。
[PR]
by antonin | 2008-07-11 02:54 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://antonin.exblog.jp/tb/9021476
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fazero at 2008-07-11 13:38 x
かえる・きょー
かえる の かみさま の ぱわー わ、 よく きく ありまふ
こまった とき に おねがい すれば、 たいてー よいこと に なるある
その かわり、 かえる ・きょー の かんぬし の ふぁぜろ に ときどき、 5えん きふ する よろし
これ わすれる だめ ね
Commented by antonin at 2008-07-11 22:11
ははーーっ ⑤>ふぁぜろ さま

「ちきゅうのみんな、オラに1円玉をわけてくれ!!」というジョークがあって面白かった記憶が。本当に地球のみんなが1円分けてくれたら、それで60億円以上になるという。「サラミ・スライシング」ってやつですな。
信者が増えれば5円って結構戦闘力あるよなぁ。
<< 水を売るか、油を売るか 心理テスト >>


フォロー中のブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル