安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
最新の記事
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
光は本当に量子なのか
at 2015-03-17 23:48
自分のアタマで考えざるを得な..
at 2015-03-06 03:57
折り合い
at 2015-03-01 00:19
C++とC#
at 2015-02-07 02:10
浮世離れ補正
at 2015-01-25 01:21
記事ランキング
タグ
(294)
(146)
(120)
(94)
(76)
(64)
(59)
(54)
(45)
(40)
(40)
(39)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

google adの謎

一般サイトの端っこのほうに、"Ads by google" なんて書いてあるリンクがあるが、あれは果たして商売になっているのだろうか。googleの検索結果に広告ページへのリンクが付いていて、あれは一般名称としての検索語を探すのには邪魔になるが、一方でネットショッピングなどでマイナーな商品を買いたくて検索しているときなどには、一般の検索結果より広告リンクのほうが役立ったりした経験が自分にもあるから、あの有用性というのは理解ができる。

一方で、ごく普通のBLOGページやニュースページなどで、記事の本文に出てくるキーワードと関連付けられた広告リンクなどがひっそりと表示されていることがある。あれは、もうほとんど逆なんじゃないかというほどに本文の趣旨と関連のない広告が出ている。確かに単語レベルではつながりがあるのだが、全体的な意味合いとしては方向が一致していないばかりか、あるいは記事が批判的に評論しているまさにその分野の広告が出ることがあったりして、もうなんだか高級なギャグのようにも見える。

そういう高級なギャグに成り下がっている"Ads by google"なのだけれども、これを小銭を稼ぎたい市民BLOGではなく多くのPVを集めるニュースサイトなどで見かけると、ますますそのシュールさに拍車が掛かる。たとえば、元衆院議員の田中秀征さんが非常に渋めの論評を寄せている記事があるが、

政治は「大政局」へ、第三の新しい流れの可能性も - ビジネススタイル - nikkei BPnet

このページに添えられているgoogle adのリンク先を見ると、次のようになる。

両面テープの専門店ダブルタックス、3M、強力両面テープ、両面テープ 全国販売、超強力テープ、両面テープ 加工、寺岡、日東、積水、共和、菊水、ニチバン、リンテック、リンレイ、両面テープ 通販、スリーエム、大日本インキ、テサ、パーマセル、スリオンテック、

ピュアハーバル・ヘアカラー100

非常識に稼ぐ資格起業家になるための7つのステップ

こんな具合である。田中さんの論評のどのあたりが両面テープにつながるのかいまひとつわかりにくいが、この広告リンクは両面テープ専門店と日経BP社の両者に何らかのメリットをもたらしているのだろうか。もちろん読者にとっては、あまりのミスマッチが楽しいというメリットがあるので問題がないが、本当にそれでいいのだろうか。白髪染めについては更に謎である。

3番目にあるような「楽して儲かる方法を教えます」という広告リンクがgoogle adの主流なのだけれども、こういう男性誌の袋とじのような情報商品の広告リンクをわざと開き、「特定商取引法に基づく表記」みないなページをしげしげと眺めるのが楽しみになっている。この手の情報販売ページには怪しいところが多いが、一応googleの審査を通っているようなところは必ずこの販売者情報ページを用意しているので、こういう情報を無駄に眺めてみるのも面白い。

ところで、シュールな楽しみといえば言わずと知れた「デイリーポータルZ」だが、たとえば「石を叩いて火をおこそう」という記事の最後には「株式会社ミツトヨ|商品情報」なんていうページへの広告リンクがあって、ビッカース硬度計の商品情報が参照できたりする。

一応本文のほうにも石の硬さを調べて回るなんていう内容が無くもないのだが、ミツトヨで計測器を買ったりするだろうか。林さんなんかは計測器マニアでもあるからこういう情報を喜ぶだろうが、果たして一般の人はどうなんだろうか。個人的には好きですけどね。ものづくり系のエンジニアをしていた頃は、ミツトヨさんのマイクロメータにはずいぶんとお世話になりました。単独の膜厚計も使ったし、機器に組み込みのダイヤルゲージなんかもずいぶんと触りました。

googleは実験的な会社なので、いろいろと便利な道具も提供してくれる一方で、本業である検索や広告も含めて、いろいろとマヌケな失敗もやらかしてくれるのが楽しいです。google streetでよそんちの洗濯物を覗き見したりして。これからもいろいろと創造力あふれる失敗に期待したいと思います。純粋に野次馬的な興味から。でも、google adについてはgoogleよりgoogle adを設置しているサイト側がマヌケなだけだと思いますが。
[PR]
by antonin | 2008-09-15 17:35 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://antonin.exblog.jp/tb/9502487
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by アッサ at 2008-09-15 18:41 x
そういう間抜けなブログサイトを運営しているものですが、何か? (笑)

個人的には、君の言う通りミスマッチがおもしろいと思っているのと、実際どれくらい的確なものを出してくる技術があるのかという部分への興味、そしてそもそもあんな間抜けなものをくっつけておいて金になるのかという興味で始めて今に至っています。
たぶんいくら稼いだかということを言及するのは規約違反になるかもしれない気がするのと、調べるのが面倒なのでここには書かないけど、「0ではない」のは確かです。
たまに確認すると思いの外稼いでて驚く、って感じだけど、でもそれで豊かにはなれません、少なくとも僕の場合は。 (笑)
Commented by antonin at 2008-09-15 21:29
>アッサ

どもども(笑)

結局のところ、わかってやってりゃいいんですけどね、面白いから。大真面目なサイトがAds by googleとか張ってるのも、ネタならいいんです。日経BPも、案外中の人はわかってやっているのかもしれないから侮れないな。

私はYahooあたりに個人情報売っていて、それなりに小銭を稼いでいますよ。最初に現金収入があったのはYahoo! BBの小額為替500円分でしたけど。あれは違うか。
<< 頭の体操的な何か 風雲!XXX城 >>


お気に入りブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル