「ほっ」と。キャンペーン

安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
検索
最新の記事
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
光は本当に量子なのか
at 2015-03-17 23:48
自分のアタマで考えざるを得な..
at 2015-03-06 03:57
折り合い
at 2015-03-01 00:19
C++とC#
at 2015-02-07 02:10
浮世離れ補正
at 2015-01-25 01:21
記事ランキング
タグ
(294)
(146)
(120)
(94)
(76)
(64)
(59)
(54)
(45)
(40)
(40)
(39)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

「頑張れば報われる」に騙されるな

自分探しというものがある。この世に生まれてきたからには、何か自分にもできることがあるはずだ。けれども今はそれがわからない。だから自分にできることを探して彷徨う。

これに対して、そんなことはするなと言う人間がいる。一所懸命という言葉の通り、不得意なことでも道を逸らさず努力をしていれば、いずれそれが得意になる。できることが見つからないのはまだ努力が足りないからだ。為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり。努力の先に見つかる平凡なことが、案外に天命なのだ。

もちろん、そんな意見に騙されてはいけない。大事なことは、自分の得意なことで社会の役に立つことだ。不得意なことで努力しても、誰も喜んではくれない。自分の得意で他人の不得意を助けろ。それが社会だ。得手に帆を揚げろ。

見ればわかるが、努力の大切さを説く人間は、間違いなく努力でのし上がってきた人間だ。自分が努力して成功したから、誰にでも同じ事を説くだろう。だがよく考えてみれば、彼らは人間が持つ多くの特性の中で、抜きん出て努力という才能に恵まれていたのだ。特定の事柄に執着を持たず、努力によって人から認められることがめちゃくちゃ好きな連中なのだ。

もしも自分が努力が苦手で、そんなことより時間を忘れて好きで得意なことをやっていたいと思えることがあるのなら、なんとかしてそれで社会に貢献しろ。普通に探していたら、好きなことで稼ぐ口など見つからない。でも、あっちへふらふらこっちへふらふらと流れていれば、いずれはどんな事でも人の役に立つ場所というものに行き当たる。世界一にならなくてもいい。仲間内で一番なら充分だ。鶏口となるも牛後となるなかれ。

成績表を思い出してみて、どの科目もだいたい同じくらいの点数が付いていたら、今いるところで一所懸命に努力しろ。抜きん出た特技はないが、苦手分野の少ない人間は天性の努力家だ。そういう人間は重宝される。何も特技がなくてもいい。どんな分野でもやっていける。辛くても努力しろ。それが才能なんだから。自分は天才じゃないなどと言うな。辛いことでも努力できる能力というものは、誰にでも備わっているものじゃない。それは特別な才能だ。

成績表を思い出して、天から地までいろいろあるなら、迷わず自分の得意を突き詰めろ。地を這いつくばって努力しても、天性の努力家に勝てるわけがない。けれども、努力では補えない感性というのは絶対にある。それを信じろ。そうすれば、その分野なら多少の努力もできる。そうすれば、いつかは誰かが認めてくれる。それまで自分の生きる道を求めて彷徨え。遠慮なく自分探しをしろ。天性の努力家と違って、どこでもやっていけるわけじゃない。充分に漂え。

最後に勘違いをするな。好きと得意は違う。好きで得意ならそれが一番だが、好きでもないのに得意なこともあれば、下手の横好きということもある。好き嫌いで選ぶな。自分の得意と不得意を見極めろ。そして得手に帆を揚げ世間の荒海に舳先を向けろ。その先に楽園は必ずある。

--

とまぁ、こういう断定口調、命令口調というのは若者をしばしば惹きつける訳でありまして、若者は、こういう無為なるオヤジの言に惑わされてはいけません。

[PR]
by antonin | 2008-09-03 00:53 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://antonin.exblog.jp/tb/9422412
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by NAF at 2008-09-03 20:03 x
私は別に人様をいびりたおすのが好きなわけじゃないのにぃ〜
むこいびりとか学生いびりとか後輩いびりが家事より巧い気がしま〜す。
このまま邁進してもよろしいのでしょ〜か?
Commented by antonin at 2008-09-03 22:09
>なっふん

「このまま邁進してもよろしいのでしょ〜か?」

してもよい、ではなく、しなければならないのです。邁進ではなくて驀進すべきです。数十年後には辞書に載るでしょう。

なふ [名] (<フランス>"NAFNAF"から)
(1) 気の強い女性、外見に反して恐ろしい女性
(2) 気が強いと見せかけて、実は技でも強い女性
(3) 愛嬌を伴いながら高圧的な態度を極めること
なふ・る[動・ラ五]
(とりわけ年下の人を)いびる,なぶる,ねぶる,いたぶる,さいなむ,しいたげ,る,こづきまわす
<< 渡辺慧という人 1250年前の酔っ払い >>


お気に入りブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル