安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
最新の記事
アキレスと亀
at 2017-05-02 15:44
受想行識亦復如是
at 2017-05-02 03:26
仲介したことはあまりないが
at 2017-04-29 03:36
サンセット・セレナード
at 2017-04-12 23:17
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
光は本当に量子なのか
at 2015-03-17 23:48
記事ランキング
タグ
(295)
(146)
(122)
(95)
(76)
(65)
(59)
(54)
(45)
(40)
(40)
(39)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

つらつらとまでは考えない

かなりどうでもいい話。

最近はあまり特定のblogを購読と言うか定期アクセスしたりする習慣が消えたのだけれど、tumblrのdashboardなんかを眺めていると、ときどき特定のIDから特定blogの記事が引用されたりしていて、まれにリンク先へ飛んで全文を読んだりする。今回もそんな具合で「極東ブログ」の記事を読んだ。

吉本隆明の言う「精神の速度」について: 極東ブログ

ここで言う「精神の速度」というのは、「熱い社会」と「冷たい社会」の比喩で言う温度パラメータのようなものを指すらしい。熱力学の温度パラメータの場合だと、微視的には気体定数がボルツマン定数に化けて分子運動の平均速度の大小というあたりに落ち着くので、そういうものと対比したときの「速度」ということを言っているのだろう。まあそこらへんの主題は、私が吉本隆明という人を面相以外ほとんど何も知らないということもあって理解出来ない部分が多かったけれども、今回の私のネタはもっとずっと皮相な部分で、正月休み以降ちらほら目にする「つらつら」という言葉をここでも目にしてしまったことだった。

安敦誌を始めて間もないころ、知っているようで実は意味に確信が持てないような言葉をいくつかネット辞書に入力して遊んでみたことがあった。

安敦誌 : わたしの知らない日本語
つらつら 【▽熟▽熟/▼倩▼倩】

(副)
つくづく。よくよく。
「―(と)思うに」「港内の動静(ようす)を―窺ひ見るに/近世紀聞(延房)」

漢字の難しさはさておき、よくよくって意味だったんですね。「てきとうに」とか、「なんとなく」って意味だと思っていました。「つらつらとページをめくりつつ」なんていうと、熟読なんですね。

こういうのを辞書で調べてきて、現代人の多くが「誤用」しているなどと言ってあげつらう態度は私自身の嫌うところであって、日本語のネイティブスピーカーたる現代人の過半が新しい意味でその単語を用いていたら、もうその単語の意味は日本語において不可逆的に変化したのであり、むしろ辞書のほうが最新の用法を参照して改訂されるべきだと思っている。なので、finalventさんのような知識人が「つらつらと」を「熟熟と」という感じではなく「たらたらと」に近いニュアンスで書いていたとしたら、それが正しいものとして読むべきものだと思っている。

ただ、なんというか、知らなきゃいいものを知ってしまった面倒というのか、「つらつら」という、オノマトペだかなんだかよくわからない島言葉風日本語表現を目にするたびに、私の脳内で「たらたら」というイメージと「熟熟」というイメージの両者が同時に提示されてしまって、その前後の表現を読んでどちらの意味と取るべきなのか精査するというのが、半ば義務的な習慣になってしまった。「つらつら」を書いた主がお気楽父さんみたいな人物であれば、「熟熟」という選択肢は半自動的に棄却されて楽なのだけれど、問題は「だが私の精神・感性はそれを肯んじはしなかった」みたいな文章を書く知識人がその主である場合で、この場合には果たしてどちらの意味と取るべきなのか、ある程度前後の文脈を慎重に読み込むことが要求されるという厄介が生じる。ちなみに「肯んずる」は「がえんずる」と読むらしい。読みがわかってなお聞いたことがない言葉というものに久しぶりに出会った。意味はまあ、字面から肯定と知れるからまだいいのだけれど。

今回の事例では、冒頭に「正月ぼんやりとだが、『精神の速度』ということを考えていた」という一文があり、どうやらfinalventさんは正月にはぼんやりしていたらしいから、「つらつら」の部分も「熟熟」とは考えなくてよさそうだ、と結論した。そこはまあどうでもいいのだけれど、仮に「つらつら」の辞書的な意味がfinalventさんのような人物の耳に入った場合、その前後で果たして同じように「つらつらと」という文を書き続けることができるものだろうか、というのは少し興味がある。もし仮に辞書的意味を知らずに習慣的に使っている言葉なのだとしたら、是非耳打ちしてみたいという意地悪な衝動に駆られるが、まあ放っておくのがいいのだろう。

私自身は「つらつらと考えていた」みたいな表現を元から使わないほうだったので、辞書を引く前後で文章に変化が生じたりはしなかった。しかし、あの「ら抜き言葉」騒ぎ以降、実際に一段動詞とラ行五段動詞の区分についてかなり慎重になってしまったという経験もあるので、もし仮に「つらつら」遣いであったとしたら、もう面倒だから「つらつら」なんて書かない、という選択肢を取っていたんじゃないかと思う。「食べれる・しゃべれる・ミニストップ」あたりは全く抵抗がないが、「教えれる」とか「潜られる」なんて言葉を耳にしたときは、余計なことを言わないようにと、ちょっと無口になってしまったことがあった。ら抜き言葉についてはATOKが鼻につくCMを打っていた頃の記事があるので、そちらを引用して結。

安敦誌 : 日本語テスト
[PR]
by antonin | 2012-01-08 23:49 | Trackback | Comments(0)

財政とか

明治政府が優秀な人材を集めるために始めた恩給制度が、名前を変えて今に続いているものが共済年金で、それを真似て民間企業が始めたのが厚生年金なのだという。国民年金は少し性質が違うけれども、現役時代の給料が高いほど年金額が多く、原資を現役世代の稼ぎに依存するという年金制度の基本的な性格は、この恩給制度に由来するという。

日本の財政の問題点は、大きく2点からなる。ひとつは、人口ピラミッドが本当にピラミッド形をしていた多産多死の時代に合わせて設計された制度が、少産少死の時代になって機能しなくなっていること。もうひとつは、旧大蔵省の過剰な強権を嫌って各省庁が導入した特別会計が、国家予算として審議を受けない裏帳簿となって国内の経済を圧迫していること。

この二つの問題点を凝縮したようなものが年金問題で、このあたりをきれいに解決できないと、表帳簿である一般会計の借金問題を増税で解決したとしても、国家財政全体の問題は解決しない。松下政経塾のビジョンにそこまでの将来像があるのか、ちょっと調べてみたい。

野田さんは案外に食えない人らしいので、今は消費税増税以外のことまで気が回らないようなことを言っていても、余り周囲を刺激しないようにしつつも改革の着地点の像は持っているだろう。TPPにこだわって見せたのも、実は税制問題からマスコミの目を反らすためのブラフだったのでは、などと想像すると楽しい。そこまで狸かどうかはわからないけれども。

手始めに、最高額紙幣から私利主義の象徴のようなあの人の肖像を外すあたりから改革してくれると痛快だが、あえてそういう刺激的なことをしないのがドジョウ流らしいので、まあ気長に観察していこうと思う。
[PR]
by antonin | 2012-01-04 22:50 | Comments(0)

年のはじめの あのねのね

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

と、誰に言うでもなく。

--

年初なので特別なことでも書こうと思ったけれども、もはや日本の正月というのは子供のころに経験したようなしんとした正月ではなく気分もあまり平生と変わらないので、珍しくフルキーボードで入力できるという点のみいつもと違った感じで、適当に思いついたことでも書いていくことにしよう。

--

陸軍省と財務省は似ている。そんなことを思った。

野田政権が財務省の傀儡政権みたいな言い方をされることがあるけれども、今は財政が危険水域にある非常事態なのだから、財政のプロである財務省の意見に内閣が耳を傾けるというのはマトモな判断だと思う。基本的に菅政権が与謝野さんを引き入れたあたりからこの流れは確定路線だったので、それを野田さんが日本人向きのドジョウのような柔軟性と泥臭さで陽の当たるところに出し始めたということでしかない。

小泉さんが郵政という累代の宿敵相手に格闘していたとき、世間的な大儀として財政改革も旗印にしていたので、そのあたりの実務に竹中さんを引っ張り出した頃はまだ、国債も正攻法で何とかなる可能性をいくらか残していた。しかしその後に安倍さんが神州復活に怪気炎を上げて財政改革が一休みになったり、そうこうするうちにリーマンショックがあったりして、その後は累積国債も新規国債も安定した指数関数を描く発散路線に入ってしまった。

この段階になってようやく財務省が政治の主導権を握ったのだけれど、財務省というのは財務のプロであると同時に、財務の最高責任官庁でもあって、あからさまな財政破綻というような結末を自身で選択するという道は、あらかじめ塞がれているようなところがある。新書などでいくつかの説を読むと、日本国民が自暴自棄になって各自の仕事をぶん投げたりしない限りは、日本円の信用が底なしに低落するような事態にはならないらしい。とはいっても、やはりどこかで国と地方の「債務整理」みたいな事態は発生するのが必然らしく、公債がほぼ国内で消化されているという日本の公債構造上、そこで債権放棄を迫られるのは(その時点での)日本国民ということになる。

ものの本によると、全くの無策で残り3年、土俵際で問題先送りの粘り腰を最大限に発揮しても20年くらいで、日本の公債は「破綻」するらしい。その被害というのは、意外にも無策でドカンとやった場合が最悪で、粘りに粘った末では案外にソフトランディングに近い形に持ち込めるものらしい。まあ、頼れる奴が突然死するよりも、しばらく前からダメだダメだと言った末に息絶えるほうが、周囲の迷惑も少ないということなのだろう。で、そういう危機的状態、勝ち目は無いけれどもここまで来た以上は最大限の戦果を残して以後の交渉を優位に進めるべくプライドを掛けた負け戦をしている段階に、日本経済というのは入っているらしい。

そういう局面における責任をモロに負ったプロ集団ということで、日米開戦あたりの陸軍省と、今くらいの財務省は似通った位置づけにあるような気がした。日本軍が追い込まれた原因が欧米列強を刺激するほどの大陸利権拡張にあったとか、日本経済が追い込まれた原因が地価の過熱を止められなかった時点にあったとか、まあそういうことは言えるのかもしれない。けれどもそういうのはどうしても後知恵という面があって、国民の熱狂が冷める頃には局面がもう9割がた決しているということになりがちなのだろう。

自転車やスキーなどで空中に飛び出てからバランスを崩して、どう見ても怪我をするとわかりきっていても、なんとかダメージを最小にする姿勢を模索するときの妙な冷静さというものがあって、民主党政権を3代経験した日本国民の冷めた空気というのは、なんとなくそういうものになりつつあるんじゃないかという気がしている。

参謀本部でも、もとより負け戦だというのは戦略に通じた人ほど良く理解していて、それでも前線の士気というのは負けを意識した時点で使い物にならなくなるものでもあるので、最後の際まで「勝つぞ勝つぞ」で押し切る羽目になる。で、とうとう潮時がやってくると、中枢部は停戦を決議しなくてはいけないし、勝つぞ勝つぞで尻を叩いてきた末梢に対するけじめを付けないといけなくなる。実際には陸軍大臣が自決したりなんだかんだと物語があったようで、そのあたりは近いうちに本で読んでみようかと思う。

今の消費税増税論議も似たようなところがあって、消費税を増税することで財政破綻が回避できるというわけでもないのだが、かといって税制改革も未了の状態で財政破綻が直撃すると、「その後」が大変なことになってしまう。もちろん、国民の手前としては財政破綻を前提とした増税などというのは筋が通るはずも無く、あくまで財政の正常化を目指すという旗印を下げるわけにはいかないのだけれど、経済に通じた人ほど、それが実現不可能であるということを直視しているらしい。

まあ、とにかく具合が悪いらしいんですけれども、80年に1回くらいはそういうこともあるわいな、という気もしなくもない。願わくば東北の津波被害より小さい被害で終わるように、最善を尽くしましょう、と。

日本破綻を防ぐ2つのプラン (日経プレミアシリーズ)

小黒 一正 / 日本経済新聞出版社



決定版 日本のいちばん長い日 (文春文庫)

半藤 一利 / 文藝春秋



--

地球の丸さについて。

昔々、まだ20歳かそこらの頃、気まぐれに購入した天文手帳に載っていた天文定数表を眺めながら、アポロ探査機が月面にレーザー反射鏡を設置する以前は、どのようにして太陽までの距離を測っていたのだろう、などということを考えていた。

古代ギリシャの文化を生み出した人々は地中海貿易をする海洋民族で、地面が丸い地球と呼べるものであるということと、やはり丸い太陽が非常に遠くにあるということを経験的に知っていた。また、アレクサンドリアのエラトステネスは、シエネという町には夏至の日に井戸の底に日光が達する井戸があると知って、同じ夏至の日にアレクサンドリアの太陽南中高度を計ってみた。すると、シエネとアレクサンドリアには円の50等分角に相当する角度差があるとわかり、そこから地球の円周を25万スタディアと算出した、というような話が、理科の教科書に載っていた。

その後、ルネサンス以降のヨーロッパでは経度の等しい2地点間を精密に三角測量して子午線の長さを計るというプロジェクトが何度もあったらしく、フランス革命の余力を駆って、子午線(北極から赤道までの距離)の1千万分の1の長さを1メートルという科学的な測長単位とする、というような決定もされた。似たような感覚で、太陽系内の測長単位というのは地球の平均公転半径を1AU(天文単位)としているけれども、この1AU、つまり地球から太陽までの距離の測定方法というのが、ギリシア的な単純な方法でもなく、レーザー測距のような現代的な方法でもなく、その制定時点での手法としてはどのような方法だったのか、いろいろと考えてはみたものの、これといった結論は出なかった。

書店や図書館などで簡単に調べてもみたが、どうも直接的な回答を発見することはできなかった。そこで、当時のパソコン通信で、史実としてはどんな具合だったのかを質問してみた。史実はさておき、こういう方法だったんじゃないかという侃々諤々の議論などを経てから、プラネタリウム勤務の専門家の方から、幸いにも史実に基づく回答をしてもらえた。まずケプラーの法則から各惑星の軌道半径比率が求まっており、惑星軌道のかなり精密な定数は判明していたが、絶対的な距離だけはわからない、という状態があったという。次に、望遠鏡を使って金星、あるいは火星までの距離を三角測量し、そこから地球の軌道半径の計算に必要な定数を求め、結果として地球から太陽までの距離が求まった、ということだった。今なら検索で簡単に答えが見つかる。

参考:「暦と星のお話」より
星の距離を測る
金星の日面通過

のちには、軌道計算の済んだ小惑星の接近時にそこまでの距離を測定することで、徐々に計算精度を上げていったらしい。

で、太陽までの距離はともかく、地球が丸いということは確かに了解可能なのだと思った。現在の一人住まいは海沿いの道に面していて、海況によっては波音を聞きながら眠ることになるような距離にある。そこから太平洋を眺めると、大洋という印象に反して海は穏やかで、晴れた日には水平線がえらくクッキリと見える。もしも地面が世界の果てまで平坦だとすると、空と海を区切る水平線というのは無限のかなたにあるはずなのだが、実際に目に見える水平線というのは、あまりにもはっきりとしすぎている。地面というか海面が大きな球だとすると、水平線が近くにあってくっきりと見えることに矛盾が無くなる。

それから、港から出て行った船が、案外簡単に水平線の上に乗ってしまう。これも同じく、水平線が世界のかなたにあるとすると説明がつかない。教科書にあったように、水平線に乗った船が下から見えなくなっていくというのはまだ確認していないが、矯正視力0.7程度の私の目でも、水平線にきれいに乗った大型船を確認することができる。帆船の時代ではないので、仮に船が沈んで見えていたとしても貨物が重くて喫水が深くなった状態と区別することも難しいだろう。

そういう具合で、海沿いに暮らすと地球の丸さなども実感できるというのが面白い。大陸に1年とか、地球周回軌道に1ヶ月とか、月面に1週間とか、とにかく異質な環境で生活した経験があるというのは、その後の感覚に何かしら違いをもたらすものなんだろうなと思う。水面下に潜ることを趣味にしていた時期があって、それはそれで新しい感覚があって面白かったが、水平線の見える土地で生活したことは無かった。水平線だけでなく、この土地では月の無い夜には5等星あたりまで平気で見えたりするので、状況が許せば久しぶりに天体観測などもしてみたい。

--

宗教とか信仰とか、そういうものについても日々考えているが、あまり新しい解釈が出てきたわけでもなく、眠くなってきたのでまたいずれ。

おんぼうじしったぼだはだやみ。
[PR]
by antonin | 2012-01-02 01:42 | Trackback | Comments(0)


フォロー中のブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル