安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
最新の記事
アキレスと亀
at 2017-05-02 15:44
受想行識亦復如是
at 2017-05-02 03:26
仲介したことはあまりないが
at 2017-04-29 03:36
サンセット・セレナード
at 2017-04-12 23:17
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
光は本当に量子なのか
at 2015-03-17 23:48
記事ランキング
タグ
(295)
(146)
(122)
(95)
(76)
(65)
(59)
(54)
(45)
(40)
(40)
(39)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

<   2005年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

雑念記

旧友となかなか面白い遊びをしてまいりまして、ただいま帰り着きました。不覚にもカメラを持たずに家を出てしまったため、レポートは後日改めることとします。

当然というかなんというか酒も入り、そうして家に帰るといつもそうなのですが、酩酊を過ぎてアルデヒドか何かの覚醒効果で眠れなくなっております。そうしたときは、平常時とも違う、酩酊時とも違う、ちょっとした脳味噌のフリーラン状態になってしまい、つまらないことをいろいろと考えてしまいます。まぁ単なる不眠のときでも似たような状態ではあるので、安敦誌のいつもの書き物と大差無いものでもあるのですが、少々夢見がちな内容になるので戯れに書き記してみます。


「人類を超える知性の創造に関する一考察」

人類を超える知性としてSF的想像を働かせると、第一に思いつくのは、小説「2001年宇宙の旅」における地球外の知性体でしょうか。第二には、超大型の中央コンピューターでしょうか。しかし、吟醸酒の賜物で思いついたのは、生命工学的産物としての知性でした。

過去、人間の魂の本質は脳を中心とした神経組織における電気化学的な一連の反応であるということが明らかになり、人間の脳を解析することにより知性の具体的原理を探り、またそれを模倣することにより人工的な知性、いわゆる人工知能を実現しようとする研究が20世紀に何度かの研究ピークを迎えました。

しかし、そのことごとくが人間の知性には程遠いレベルに終わり、あるいは人間知性の原理を解明し利用することは無理なのではないかという気分も、学術世界に繰り返し蓄積していきました。それでも個人的直感としては、いずれは神経細胞の膜電位の挙動や、パーセプトロンなどの原始的な超並列ネットワークを大規模に模倣するための技術的ブレークスルーが実現され、文字通りの人工知能が実現できると予感しています。

現在のニューラルネットワーク(神経網)方式の人工知能研究では、ソフトウェア的なシミュレーションか、現在のコンピューターで利用されている平面型の半導体による実装しか実現されておらず、ニューロン(神経細胞)やシナプス(神経細胞間の結節部)の数が人間の神経組織に比べて桁違いに小さい規模に留まっています。これを、三次元化し、人間の脳に匹敵する規模に編成できれば、かなり有効な実験ができるでしょう。

しかし、それには従来の研究方法では途方もない時間の先にしか到達が不可能であるという直感もあります。その一方で、人類はすでに別の鍵、遺伝子工学という技術を手に入れつつあります。先ごろ一人の人間のDNA中塩基配列の解読が完了し、そうして作られたビット列的な辞書にタンパク合成から生体の形質発現に至る、生理学的な意味付けを行う段階に入りました。

この、遺伝子工学的ルートから、人間の脳の挙動を解明することは難しいでしょう。その過程は、おそらく「複雑系」の極みであると思われるからです。それに対し「脳の大きさや形状に関係する遺伝子」を探し出すことは、それほど難しいことではないかもしれません。

ここからは生命倫理的な背景を無視したSF的仮想になりますが、その仮想を提示する前にこの操作の意味合いについて記しておきます。

まず、人間の脳を理解することの難しさは、それを理解するのが人間であるという点に由来しているように思います。というのも、人間は一人ひとり脳の大きさが違うものの、例えば病的でない範囲で一番大きな脳を持った成人と、病的でない範囲で一番小さい脳を持った成人を比較しても、平均的な人間と高等類人猿であるチンパンジーの脳の大きさほどの違いもないでしょう。

そして、そのばらつきの範囲内では、脳の大きい人ほど知性が高いという証拠も得られていません。脳全体の大きさだけでなく、ネットワークトポロジーや分泌系のバランスなど、多くの要素が人間の知性に影響していることが理由として考えられるでしょう。いわゆる「知性」と「感性」に対する振り分けなどもこうした要素に大きく影響されていると思われます。

そうした、どんぐりの背比べ状態にある人類の脳が、人類の脳自身を理解することができるでしょうか。別の表現をとると、ある回路規模を持ったネットワーク内に、同程度の規模を持つネットワークの動作を記述することができるかという問題です。

これにはひとつの方法があり、ネットワークがシンプルな個別動作と、それを順次つなげていったときの動作を記述すると、結果として全体が記述できるとき、数学的帰納法のような方法で、ネットワーク自体の規模よりずっとシンプルな形で記述することができます。ある時期のニューラルネットワーク的人工知能研究が目指していたのがこうした解です。

しかし、現実の脳はカオス的な複雑さの累積構造を持っており、単純な帰納的方法では記述できないように思います。結果的に、一人の人間は人間の脳について完全な原理を決して理解できないと、荒っぽく推論しました。人間の意識を作っているデバイスである脳の複雑さと同程度の複雑さを持った対象を理解することは不可能であるという予想です。

そうして出てくるのが、先述した遺伝子工学的方法です。人間と類人猿のDNA塩基配列を解析することで、神経系の組織化をコントロールしている遺伝子がある程度抽出できる可能性があります。ここから先はさまざまな意味での危険が伴いますが、工学的な楽観論からすると、脳など中枢神経系の組織ごとの細胞数や軸の長さ、シナプス数などをコントロールできるはずです。

いわゆる「設計された人類」のひとつとして、類人猿と人類との間にも匹敵する神経系規模の違いを持った、新しい生命を作り出すことも、可能性としては現れてきます。いわば、知性に先天的な優位性を持った人工知能ということになります。すると、自分自身と同等の複雑さを持ったシステムの動作を理解できないという、先ほどの予想に現れた制限事項が、ある程度緩くなることになります。

「彼ら」に現行人類の脳を研究してもらうことにより、結果的に電子的な人工知能デバイスを設計することも可能になるかもしれません。遺伝子工学的に神経系の規模を拡大する限界が「彼ら」程度であっても、ネットワーク理論として知的向上を可能とするような規模の拡大原理が明らかになれば、「彼ら」を超える規模の電磁気的な人工知能デバイスを設計することも可能になるかもしれません。

こうして地球に誕生した生命は際限のない知性の爆発的発展という段階を迎えることになります。ここから先は古典的SF世界の脅威論になりますが、こうした仮想的発展が現実的なものになると、現在繁栄を極めている現生人類は、まずは現在のチンパンジーのような位置付けに後退してしまいます。そして「設計された人類」に支配、あるいは保護される存在に堕してしまうでしょう。

これを避けるには二つの方法があります。ひとつは、「設計された人類」を生み出す前に、人間の脳の働きを人間自身がある程度解析できるのを待って、「設計された人類」を人類の脳を研究する知性以外の知能を持たない、現生人類の奴隷的存在として設計する方法です。

もうひとつは、現生人類の道を守ることを選択した個体を除いて、遺伝子操作によって前世代より大規模の神経系を持つ世代へと、果てしないバージョンアップ競争を自ら繰り広げていく方法です。途中で、細胞原理による生命から別の原理による生命へと移行するかもしれません。これにより、「設計された人類」はカッコの取れた人類の直系の末裔となり、カンブリア大爆発以来ともいえる生命進化システムの抜本的転換を迎えることになります。

この、第二の選択肢をとるとすると、冒頭に上げた「2001年宇宙の旅」的な、肉体と天体を超越した全宇宙的な知性へと飛躍してしまう可能性すらあります。もちろん、途中で進化論的ギャンブルの過程により完全に死滅してしまうかもしれませんが。

----------

といったわけで、年内最後の記事としては妄想炸裂でなんだか恥ずかしい限りですが、まぁ読む人も少ないので別にいいでしょう。来年は4日か5日ごろにまたなにがしか書く予定です。来年も安敦誌をよろしくお願いいたします。

それでは皆様良いお年を。
[PR]
by antonin | 2005-12-30 02:59 | Trackback | Comments(6)

テレビが面白い

といっても放送番組のことではなく、受像機たるテレビジョン装置の方です。

NHKが長年温め続けてきたハイビジョン技術が、BSと地上波のディジタル化でついに日の目を見ましたが、それに伴う大画面化の波とともに、テレビ市場の中心はCRT(ブラウン管)からPDP(プラズマ)やLCD(液晶)に移ってきました。

ところが一般にはあまり認識されていない事実として、プラズマテレビや液晶テレビの画質はブラウン管に劣っていたという事実があります。奥行きの薄さや重量の軽さ、画面のゆがみの少なさなどは当然プラズマや液晶がまさっているわけですが、コントラスト比、輝度、電力消費、動画性能などではブラウン管に一日の長があり、高級品である新ディスプレイテレビのイメージに隠れてはいましたが、画質は確実に水準低下していました。

それが今年に入って、材料、構造、駆動方式などのハードウェア面での改良が進み、ブラウン管と比べても遜色ない水準まで上がってきました。コスト的な問題は別とすると、もうブラウン管の置き換えとして十分評価できると思います。色調特性など、まだブラウン管と異なる特性もありますが、これまでの明らかに劣っていた状態と違い、好みの問題といえる程度になったと思います。


ただし、今が買いかというと、少し迷うところが何点かあります。一点は画質についてで、現在のハイビジョン放送はディジタル化していますが、動画圧縮に一般的な問題点として、動きのある部分のノイズが目立つというものがあります。これは店頭に並んでるテレビを見ても明らかに確認することができます。

これは放送の符号化方式とビットレートの問題であり、ある程度は仕方がない問題ではあるのですが、情報量の少ない部分にノイズが目立たないように受信側でソフトウェア的に処理することはできます。しかしハイビジョンの画像データ処理量は膨大であり、現在のテレビではプロセッサの処理能力は不足しています。ソフトウェアも開発途上でしょう。つまり改善の余地はあるがあまり手が付けられていない部分であり、この面ではこの先数年で大きな改善が見込めるでしょう。

第二の問題点は、ディジタル化に伴う著作権保護の方式です。ディジタル放送の開始に際して、コピーワンスという、1度だけコピー(正確には「ムーブ」)ができるような仕組みが盛り込まれました。しかし、このコピーワンスという著作権処理はユーザーに対して厳しすぎるため、テレビ放送から視聴者が離れてしまうことが懸念されています。その対策として、別の著作権保護の方式が検討されているようですが、現在すでに販売されている機器がどのような扱いになるのか定まっていません。

さらに、ハリウッドの映画会社各社が、映画ソフトを再生したときに、ハイビジョン画質のアナログ信号を出力することに難色を示しています。HDMI端子などでは暗号化したディジタル信号が扱えますが、D4端子のようなアナログ端子だけを装備したハイビジョンテレビでは、将来ハイビジョン画質の映画ソフトを見ることができない可能性も噂されています。HDMI端子付きのハイビジョンテレビを買えばほぼ問題はないのですが、まだ流動的な部分が残されており、不安は拭いきれません。


とはいえ、不安よりは楽しみのほうが断然多く、家電量販店に足を運ぶたびに物欲が増していきます。アナログ放送停波の頃にテレビを買い替えればよいかと思っていましたが、どうやら少し前倒しになってしまいそうです。
「シホンシュギハ コワイ」
[PR]
by antonin | 2005-12-27 22:52 | Trackback | Comments(4)

人口減少社会を統計で読む

日本人の人口、初の減少=厚労省の05年推計 | Excite エキサイト : ニュース

過去の記事で日本の男性人口の減少を告げるニュースを取り上げたけれども、ついに日本の総人口が減少に転じた。はじめにひとつ断っておくと、日本の人口が減少することそのものは決して悪いことではないと思う。狭い国土に人間がひしめいているのが、少しでも緩和すればそれもいいだろうと思う。

しかし現実はそうした楽観的な状況ではない。というのも、減少の程度が激しすぎるからだ。徐々に減少すればメリットの方が多いように思える人口も、2,3世代のうちに急激に減少すると、生産人口と老齢人口のアンバランスが生じて過去の社会保障システムが破綻する。

海外からの労働力を受け入れても問題が解決しないのは、現在のシステムではその労働力が生産する価値を社会保障に向けることができないからだ。彼らも祖国に親を持っているのに、どうして日本の高齢者の手厚い保護に必要な費用を負担してくれるだろうか。高い税金をかける方法もあるが、それで彼らが納得するだろうか。国際結婚を奨励する意見もあり、それは素晴らしいことではあるが、海外から「嫁を買う」ようなことにはならないで欲しい。

人口減少を食い止めるには、1.29にまで落ち込んだ合計特殊出生率を向上させ、人口の維持に必要な2.0少々という値に近づければいい。そのための方法は、例えば働く女性の育児を助けることような事だと考えていたが、ちょっとそれは違うのかもしれないと考え直してしまうような統計を目にした。

結婚した夫婦から生まれる子供の人数は、実は第2次ベビーブームの頃とそうたいして変わっていないのだという。それなのになぜ出生率が下がるのかといえば、晩婚化、非婚化によって出産年齢の夫婦が減ったからだという。

参考:「国立社会保障・人口問題研究所」より「第12回出生動向基本調査

ページの内容は要約だが、下のほうに全文のPDFへのリンクがあり、その5ページ目(表紙を入れると6ページ目)に問題の統計値がある。

すると、結婚した夫婦は30年前と同様に子供を産んでいるので、問題は結婚した女性が子供を育てやすくすることではなく、未婚女性が結婚したくなるようにすることだと考えられなくもない。しかし、この「完結出生児数」という数字の定義を見ると、結婚15~19年の夫婦に何人の子供がいるかという統計であるので、結婚が25歳くらいと仮定しても、40歳代の夫婦について取った統計といえるので、ある意味、子供を産む世代の最新の統計とはいえない。今後この数字も低下する可能性はある。

現在の20歳代の状況としては、結婚しないから子供が産めないのと、結婚しても子供を産めないという、両方の状況があるだろう。結婚しても子供を産めない、育てたくないという状況を解消するために、育児支援などを進めることは確かに少子化対策となるだろう。3人目の子供も、状況が許せば持ちたいという統計も目にしたことがある。

問題は晩婚化、非婚化の問題で、これに対して男女の出会いの場を増やすとかそうした問題解決を考えている人もいるようだが、もう少し冷徹な見方もある。

参考:「内閣府ホームページ」より「平成15年版 国民生活白書~ゆとりある未婚者

ここで、未婚者は男女、親との同居・非同居にかかわらず、未婚者では月当たり5万円あまりの可処分所得があることになっている。一方の既婚者は、男性が2.4万円、女性では1.5万円まで落ち込んでしまう。つまり、独身女性は結婚によって月の可処分所得が3分の1以下になってしまうことになる。

結婚して子供を産むのはいいが、自由になるお金が大幅に減って、しかも子供が生まれれば自分の自由になる時間も減り、最悪の場合家に閉じ込められて社会から隔絶されて家事・育児に忙殺されることになる。こういう結婚像に女性が不安感というよりも強い嫌悪感を抱いていることが主な原因ではないだろうか。

こうした心理的な障壁を取り除くには、男性の家事・育児参加や女性の社会進出という変化が必要だろう。当然そういう方向に進むべきではあるが、法律で私生活に介入することは難しく、文化的な変化には相当長い時間がかかるだろう。

結局のところ、社会システム的に可能なのは、子供を一時保育で預かり、お母さんに給付金を与えて買い物でもお食事でもしてらっしゃいというような策しかない。男性は捨て置くとすると、母親一人当たり月に4万円プラス保育料が必要ということになる。500万人の母親に月5万円費やすとすると、年間3兆円となる。将来の投資としてそこまでのことが果たしてできるかどうか。

出生率の回復で人口が一定値に収束するか、海外からの人口流入でアメリカのような多民族国家になるか、将来のことはわからないけれども、結婚や育児を恐れる余り年間30万件とも言われる人工妊娠中絶が行われているとするなら、それが本来必要なレベルまで減少するような社会の方が望ましいような気はしている。

参考:「厚生労働省」より「4 母体保護関係
[PR]
by antonin | 2005-12-23 00:43 | Trackback(3) | Comments(11)

どうでもいい話

MS、マック用『IE』のサポートを年内で終了 | Excite エキサイト : ニュース



アップルさん、Windows版のSafari出してください。
無料なら使います。

Safariを普及させよう。(使ったことないけど)
[PR]
by antonin | 2005-12-20 21:00 | Trackback | Comments(0)

散財録

リハビリテーション代わりに、散財録です。ボーナス出た割にはチマチマしたやつですが。

いつものお茶屋さんで、四大岩茶のひとつ、鉄羅漢をいただきました。風味はすぐれて、水色は美しい金色と、まさしく銘茶なのだけれど、かつて購入した武夷肉桂の強烈な個性ある香りに比べると、すっきりとまとまりすぎた感じ。武夷肉桂がまたまた大好きになってしまったのだけれど、家で入れて出したら「ほうじ茶みたい」と言われ大ショック。まぁ確かにほうじ茶も好きなんですけど。この色と香り、好きなんだけどなぁ。

単身部屋に買ってあった祁門(キーマン)茶を使い果たしてしまったので、こちらも購入。50gで¥483(税込)。あまり入手しやすくはないけれど、このお茶屋さんのおかげで手軽に購入できて満足。

帰途、コーヒー屋さんをうろついていると、サン・ミゲル(フィリッピンのビール)の缶が置いてあったので、すかさず購入。単身部屋には栓抜きが無いので、サン・ミゲルやアメリカのスチーム・ビールなどの瓶ビールを指をくわえて見ていたのですが、缶があったので買えました。(栓抜きぐらい買えばいいのだが。) 現地の洋上で瓶のサン・ミゲルを一回飲んだことがあるのですが、沖縄のオリオン・ビールに似た、南国風のすっきりしたビールだったように記憶しています。

休日、近所のスーパーに牛乳を買いに行かされたときに、つい魔が差してスペイン産の赤ワインを購入。税込で¥700ちょっと。「お酒を買うならビール券を使いなさい」と怒られました。チリ産とかスペイン産とかの安いワインが好きです。3年程度の若いワイン。どうも高級ワインは肌に合いません。

総じて、どうも安いものが性(しょう)に合っているようです。
[PR]
by antonin | 2005-12-19 00:12 | Trackback | Comments(8)

近況

b0004933_2084060.jpg

日没と赤富士。

と、つまらない写真ばかり掲げていても仕方がないのですが、このところPCに向かう時間がとれずにいました。つまらない文章よりはつまらない写真の方が害が無いかもしれませんが。

「はやぶさ」が事実上のプロジェクト中断に追い込まれてしまったり、ビル強度偽装問題でかまびすしかったりと、話題はいろいろありましたが、なんとなく、そんなことはもうどうでも良くなってきたりしていました。日銀総裁が量的緩和の終了を認めるような発言をしたり、長期金利がじわじわ上がってきたりしていて、多少の危機感はあるのですが、やはりどうでも良いような気分もしています。薬がよく効いているのかもしれません。
[PR]
by antonin | 2005-12-15 20:32 | Trackback | Comments(2)

夜明けの虹色

b0004933_821592.jpg

[PR]
by antonin | 2005-12-14 08:02 | Trackback | Comments(3)

師走の夜空

b0004933_0125413.jpg

夜半、眠れずにベランダに立つと、街の夜明かりにぼんやりと照らされた白い鳥が五羽、群れを成して東の空へ渡って行った。
[PR]
by antonin | 2005-12-10 00:12 | Trackback | Comments(0)


フォロー中のブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル