安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
最新の記事
酔論
at 2017-08-22 01:23
婦人画報創刊号
at 2017-07-07 01:36
アキレスと亀
at 2017-05-02 15:44
受想行識亦復如是
at 2017-05-02 03:26
仲介したことはあまりないが
at 2017-04-29 03:36
サンセット・セレナード
at 2017-04-12 23:17
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
記事ランキング
タグ
(296)
(148)
(122)
(95)
(76)
(65)
(59)
(54)
(45)
(41)
(40)
(39)
(33)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

<   2013年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

国家の忘恩

最近は海外で日本文化を褒める話を拾ってきて和訳するサイトが流行しているが、ああいうのを読むと、やっぱり日本文化って素晴らしいな、とは思えなくて、他人の行状を自然に褒められる海外のネットワーカーの文化って素晴らしいな、とか、そちらに目が向いてしまう。まあ、海外にも汚い意見は多数あって、単に翻訳されないだけなんだろうけれども、それでも実際、日本のネット論壇ほどにはギスギスしていない印象がある。国内の某匿名掲示板でも、VIPだけは独特のおっとりした雰囲気があったけれども、最近はどうなんだろう。

で、そういう海外の声を聞くと、フランスなんかでは日本文化が比較的受容されているのに対し、イギリスではあんまり評判が良くない感じがするのはなぜなんだろう。もちろん言語バイアスみたいなものはあるので、英国人(イングランド人ではなくUKの人)なら誰でも基本的には英語で発言するが、フランス人は国際文化に寛容な人は英語で発言するけれども、排他的な人らなら当然フランス語で発言するから、そちらは日本人の翻訳圏外に至りがち、ということはあるだろう。言語バイアスのあるフランス人の英語発言は日本文化を含めた異文化に好意的で、言語バイアスがなくドメスティックな意見まで英語で書かれるので日本から簡単に読めてしまうイギリス人の発言のほうが、異文化に厳しいという傾向は出るかもしれない。

ただまあ、finalvent氏みたいにフランス語を勉強してフランス人のドメスティック領域に首を突っ込む気はないので、ここは仮にイギリス人よりフランス人のほうが日本文化に好意的であると仮定しておく。とすると、その理由について何かうまい説明は可能だろうか。そういうことをときたま考えていた。で、あるときひらめいたのだが、実はイギリス人から見た日本人というのは、ひどく恩知らずな国民なのではないか、と、そんなことを思った。

私は明治時代の歴史にはあまり詳しくなくて(というより歴史全般に、かもしれないけれど)、断片的に見聞きするエピソードをつなげたような知識しかないのだが、そういう知識で簡単に考えると、日本海軍はイギリス海軍のコピーであり、日本陸軍はプロイセン陸軍のコピーであったらしい。憲法とか国民学校とかは陸軍と同じドイツ系の由来を持っていて、鉄道とか紡績機械とかそのあたりは海軍と同じイギリス系の由来を持つという、ざっくり言うとそういう感じだったらしい。

で、明治初期の時代には多くのヨーロッパ人が指導者として来日したけれども、中でもイギリス海軍は日本に惚れ込んで、かなり親身になって日本海軍を育ててくれたらしい。日露戦争で日本海軍がバルティック艦隊を殲滅できたのも、そもそもロシアの西端に基地を構えるバルティック艦隊が、極東海域までノコノコ遠征してきたのが最大要因であり、そうなるようにロシア海軍をそそのかしたのも、移動途中の補給線でじんわりと利く意地悪をして艦隊を弱めたのも、当時世界の海にネットワークを持っていた英国海軍の根回しあってこそ、という話を聞いたことがある。

そのあたりの「陰謀論」の真偽を測る知識もないのだが、カレーライスが国民食になったことも含め、英国海軍が明治の日本に及ぼした影響は甚大であったらしい。そうやって手塩にかけて育てた日本海軍と大日本帝国が、国際連盟の常任理事国にまで招き入れてやった恩義も忘れ、後ろ足で砂をかけるように国際連盟を脱退、果てはナチスドイツと同盟を組んで宣戦布告、鬼畜米英などと抜かす始末。

日本では戦後にこのあたりの情報は国民の頭からやんわりと消されていくのだが、英国のパブリックスクールなんかでは直近の外交史としてきっと生々しく教えられているだろう。で、過去は過去として表面上だけでも穏やかに接してやろうと思っても、現代日本人が英国人に対して開口一番何を言うかと思えば、「イギリスって食事がまずいんでしょ?」なのだから感情もこわばるというものだろう。このあたり、日本と直接交戦した歴史もほとんどないわりに、今では食い物で褒め合っているフランスやイタリアあたりとは大違いの部分でもある。宮崎駿さんもこないだの会見でなんか言っていたし。

最近、反日活動のしっぺ返しというのか、日本が併合期の朝鮮半島に対してどれだけ資本的、文化的投資をしてやったか、というような話が頻繁に聞かれるようになったが、そういう話を聞きつつ思うのが、チョンマゲを落としてから近代軍装がサマになるまでに、いったいどれだけ英国が日本に対して資本的、文化的投資をしてくれたのだろう、という事だった。

戦後のアメリカによる対日投資というのは日本人ならば誰でも知るところなのだけれど、その占領統治政府が抹消にかかった明治政府の意義の中に、英国から受けた恩義というのが多分に潜んでいて、明治政府の歴史と一緒になって消されてしまったのではないかと思うようなった。

日本人に馴染みの深い英語由来の外来語は、米語としてはおかしいものの、イングランド語としてはそこそこ通じる音が多い。アメリカの船に拾われたジョン万次郎さんは「ワラは水なり」みたいな辞書を作ったらしいが、その後の日本では「ウォーター」という音が広まった。これはゲルマン臭のキツい米語の発音ではなくて、ラテンっぽく母音を明瞭にするイングランド語の発音に近い。こういう部分にも外来語が外来した当時の日英の関係が影響しているのではないかとも思う。そういえば夏目漱石先生の留学先もイングランドだった。

人の振り見て我が振り直せ、というのか、英国人の紳士的慎ましさと、たぶんドロっとしているだろう怨念のようなものに、少し思いを馳せてみてもいいのではないかと思った。どのみち、日本の近代史にはいずれ手を出さないといけないのだけれど。
[PR]
by antonin | 2013-10-30 00:20 | Trackback | Comments(2)

代休日誌

「信用収縮」の件は、用語の使い方が間違っていたので一旦引っ込めた。面倒。

--

先週末、XPの発売翌日にインストールしたマシンのパーツをごっそり入れ替えて、ケースは当時のままでOSを更新した。Win7にしようかとも思ったが、どうせハードディスクの管理とメール処理以外には滅多に使わないマシンなので、勢いでWin8にしてみた。で、先日Win8.1に更新もしてみた。使ってみた感想としては、"Windows" を名乗るのは看板に偽りありというくらいWin7までとは別物のOSだった。Windows互換機能も持っているけれども、それは新OSの一機能に過ぎず、基本は「別の何か」の方だった。これは企業では使えないはずだ。

方向性は間違っていないと思うけれど、置き換えではなくて並走を選択すべきだったんじゃないだろうか。まあ、実質Win7とWin8の並走状態で落ち着いているけれども。調べると、リボンUIを推進した人がWin8も開発したらしい。なるほど、という感じがする。大きい会社が小さい会社のように動くとこうなるという見本になっている。あくまで売り方が悪いだけで、Win8自体はなかなか良いOSだった。スピンアウト企業のスタートアップ製品とかだったら良かったのに、という気がする。

他方で、最近は我が世の春を謳歌しているAppleが、往年のMicrosoftみたいな挙動を示すようになっていて面白い。iOSなんかを触ってみると、Appleがサードパーティの参入を禁止している分野のアプリに限って機能・性能が悪かったりして笑える。Amazonは電子書籍だけが端末から購入できないし、音楽再生アプリは「次に再生」という基本中の基本という機能が欠けていたりして、独占ってやっぱり良くないんだなと思った。googleでもMicrosoftでもいいので、強い圧力をかけ続けてほしい。iOS7がWin8からのパクリ仕様満載とか言われていて、時代は変わったものだと思う。

そういえば、富士フィルムがコンパクトカメラ市場から部分撤退するらしい。寂しい。コンパクトカメラ市場もいずれは電卓市場のように2社くらいが残存して安定するのだろう。バイクのように4社くらい残ると面白いけど。そうするとHondaのポジションにCanonが入って、KawasakiのところにRicohが入るような感じか。YAMAHAとSuzukiのイメージに合う企業はわからない。NIKONはYAMAHAというよりNissanな感じなので。OlympusがいくらかSuzukiっぽいか。

--

昼は外でとんこつラーメンでも食おう。
[PR]
by antonin | 2013-10-21 11:17 | Trackback | Comments(3)

消費税と懐疑的思考

リフレ派の理論を色々と集めているのだけれど、日本でもその理論が成立するという感覚がまだつかめない。理論としては整然としているし、また欧米の合理的な市場では比較的理論に忠実な挙動を示す感じも伝わってくるのだけれど、合理的な市場を成立するために欧米で行われている諸々のコントロールがほとんど成立していない日本の市場にまでその理論が成立するというところまで外挿できる情報にまだ行き当たらない。うーん、という感じ。

論理(Logic)というのはその制約の範囲内で信用できるのだけれど、理論(Theory)というのは制約範囲がわかりにくいので、個人的にはあまり信頼していない。特に経済学と教育学の理論は信頼感が低い。アクションからレスポンスまでの時間スパンが、人類の学習能力に対してあまりに長すぎるから、実験はできても検証が難しいという点で共通している。

国家に借金がある場合はそれを返済する努力をしないと悪性インフレになる、というのは論理に基づいた推論の結果ではなく、過去の経験による理論だ。まあ後付けの論理推論も存在するけれども。こういったものを疑うのは妥当だと思うのだけれど、だからといってその対局にある成分を多分に含んだリフレ理論を頭から信用するのも、あまり利口な態度には見えない。ただ、まだリフレに対する私の疑心は直感的な範疇の中にあって、論理的な穴を見つけるところまでには至らないのが腹立たしい。

日本のデフレはひとつに需要の不足と供給の過剰という原因があって、その根には輸出を過剰に保護して輸入を過剰に防御している貿易障壁が自由貿易による為替の均衡を狂わせていたから、と、今でも思っている。このあたりにはTPPが利いてくるはずだ。もうひとつの心理的な要因として、日本が世界に誇る国家による国民皆保険としての健康保険と年金制度があるのだが、それらが制度疲労によって持続可能性に対する国民の強い不信を買い、そのために特別会計という巨大金融システムが信用収縮を起こした、というものを考えている。

こちらの信用収縮に対しては、福祉目的税としての消費税を増税することが、国家はまだ国民皆保険制度を破綻させるつもりはないというメッセージになり、多少は信用の維持に働くので、デフレ阻止の効果があるということになる。ただまあ、制度疲労の根本は何も改められていないので、将来への不信感という意味では焼け石に水みたいなところはあるんじゃないかとも思っている。

普通に考えて、在野のエコノミストよりは財務省と日銀を信頼するほうが妥当な判断だろう。日銀が馬鹿だと言えるほどの自信はない。日本のマスコミは信頼出来ないのに海外のマスコミが傍目八目で信頼出来るという気もしない。東電なんかは実務のプロであるにもかかわらず原発を爆発させてしまったので、プロならなんでも信頼出来るというわけではないが、GEとか東芝の技術者たちはそれなりに信用しているし、東電でも現場の担当者はやはり信頼が置けると思う。経済のプロについても、だいたいそういう感覚で見ている。

解雇要件の緩和は結構だが、いわゆるセーフティーネットの部分をちゃんと整備しないと、企業活動における固定費の弾力化による競争力強化の利得なんて、いつ路頭に迷うかと戦々恐々とした暮らしの中で被雇用者が支出を絞る信用毀損による損失一発で吹き飛び、むしろ大穴があくんじゃないかと思える。失業しても案外なんとかなるよね、という社会的な実績と信頼がないと、解雇要件の緩和は日本経済にトドメを刺すんじゃないかという気がする。

--

「絶対にAに違いない」と思うのが「信じる」ということだとすると、それを疑うというのは「Aではないかもしれない」と思うことである。ところが、人々は(大変知的な人であっても)「絶対にAではないに違いない」と思ってしまう。これは結論が表と裏の関係にあるだけで、疑うのではなく信じているという点で何も違いがない。

まあ、人間の頭で「疑う」というのを正確にやるのは非常に難しい。疑うという行為を突き詰めると、「当たり前」の水準まで破壊してしまうことがある。これを「自然な自明性の喪失」というのだけれど、自然な自明性というのはとても大事なものであり、これを失うと、ありうることとありえないことを簡単に区別する基準がなくなってしまい、しばしばありえない結論に飛びつくことになってしまう。

論理的に考えるといろいろの推論が出てくるのだけれど、人間の頭というのは結論に対して「そういう結論もあるのか」と感じたり、「そんなわけないだろ」と感じたりする機能があって、これはだいたい正しい結論を出す。ただ、疑うことを徹底し過ぎて自然な自明性を喪失すると、「そんなわけないだろ」という歯止めが利かなくなり、創造的な発見をする可能性が出てくる一方で、狂ったような妄想に取り憑かれることもある。私は一時期この水準まで行ったんだと思う。

そして、もっと生理的に、聴覚や視覚の動物的認識という低水準まで自然な自明性がぶっ壊れると、いよいよ幻聴や幻覚が現れてくることになる。「そんなことあるわけない」という機能の崩壊が、意識下の水準で発生してしまう。私はこのレベルには達したことはないが、地続きではあったな、という感覚もある。

だからなんというか、人間の脳の生理にとって「信じる」ということは健全なのだけれど、一度は自然な自明性を失った身からすると、信じる人の信念の強固さには感心するやら呆れるやら、そういう感覚がある。

--

今日のところは「経済」と「懐疑」のあたりで終わりにしておこう。時間も時間だし。リーク情報のクレンジングとしての陰謀論ジャーナリスト、というか、ベンジャミン・フルフォードさんを情報エージェントとして位置づけて見るとなかなか面白いよ、なんていう妄想話も考えていたのだが、またそれは別の話ということで。
[PR]
by antonin | 2013-10-21 02:48 | Trackback | Comments(0)

ノーベル賞とか

帰宅途中、産経新聞のアプリにアラートがあって、「村上春樹」「ノーベル賞」だかっていうキーワードがあり、「へぇ、そんなことないだろうと思ってたけど、本当にあるもんなんだな」とか思った。で、アプリを開くと、紙面が出ない。なんだそれ、と思って調べると、どうやら誤報、というか、事前作成していた記事が誤って送信されてしまったものらしい。号外ってこういう作り方してるのねん。面白いものを見た。でもまあ、富士山も文化遺産ということでなんとか世界遺産にねじ込んだし、韓国ロビイストがノーベル財団を怒らせたりしたら、案外に村上さんの受賞なんてこともあるのかもしれない。

で、今回のノーベル・プライズの目玉と言ったら、なんと言ってもあのヒッグス先生の受賞だろう。ヒッグス先生はNambu先生以上に理論物理学界隈では知らない人のいない存在だったようなのだけれども、工学者であったノーベルさんが設立したノーベル賞の伝統として、理論学者が受賞するには理論の実験的実証が必須、という条件がある。アインシュタインさんが相対性理論ではなく光量子理論の方で受賞したのも、光電効果の測定による実証データが蓄積されていたからだった。

で、今年になってスイス・フランス国境のLHCでヒッグス粒子の生成が確認されて、めでたくヒッグス先生のノーベル賞受賞となった。齢80歳。そもそも、あの馬鹿でかい高性能装置が建設されることで観測可能になる事象はいくらでも予想されていたのに、理論上はほぼ存在が確実視されていて、実在の確認によって新たな情報が得られる可能性の少ないヒッグス粒子の検出が、なぜ最優先で進められたかといえば、そもそもそれは稀代の理論物理学者であらせられるヒッグス先生のご存命中にノーベル賞を捧げるためのプロジェクトだったから、というのが大方の解釈だった。今年の物理学賞でヒッグス先生に授賞しなかったら、それはノーベル賞の恥でもあった。まあ、小林・益川両先生の時もそんなことが一部で言われていたけれども。

そういうお祭りって、物理屋さんの中でもあるもんなんだな、ということで、ちょっと和んだ覚えがある。無事達成できてご同慶の至りである。

--

なんだか最近ヘリウムが不足しているらしくて、ディズニーランドから風船販売が消えた、なんていうニュースもあったが、最近どうなっているんだろう。

アメリカ議会、ヘリウム販売の延長を可決 | スラッシュドット・ジャパン

へぇ。備蓄を切り崩してるんだ。でもなんで冷戦が終わるとヘリウムが余ったんだろう。今度調べてみよう。で、ヘリウムは天然ガスから採取されるらしい。なんでだ、と考えてみると、比較的単純な仕組みがわかった。

地球の大気中には、重たいアルゴンみたいな希ガスは含まれているけれども、水素やヘリウムのような軽いガスはほとんど存在しない。水素はまあ、放っておくと酸化されて水になってしまうというのもあるけれども、基本的には軽い分子は大気の上層まで押し上げられて、大気圏の外層に集まる。そうすると、太陽風に吹かれて太陽圏の外側に向かって流れ出してしまう。だから、地球に存在するヘリウムは、岩石中に閉じ込められた天然ガスなんかと一緒にしか存在できない。

ただ、そんな軽いガスがいくら地中とはいえ、地球創世からそんなに大量に残っているとも思えない。で、ヘリウムの出どころを考えると、それは減速されて電子をまとったアルファ粒子なのだろうという結論になった。地殻の天然鉱物の中にも放射性同位体はそこそこ含まれていて、そのうちの一部はアルファ崩壊をする。そうすると、アルファ崩壊によって放出されたアルファ粒子は、近くの原子に激突しながら、しかし核融合を起こすほどのエネルギーもなく、減速していく。最終的に十分減速すると、第1作のターミネーターばりに周囲の原子から電子を奪って、ヘリウム4の単原子分子としてその場に留まるようになる。

そういうふうにしてできたヘリウムが、地質学的な時間で地層の中に蓄積されると、天然ガス中のヘリウム、という形で採取可能になるのだろう。だからまあ、ヘリウムが欲しければ、アルファ崩壊性の放射性同位体(RI)を集めて封じておけばいい。よほど大量にRIを集めないと実用になるほどの量のヘリウムは採取できないだろうけれども。

昔々の学生実験で、溶液中から溶存ガスを除去するのにヘリウムパージなんかをやっていたけれども、今はそのパージしたヘリウムをちゃんと回収しないと怒られてしまうらしい。世知辛い世の中である。個人というのは、貧乏には耐えられても貧乏臭いのには耐えられないものだが、組織というのは貧乏臭いのには耐えられても貧乏には耐えられないものだから、勢いそういうことになるのだろう。

--

最後にweb logなど。

Meteorites

「隕鉄 シュテーテン」で検索。

以前、「ウッドマン・シュテーテン模様」という言葉で何か書いたが、本当は「ウィドマンシュテッテン模様」というらしい。あらまあ。ナカ点すらないのか。

それはともかく。上記サイトによると、現存太陽系の1世代前にあった原始太陽系の生き残りみたいな物質が、稀に隕石として落ちてくるらしい。地球にある各種元素ができるには恒星内部での核融合反応が必要で、それが恒星爆発により一度ぶちまけられて、その一部が再凝集して再び恒星になったのが今の太陽で、カスを集めたのが地球のような惑星だという。特に鉄より重いような重元素の合成には超新星爆発の強烈な圧縮が必要で、地球表面にもウランなんかがザラに分布しているのも、先代の太陽が派手に爆発した証拠となるようだ。

その前のビッグバンの温度シミュレーションから、宇宙の晴れ上がり後に生成された元素は、水素が3に対してヘリウムが1くらいの割合で、それより重い元素は全て恒星反応によるものらしい。そういう歴史をいろいろと抱えながら隕石が落ちてくるというのは面白い。隕鉄の出どころは火星と木星の間に分布する小惑星帯で、小惑星帯の出どころが昔あった中規模の惑星の衝突による崩壊だったりすると、いろいろと想像が湧いて、これも面白い。

iStone 鉱物と隕石と地球深部の石の博物館からカーボナタイト - iStone

ここに出てくる、「熱した墨汁のような溶岩」というのも、一度見てみたい。赤くなくても、触るとやけどすることには変わりない。

地球に大陸と大洋がある理由は、ジャイアントインパクトがあった時に原地球にぶつかった方の天体(テイア)の表層を形成する岩石層が、半分は飛び散って月になり、半分は地球に落下して大陸になったのではないかと思っているのだが、どんなもんなんだろう。マントル対流があるから、そういう事情がなくても大陸は出来るのかもしれないけれど。

--

さて、寝よう。もう4時か。
[PR]
by antonin | 2013-10-11 04:01 | Trackback | Comments(0)


フォロー中のブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル