安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
最新の記事
アキレスと亀
at 2017-05-02 15:44
受想行識亦復如是
at 2017-05-02 03:26
仲介したことはあまりないが
at 2017-04-29 03:36
サンセット・セレナード
at 2017-04-12 23:17
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
光は本当に量子なのか
at 2015-03-17 23:48
記事ランキング
タグ
(295)
(146)
(122)
(95)
(76)
(65)
(59)
(54)
(45)
(40)
(40)
(39)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

田舎の騎士道

いろいろと思うのだけれども、まとまりが付かない。こういうときは、まとまりを付けないというのも悪くないのかもしれない。

--

いきなり、今日の漂着地。

今日の漂着地:「『君という、僕のために。』」より「運行表

中庸の徳」を検索していて漂着。

個人的には、詩というのはちょっとどうも苦手なのだけれども、若い頃に詩のような文章を書かなかったのかというと、決してそうしたわけでもなかった。

僕は僕のカタマリ

僕は僕をやめられはしない

移りゆく季節の中で、流れゆく社会の間で

僕が僕であることはきっと、誰かの愛であり誰かの憎しみである

そういうことを全身で感じることを僕はやめられはしない

優しさに包まれるときも、傷ついて落ち込むときも

全ての結果として、僕は元気でいると決めた
上記サイトの作品、「 僕のカタマリ・その壱 」より引用。

「まぁ、そんなものかもしれない」という口癖が付いたのは、そんなに昔の話ではない。

--

朝日新聞が赤字。日経とか読売とか、朝日新聞社を除く新聞各社から報道が出ている。新聞社の報道はあまり信用できないので、本当ならソースがあるはずだと探してみたが、なかなか見つけにくかった。どうにか、テレビ朝日のIR情報から、「親会社等の中間決算に関するお知らせ(2008年11月21日)」という歯切れの悪い一次情報を見つけた。報道機関には報道しない自由があるが、そうそう隠し通せるものでもないだろうに。

「営業利益 △504 (百万円)」だそうだ。「売却損」という言葉を初めて聞いた。だのに、なぜ、歯を食いしばり、君は売るのか、そんなにしてまで。大人の事情、というものなのだろう。

--

ぬるま湯日本に輝く才能 - エンタ - 日経トレンディネット

ぬるま湯日本と言うが、ぬるま湯に浸かってきたのは専らバブルの責任を取らずに「実績」に胡坐をかいているような人々であって、若い世代は概ね、社会全体としての「自然な自明性の喪失」であるとか、もっと単純に労働コスト削減の対象にされてみたりだとか、ぬるま湯とは言い切れない生活を送っているように思う。

まぁ、ある意味では確かにぬるま湯ではあるかもしれない。かつてのような熱気はもうない。かといって、凍死するほどに冷え切ってしまっているわけでもない。ここから安易に抜け出せば寒くて不快な思いをするが、今浸かっているのは先に入っていた人間の出した垢が浮いた汚いぬるま湯の中だ。一時の寒さに耐えて湯から出るべきなのか、あるいは湯を捨てて火を燃やして沸かし直すべきなのか、逡巡しているのが今の20代なのかもしれない。

そういう人々の中に、上記リンク先のような才能が生まれるというのは、むしろ必然と言うべきなんじゃないのか。

--

もういっこ書こうと思ったが、これはさすがに項を分けよう。
[PR]
by antonin | 2008-11-22 02:29 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antonin.exblog.jp/tb/9913069
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 編曲の力 「「「知」の欺瞞」の欺瞞」の欺瞞 >>


フォロー中のブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル