安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
最新の記事
仲介したことはあまりないが
at 2017-04-29 03:36
サンセット・セレナード
at 2017-04-12 23:17
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
光は本当に量子なのか
at 2015-03-17 23:48
自分のアタマで考えざるを得な..
at 2015-03-06 03:57
折り合い
at 2015-03-01 00:19
記事ランキング
タグ
(295)
(146)
(120)
(95)
(76)
(65)
(59)
(54)
(45)
(40)
(40)
(39)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

書くという病

そこそこ文章は読んでいるが、考え事が巡ってしまって読書が進まない。草枕にしても、ようやっと3割程度読み進んだだけだ。今までに読んだあれやこれが、頭の中で巡り巡って、想念になって渦巻いている。異常なほどに気の散った文章を書き散らしているが、これでも想念の半分にも満たない。

雲雀は屹度雲の中で死ぬに相違ない。登り詰めた挙句は、流れて雲に入って、漂うているうちに形は消えてなくなって、只声だけが空の裡に残るのかもしれない。

前の職場では、遅い春の昼休みに漠然と工業団地の空き地を散歩していると、ひばりの声だけが聞こえたりした。ただ声だけがして、その声のほうを見るのだけれども、姿が見えない。しばらくすると声が変わって、急降下して空き地の草の上へと降りてくる。そしてまた忘れた頃に、歌いながら旋回しながら、また空高く上って空のまぶしさの中に消えてしまう。なんだあれは。

あまりに下らない、誰も読まないような書き物ばかりして夜更かししても、いずれはwebの中で死んでしまうのかもしれない。書き詰めた挙句は、流れてutf-8に乗って、漂うているうちに形は消えてなくなって、只言葉だけがネットの裡に残るのかもしれない。

ただ救いというものはあって、幸いに仕事には集中できている。現代的とはいえないCのコードを書いて、ちょっとしたアイデアとチューニングで出力精度と処理速度とメモリ消費を鼎立させたりして喜んでいる。こんなDOS時代を髣髴させるようなチマチマしたコーディングが許されている場というのは、現代では稀少だろう。こういう作業をしているときには、液晶にやられて目が痛いという以外の苦痛がない。

生きるために働く。食うためにではなく、休むために働く。職場では子供を抱っこする必要もないし、無駄な思索に脳を疲れさせる必要もない。どこかの教授にヘッドギアを付けられてテトリスをやっていた学生のように、雑念を払って集中しながら仕事をしている。ゲーム脳ならぬ、プログラム脳になって、呆けている。いずれは管理職的業務や営業職的業務などの人間味あふれる仕事も回ってくるのかもしれないが、まだしばらく猶予があるだろう。

書くという行為はもはや病気の症状でしかないのだけれども、この歳になるとそろそろ持病との付き合い方というものにも慣れていく必要が出てくる。歴史に名だたる偉大な文筆家に比べれば、質・量ともに屁のようなものなのだけれども、糞のような脳にはこれでもなかなかに負担が大きい。博士前期課程が最低要件だとして、あと24年掛かる。まぁぼちぼち養生していこう。
[PR]
by antonin | 2008-09-23 04:48 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antonin.exblog.jp/tb/9551512
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 釣りとか 来たるべきユビキタス時代に向かって >>


フォロー中のブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル