安敦誌


つまらない話など
by antonin
検索
最新の記事
アキレスと亀
at 2017-05-02 15:44
受想行識亦復如是
at 2017-05-02 03:26
仲介したことはあまりないが
at 2017-04-29 03:36
サンセット・セレナード
at 2017-04-12 23:17
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
光は本当に量子なのか
at 2015-03-17 23:48
記事ランキング
タグ
(295)
(146)
(122)
(95)
(76)
(65)
(59)
(54)
(45)
(40)
(40)
(39)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

<   2004年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ライフログ

安敦誌を始めてから2回だけCD類を買ったのをライフログに入力してみた。
けれど、市場が小さくて画像が登録されていない作品はさびしいなぁ。

スキンも変えてみた。
どうでもいいけど。
[PR]
by antonin | 2004-11-30 22:04 | Trackback | Comments(0)

偶然見かけました。(exblogリンク集)

他のExcite BLOGから紹介。
トラックバックでもなく、無断で。


"English Haiku"
その名のとおり、英語で俳句。日本語訳もあり。
2言語でどちらも詩として成立させるのは難しいのに、さらっと。
一日一句。

ランゲルハンス島の海
ランゲルハンス島」というのは、解剖学ないし生理学の用語なのだけれど、こちらのBLOGは本物の南の島の生物だったり生物でなかったりするものを、美しい写真つきで紹介してくれる。

"Ça va ?"
フランス、マルセイユでダンスを習いながら生活する方の日記。写真もあって、パリなどの大都市ではないフランスでの生活の断片が。

たとえばこんな イタリア語
イタリア語を本格的に勉強。文法、単語から。私は眺めてるだけで勉強なんかする気はさらさらないのですが、雰囲気を楽しんでいます。

笑える編。

ご利用はご計画的に。
「彼ら」の生態を激写。

再翻訳ブログ
以前取り上げた「軒ビーム」的なことを、全編にわたって適用。

すぎエモンのITコラム
技術用語の解説だが、設定が完全にネタ。笑えるかどうか微妙なところはあるが、個人的には好き。

その他、個人的に気にっているところ。

永遠のシエスタ

バス運転士とか色々そこらへん

おとうさんといっしょ。

おおブレネリ!わたしのおうちはどこ?

杏仁どうふ
[PR]
by antonin | 2004-11-30 21:26 | Trackback | Comments(0)

疲弊日誌

今日はGuinness
褐色の泡。オリーブとの相性は悪い。


今日の漂着地:「べ~すぼ~るパラダイス」より「雑文パラダイス
「ボクサーブリーフ」を検索していて到達。

今日は疲れているので、コメント無しで漂着地をもうひとつ。

第二の漂着地:「Astro Arts - アストロアーツ」より「天文ニュース


そろそろ朝霜が嫌な季節になってきた。
放射冷却のきつい夜は星が美しいが、寒くて長くは眺められない。
[PR]
by antonin | 2004-11-29 23:55 | Trackback | Comments(0)

普通日記

今日はちょっと早めに上がって病院に行ったのだけれど、昨日が休みだったせいか、混んでて入れなかったので、近所のシネコンの隣に新しくできたショッピングモールを偵察してみた。


これまでJR宇都宮駅の西側、東武宇都宮駅周辺まで行かないと楽しめなかったような店がいろいろ入っていて面白い。まあ、個人的なことを言えば休日は宇都宮で遊んだことがないので関係ないといえば関係ないのだけど、駅東に住んでる人には楽しみが増えたといったところだろう。

で、ぷらぷらと歩いていて、数点買い物をしてしまったので記録。

KALDI COFFEE FARMという店でTWININGSPRINCE OF WALESのティーバッグを2箱と、黒オリーブの瓶詰を1瓶。ティーバッグは安かった。会社で飲もう。

次に、HMVが入っていたのでざっと眺めてみる。すみっこにクラシックの棚があったので2点購入。
チャイコフスキー:ピアノ三重奏曲「偉大な芸術家の思い出のために」 スーク・トリオ 1,050円
詩曲(ポエム) 諏訪内晶子(VN) デュトワ/PO 2,800円

チェコの至宝、孫スークさんの演奏は一回だけ横浜で聞いたことがあります。すてき。


今日の気になったニュース:
「『ドラえもん』そっくりキャラ,米国政府関連団体のホームページに登場で物議」

上記ニュースを表示するには、無料の読者登録が必要です。
面倒な人は直接FCCのKidsZoneを見よ。(いきなりドラえもんモドキがしゃべるので注意)

FCCとは、アメリカ合衆国の連邦通信委員会という組織。日本の総務省みたいなところ。ニュース記事によると、「ドラえもんの著作権を管理している小学館によると,FCCへのライセンス関係はなく,FCCが勝手に描いたもののようだ。」とのこと。アメリカではドラえもんは放映されてないんでしょうか。知ってる人が見れば明らかにパクりとわかるでしょうに。
[PR]
by antonin | 2004-11-24 18:52 | Trackback | Comments(0)

思い出話

今日も貧しい食事だったが、BASS PALE ALEがささやかな救い。


gooニュースより。

行列できる店の元経営者逮捕

事件の内容はどうでも良くて、この「土佐っ子」というラーメン屋に、ちょっと思い出がある。

高校時代、今からざっと15年前のことになるが(もうそんなになるか・・・)、部活の合宿で学校に泊り込んでいたとき、夜中にこっそり抜け出し、チャリンコを転がして環七沿いの「土佐っ子」までラーメンを食いに行くのが、我々の恒例行事となっていた。

この店の名物といえば、豚骨醤油の上に煮えた背脂をザルでふるってバラバラとまき散らしたコッテリ濃厚なスープであった。器ももうギトギトで、手を滑らせないように注意しないといけない。

「行列の店」というが、その行列は直線ではなく、かといって蛇行でもなく、先に会計を済ませて食券代わりの割り箸を受け取ると、カウンターの後にカウンターの幅で並ばされる。織田の鉄砲隊の要領である。カウンターに達すると、立ち食いである。うしろの客の視線を感じながら、脇目も振らずに食う。

他の客はそうでもなかったが、我々は最後の一滴までスープをすすりきって、もたれる腹を抱えながら再び自転車を転がして帰るのが粋だと思い込んでいた。

その後に環七戦争やラーメンブームが起きたわけだが、その頃にはラーメンから関心が離れてしまっていた。今でもあの場所にラーメン屋はあって、相変わらず盛況らしいが、経営者も変わって、味も変わっていると聞く。

最近、ラーメンを食べるといえば近所の北京料理店「燕煕楼」ぐらいなものである。時流には乗っていないが、場所に似合わず本格的でうまい。
[PR]
by antonin | 2004-11-23 22:18 | Trackback | Comments(10)

肉食是か非か

今日は祝日の代休で休みでした。
というわけで、明日は出勤。


今日の漂着地:「動物のお医者さんが見てきたこと
こちらは、エキサイトブログのトップからたどりついた「動物のお医者さん日記」のオーナーさんのサイトです。

獣医としての実務経験から、いわゆる「動物愛護」の問題を中心に幅広い話題に言及しています。感情的な部分を前面に出して動物にかかわる産業を批判する意見は多いですが、こちらはご本人の実務経験を軸にしている分だけ、意見に説得力があります。(といって感情的な表現が見られないわけではありませんが、それを補って十分な論理があります。)

話題に上っている議論は幅広く、全部は追えないので、そのうちのひとつ、「肉食の是非」について考えてみます。

続きを読む
[PR]
by antonin | 2004-11-22 18:39 | Trackback | Comments(0)

もしかして・・・

いつもお世話になっているgoogleの話。

3,4日前のニュース。
Googleの「もしかして」が一時停止、2004年内に復活の見込み

ご存知かと思いますが、一応背景を。

googleで英語の単語を検索しているとき、単語のスペルが間違っていると検索結果リストの最上部に"Did you mean:"とともに、正しいスペルと推測される単語(とその単語の検索結果へのリンク)が示される機能がある。私のような英単語のスペルなどまともに知らない人間はこの機能に何度も助けられて便利だった。

で、これを日本語に展開した「もしかして:」という機能がgoogle日本語版にも登場したのだけれど、この日本語版の精度がひどかった。ありふれた単語を検索していても、突拍子もない単語を「もしかして:」と提示してくるのだった。

続きを読む
[PR]
by antonin | 2004-11-19 02:37 | Trackback | Comments(0)

復元日誌

失われた記事の記憶をたどりながら。


先日の異口同音:「現代用語のクソ知識」からの逍遥記録。

その1。
"PARQUE"から「悪夢の事典
トップページの明るさに対比してグロテスクな、悪夢の事典のページデザインにひるんで内容まで読んでいなかったのですが、数日おいて読み返してみるとなかなか面白いことが書いてあるので記録しておきます。最新の記事で2001年なのでちょっと時事ネタとして古いことも書いてありますが、その指摘する問題は現在も変わっていないので楽しめます。いや、楽しんでいてはいけないのかもしれないけれど。

その2。
杉田整形外科内科クリニック」より「現代用語のクソ知識
トップページからのリンクでは「無意味ダス」なんですが。整形外科クリニックの公式サイトとは思えない過激な発言があふれていますが、鋭いところを突いている意見も多く、一笑に付すことはできません。ここに通底している主義主張についてはあえて触れませんが、ひとつだけ気になった話しがあったので追求してみました。

続きを読む
[PR]
by antonin | 2004-11-18 22:52 | Trackback | Comments(0)

落胆日誌

1時間以上かかって書いた記事を誤って消してしまった。しくしく。
・・・まあ、そういう日もあるさ。



今日の冗句:「情けは水の如し。干れば則ち渇き、溢るれば則ち溺る。」

愛とは水のようなものである。
足りなければ欲しくなり、多すぎればおぼれる。
[PR]
by antonin | 2004-11-17 23:58 | Trackback | Comments(0)

異口同音とか。

また誰も読まないものを書いてしまった。

まあいい。


今日の異口同音:「現代用語のクソ知識」(186件)
これは、実は初めて「異口同音」のアイデアに至ったダジャレであります。どういうことかと言うと、あるダジャレを思いついてから、「ああ、こんなことを考える人は他にもいるんだろうな」ということで検索エンジンにそのダジャレを放り込んでみたらやっぱりいた、という最初の作品なのであります。また当時、検索結果を追っていって、あのキッチュな松尾貴史さんが既に本のタイトルに使っていたことがわかり、なかなか衝撃的でした。さすがキッチュ。

ところで、他にも「現代用語の**知識」という言い換えも膨大にあるらしく、また「**用語の基礎知識」なども多数存在する。

ムイミダス」というのも有名な線であるらしい。


最近Googleが情報収集効率を重視したのか、網羅性に傷が付き始めたので、YSTなども参照すべきか悩んでいる。まあ所詮目安なので当面Googleでいいだろう。
[PR]
by antonin | 2004-11-16 03:16 | Trackback | Comments(0)


フォロー中のブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル