安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
最新の記事
アキレスと亀
at 2017-05-02 15:44
受想行識亦復如是
at 2017-05-02 03:26
仲介したことはあまりないが
at 2017-04-29 03:36
サンセット・セレナード
at 2017-04-12 23:17
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
光は本当に量子なのか
at 2015-03-17 23:48
記事ランキング
タグ
(295)
(146)
(122)
(95)
(76)
(65)
(59)
(54)
(45)
(40)
(40)
(39)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

タグ:おバカ ( 59 ) タグの人気記事

陰謀論は愉しいぞ

日航123便は中性子爆弾によって破壊されたなんて、陰謀陰謀、はい陰謀。

世界はイルミナティの系譜を引く300人委員会による新世界秩序に向かっているなんて、陰謀陰謀、はい陰謀。

--

北朝鮮が、工作員を送って人さらいをしているなんて、陰謀陰謀、はい陰謀。

中国が、進出してきた企業の株式を共産党幹部にタダ同然で取得させているなんて、陰謀陰謀、はい陰謀。

--

「厄介なジャーナリストが例の情報に感付いたようだ。然るべき対策を取れ」
「消しますか」
「それは冗談で言っているのか? これは三文小説じゃないんだぞ」
「では、どうやって・・・」
「同じ情報を、あのイカレ頭にリークしてやれ。誰も信用しなくなる」

--

ヒトラーの予言なんて、陰謀陰謀、はい陰謀。はいはい、ホロコーストはなかったよねー。

労働者が資本に搾取されているなんて、陰謀陰謀、はい陰謀。時代に取り残されたマル経信者乙。

--

まぁ、なんだろう。鵜呑みにするというのは傍目にも馬鹿らしく見えるものだが、頭から否定してかかるというのは、傍目にはクールに見えるものだ。

ユダヤにだって、ある程度は人の恨みを買う要素があったのだろうし、殲滅されたテンプル騎士団はヨーロッパとエルサレムを結ぶ道を通じて金融業を営んでいた。利息、あるいは利殖というシンプルな目を通してみると、大いに視界が揺らぐ。半分は虚像だが、半分は虚像の先に垣間見える実像だろう。

思考停止とは、意外にも両極に存在する。その両極から離れて立つというのは、非常に難しいことなのだ。自戒も込めて。(と最後につけるとかっこいいかも。陰謀論が好きなだけ)
[PR]
by antonin | 2009-07-24 02:10 | Trackback | Comments(0)

献血のお願い

ニュース系は消えるのが早いので、著作権侵害だがコピペしておく。パーマネント・リンクならこんなことしなくても済むのだが。

b0004933_05133100.jpg


--

カネはないのだけれども、半期分の小遣い予算の一部を取り崩してヘッドホンを買ってみた。今月は少し外食(豚丼とか)を控える必要がある。

SONY ステレオヘッドホン MDR-SA1000

周囲に人間が多数存在する環境下で仕事をするのがつらい状態が続いている。とりあえずこれで自分だけの環境を構築し、仕事に集中できるようにしたい。次はサングラスか。

昔は世間にSony信仰のようなものがあって、性能に対して妥当な価格よりもだいたい2割くらい割増された金額で売買されていたため、Sony製品を意図的に避けていた時代があった。最近ではそうした信仰心も薄れてきたようで、だいたい妥当かむしろ割安な製品が増えてきた。最近は我が家にもSony製品が増えてきた。特にヘッドホン類は装着性がよくて故障も少なく、さらに価格も量産規模のためか割安のものが多いため、Sony製を愛用している。昔はJVCの製品を愛用していたのだけれども、ある時期から粗悪品が混ざるようになったため、今は買わなくなってしまった。

落ち込んでいるときは、チャイコフスキーを聴いて徹底的に落ち込む。学生時代に大学生協で1枚1000円くらいのムラヴィンスキー/レニングラード交響楽団のCDで交響曲の4,5,6番を買って聴いていた。だがその響きがあまりに気に入ってしまったため、自分の中で曲の印象が変わってしまうのが恐くなり、それ以来二度と他の演奏による4,5,6番は聴いていない。4番の2,4楽章が好き。初めて聴いたときは、こんなにメロディアスな交響曲があってもいいのかと驚いたが、最近はこのくらいでないと満足できなくなった。

落ち込んでいないときは、ドヴォルザークを聴いて楽天的になる。この人は今では単に田舎臭い作曲家として認識されているけれども、若い頃に書いた作品や、祝典のために「いかにも」な作風とは異なる作品を要求された際に書かれた作品などを聴くと、全く別の作曲家の手によるものかとも思える曲に仕上がっており、この人は本来器用に様々な曲を書けるほどに勉強していて、それでいて当時の聴衆に一番受けのよい土着的な曲ばかりを書いていたのだということがわかる。晩年にあれだけワーグナー風の曲を書いておいて、代表作はブラームス風の作品が多いというのも、当時の楽壇における「政治問題」の影響もあったのだろうし。

母の背に負われて子守唄を聴いて育ったので、やはり短調の音楽でないと泣けない。好きな曲にはホ短調が多いが、ホ短調が他の短調とどれだけ違った雰囲気になるのか、楽典も作曲理論も知らない私にはわからない。生まれて初めて泣いた曲は、スラヴ舞曲の第10番だったと思う。ジョージセル/クリーブランド管弦楽団で、CBS/Sonyのカセットテープだった。Type-2のテープでDolby B-NR録音だったと思う。当時我が家にステレオセットはなかった。

60年代の演奏は叙情的で良かった。今のクラシックは、上品だが乾きすぎている気がする。録音技術の影響というものもあるのかもしれない。ウェットよりはクリア&シャープが求められているのだろうから。
[PR]
by antonin | 2009-07-19 00:48 | Trackback | Comments(0)

ダークブラウンの憎いヤツ、登場 <広告>

濡れたような光沢に包まれた、上質なダークブラウンの輝きが、驚きを加速する。新・コックローチ、誕生。

数億年の時の流れに洗練された無駄のないフォルムが空気抵抗を最小限に抑え、高い運動性と低燃費を高水準で両立。6足独立懸架式多関節サスペンションを高度に制御することで得られる、サイズを感じさせない静粛性と滑らかな走り。暗い夜道を走れば、決して目立たないながらも、すれ違う人の目をとらえて放さない、圧倒的な存在感。伝統のロング・アンテナによる障害探知能力は、アクティブ・セーフティー・コントロールの象徴。燃料ポイントの位置情報などをすばやく察知し、狭い路地も楽に通り抜ける安定性も実現。伝統と先進の高度な融合をご堪能いただけます。

7月中は夜間路上走行デモンストレーションを各地で開催中。7/18,19,20は商談会実施中です。お近くのトラッシュ・ステーションへお越しください。

※※※ チーム・ノー・ジェットスプレー ※※※
コックローチは、地球温暖化の原因となりうるジェットスプレー缶の全廃運動に協賛しています。氷結ジェットスプレー缶商品全廃運動の際には、皆様のご協力をたまわり大変ありがとうございました。
[PR]
by antonin | 2009-07-18 04:01 | Trackback | Comments(0)

恐怖の殺人チワワ

東京都文京区在住のチワワ(8才男・無職)が、飼い主を目で殺したのを通行人に発見され、通報を受けた警察に逮捕された。▼チワワは警察の取調べに対し、「ブームが去ってから冷たくなった飼い主に不満を持っていた。ついウルウルしてしまった。今は反省している」と述べ、犯行を大筋で認めているという。▼近所の住人の話によると、飼い主の男性は最近になりミニチュアダックスフントを連れて散歩している姿が頻繁に目撃されており、警察では事件と関連性があると見て、動機の追及を続けている。(社会)
[PR]
by antonin | 2009-07-18 03:21 | Trackback | Comments(0)

人生負けるが勝ち

まぁ、そういうことにしておこう。

--

最近になってようやく、exblogで許可されているブログパーツの中から、ブログペットとかいうものを設置してみた。ペットは別にどうでもよくて、単にまともなアクセス解析が欲しかっただけだ。ついに安敦誌の検索キーワードを完全解明できたのだが、ふたを開けてみると「メルクマール」ばっかりだった。なんだ、やっぱりそうかよ。

一部ではPC-UNIX系で無線LANデバイスを使うネタが受けているようだが、果たして実際に参考になっているのかどうかまではわからない。ある程度長期的に観測してみないと面白い結果は出てこないだろう。でもまぁ、「座高は90センチある」とかいう検索キーワードを入れてここへやってきた人があって、その人はいったい何を求めていたのだろうかと想像できるのが、新たな楽しみになっている。やはり、完全な調査にはそれなりの価値がある。

調査というと、私はメールアンケート調査などに登録していて、個人情報を切り売りして小銭を得ている。これもやはり、小銭よりも「今、どんな企業がどんな調査をしているか」を私のような個人が知るという、密かな楽しみを対価としている面が強い。一時は自動車メーカーの調査ばかりだったが、最近はそれらが鳴りを潜め、育児・教育関係のアンケートが増えてきた。

我が家がそういうカテゴリーに属するからこそ、そういうアンケートばかり来るのはもちろんなのだけれども、それにしてもあの莫大な物量のダイレクトメールがどの程度の効果を上げているのか、企業サイドとしても確認したくなる段階に達したのだろう。個人的には、単純に広告効果が飽和点に近づいているのだと思う。

かつてはDM投入量に比例した加入者数があったのだろうが、もう広告に釣られる家庭はあらかた加入してしまったのだろう。どんな成功戦略も無限には続かない。保守的で広告に釣られない家庭というのは、一定数あるものだ。そうなると、豪華なサンプリング費用が単にコストとなって、経営にのしかかってくることになる。某出版社の今後の動きに注目したいと思う。

もし私が掃いて捨てるほど金を持っていたら、個人でアンケートを実施してみたい。真面目なものより、くだらないもののほうがいい。こういうのはどうだろう。

Q1. 次の中で、最も怖いと思うものをひとつ選択してください。深く考えず、直感的に怖いと思うものを選ぶようにしてください。

(1) 体重2トンのクロゴキブリ(トヨタ・クラウンと同じくらい)
(2) 時速160kmで飛んでくるダーツの矢(松坂大輔投手が全力で投げてくる感じ)
(3) 昔のインターネット(精神的にもソフト的にも物理的にも人間的にもブラクラを踏みやすい)
(4) 宝くじを買ったら2兆円当たった(79日間あらゆるメディアで報道される)
(5) 目覚めたら、今までの人生が全部夢だった(いわゆる夢落ち)

回答された方には、抽選で300名様に200円を差し上げます。

ご依頼主様のご負担金は、謝礼費6万円、調査費20万円の他、サービス税10%、個人情報補償金8%、データ管理料3000円/月となっております。(オプション費用については別途お問い合わせください)

いいな、こういう商売。ある意味、アンケートというのは実業におけるアクセス解析みたいなもので、企画担当者としては是非とも知りたい情報なんだろうな。それを活かせるかどうかは別として、まずは実際の反響を知りたいものだろう。

--

真実を知りたい気持ちは確かにあるが、最後はマトリクスに戻って、何も疑問を持たずにうまい肉を食いたい。これが、弱い人間の正直偽らざる気持ちなんじゃないだろうか。そういう気がする。囚人にとって最良の戦略とは、看守を打ち倒すことではなく、模範囚としてふるまうことに違いない。ニヒリズムとは、ほんのわずかだけ異なる。開き直りと言おうか、悟りと言おうか。名前の如何に関わらず、薔薇は薔薇だろう。
[PR]
by antonin | 2009-07-16 23:05 | Trackback | Comments(4)

暮らしを支える

ぼーくは 三丁めの 拳銃ですー♪

あーめのひ かーぜのひ 街角に 立ちー♪

通りを ゆく人 狙っていーまーすー♪
[PR]
by antonin | 2009-07-08 00:16 | Trackback | Comments(0)

粋な丁シャツ

「丁字路」を「ティーじろ」と読んでもあまり違和感を覚えないが、「Tシャツ」を「丁シャツ」と読んでしまうと違和感がひどい。形は一緒じゃねぇかよぅ。

'D'を「ヂー」と書き表すのはさすがにどうかと思うが、「デー」と書くのは、案外悪くないのではないかと思う。「実はフランス語読みなんです」とかいう言い訳が可能だし、電話口で'G'と間違えられる心配もない。そういえば我が家のマンション名は似非イタリア語なので、電話口でまともに伝達できたためしがない。「ハイツ某所」とかでいいじゃねぇかよぅ。あ、でもマンション名がスワヒリ語ってのもいいかもしれない。「ヌュムバ赤坂」とか。こういう感覚があるから日本のアパートメント名はますます混迷を深めていくのか。

スワヒリ語辞書 (スワヒリ語・日本語)(スワヒリ語教室)

さっきまでもう少し深みのある話をしようとしていたが、もうこの路線で行ってしまおう。諸行無常である。

「公園、小学校に程近く、スーパーも便利な立地です。二方が川に面し、夏には花火大会も楽しめます」という売り文句で、物件名は『メソポタミア高島平』。これなら一般的で電話口での通りも良いでしょう。

坂本龍一さんの影響なのかなんなのか、かつて島歌系琉球民謡が日本発の音楽として流行したことがあったようだが、これからの時代はアイヌ文化ですよ。土着の息吹。物件名は『カムイコツ熊谷』。

アイヌ語辞典
アイヌ語・原野関係地名

ベトナム風の佇まいがお洒落な『コンヴィエンニャ代々木』。

ネイティブな発音が聴けるベトナム情報サイトベトナム語大辞典

しかしまぁ、こういうバカなことをするのにもネットは便利ですなぁ。そして、おバカなことが書けるようになったのも家族と観音様とお大師様のお陰です。南無大師遍照金剛
[PR]
by antonin | 2009-07-06 00:03 | Trackback | Comments(2)

川柳 by Sarah Rieman

これって、やっぱりリーマンになってみないと味わえないものがあるよな。「そんな愚痴を言うくらいなら、家計ぐらい自分で管理しろよ」とかいう批判はナンセンス。みんな、状況を楽しんでいます。

どれも甲乙付けがたい面白みがあるのですが、あえていくつかピックアップ。

#98 xxxxx xxxxxxx xxxx
うまい。でもまぁ、それでも何もしないよりいいんだと思います。

#86 xxxx xxxxxxx xxxx
そう、「家計にたとえるなら」何度も経験済みです、こんなもの。でも、こう考えると日銀の隠れた奮闘振りがいとおしく見えてくるものです。巧妙が辻。

#59 xxx xxxxxx xxxx
#75 xxxxxxx xxxxxxx xxxx
ええ、私が日々訴えているところであります。ひねりは足りないような気がしますが、似たようなものが2件出てくるあたりに切実さがあります。

#61 xxxxxx xxxxx xxx
あはは。でも、昔は憧れだったのに今や誰もやりたいと思わない、という意味では同じかもしれません。

#31 xxxx xxxxxxxxxx xxx
・・・遠からず、こういう未来が来るのだろうなぁ。

#81 xxx xxxxxx xxxxx
今はまだこちらですけどね。


ええ、引用が「xxx」ばかりでフラストレーションがたまると思いますが、これもコンプライアンスのためと思って涙を飲んでください。堪え難きを堪え、忍び難きを忍ぶのが日本のサラリーマンです。

サラリーマン川柳「100句」|サラリーマン川柳|第一生命保険相互会社
※作品の著作権は、すべて第一生命に帰属しています。無断での転載、使用はご遠慮ください。


最後に一句。


    川柳の 著作権まで 吸い取られ


頑張れ日本のサラリーマン!
[PR]
by antonin | 2009-02-10 12:58 | Trackback | Comments(4)

都市伝説誕生秘話

「あいつ、まだジャブをやってやがるのか。つくづく懲りないやつだなあ」
「えっ、シャブ? なんですかそれは?」
「ん? シャブ?」
(んー、"jab a vein"というと麻薬注射を打つことなんだが、そんなことを説明してもこいつにはわからんだろうなぁ)
「えっとな、こういうことをしてると、ヤクザに骨までしゃぶられるから、シャブってんだよ」
「あ、なるほどー、勉強になります」
[PR]
by antonin | 2009-02-10 12:04 | Trackback | Comments(0)

時機を逸したネタとか

まぁ、仕方があるまい。たまにはこういうこともある。闇に葬ってもいいが、悔しいので風葬にする。合掌。

--

提言:「日韓両国は今こそ相互不可信条約の締結を」

(日韓は速やかに相互不可信条約を締結すべき。両国の異常な関係を打開すべき。みたいな文章が入る予定だった。以下、用語解説)

「相互不可信条約」:二国間条約のひとつ。両国が相手国を互いに信用していないことを互いに認めるという擬似互恵的国際条約。具体的には、通商および情報交換において一定の規制を設けることに対して、両国ともこれを相手国側の正当な行為と認め、相手国側にそれを撤廃することを求めないことを約束するものである。国際政治学的には、政治的緊張関係にある両国が、その緊張関係が思想的あるいは経済的なものに限られ、軍事的対立が存在していないか重要でない場合に限り有効性が成立する条約であるとされている。二国間で相互不可信条約が発効した場合には、両国はそれを国連に申告し、両国関係がカッテニャテッロ状態であることを国際的に認めさせることができる。

「カッテニャテッロ状態」"Cattegnatello state":
社会学における用語。対立する二国が互いに対立していることをあえて認めることで、二国間関係が暫定的な安定状態に落ち着いていることを指す。通常の国交を樹立した二国間関係では、両国民の間に相互不信や相互批判が生じた場合でも、両国政府は表面的には穏健で相手国に配慮を見せた態度を取らざるを得ない。すると政府と自国民との間に感情的な対立が生じ、国民感情がますます悪化するという現象が生じる。これに対しカッテニャテッロ状態にある国家では、政府も相手国に対する不信や批判を黙認するため、政府と国民感情の対立が緩和する。この結果として一般的なケースではむしろ、国民の相手国に対する批判意識が徐々に低減する傾向にあることが知られている。国家間関係に限定せず二者関係全般に一般化することで、社会学分野で広く用いられる用語となった。

Vittorio Cattegnatello : ヴィットリオ・カッテニャテッロ (1536 - 1584)
「ビトリオ・カテニヤテルロ」とも。イタリア、ミラノ出身。エステ家の傍系。カトリック教会の枢機卿。イングランド国教会とカトリック教会の対立に画期的な見解を示し、現実的な解決をもたらした。
「互いの見解の違いが存在し、一方が他方を、他方が一方を相互に批判する状況では、相手に批判されていること自体に感情的な反発が生じ、もはや冷静ではなく理論的にも破綻した批判をもって応酬することになる。そこには発展的な価値はなく、そうした行為は神の御心に沿うものではない。両者が互いに異なる解釈を持っていることを冷静に認め、相手による自勢力への批判と自勢力による相手への批判の存在を等しく認め、その批判に対して相互に許しを与えて互いに心の平穏を保つことこそ神の導きに従う道である」と述べ、その後の両者の関係は「融和なき安定」に至った。

「相分離状態」"phase separation state":
カッテニャテッロ状態と同じものを指す用語。カッテニャテッロがカトリック教会の聖職者であったことから、国連では宗教的に中立な用語として相分離状態という用語を公式に採用している。相分離とは、水と油が溶け合わずに分離し水相と油相に分離したような状態を言う。これに例えて、相互に融和はしていないが、なおかつ安定している状態を言い表している。

・経団連会長の談話
「政治的にはいろいろとあると思うが、経済的には既にそうした(相互不可信の)状態にあるので、正式にそういう(条約の)締結がなされるのは歓迎したいが、実質的な変化は無いのではないか」

・国連事務次官の談話
「(国連の正式見解ではなく)あくまで個人的な見解としてだが、このような実効的な関係が結ばれることは国際社会からも歓迎されるのではないか。(相互不可信の)関係を明確にすることで、交渉が進めやすくなる分野も多いだろうと思う」
[PR]
by antonin | 2008-11-27 03:57 | Trackback | Comments(0)


フォロー中のブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル