安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
最新の記事
アキレスと亀
at 2017-05-02 15:44
受想行識亦復如是
at 2017-05-02 03:26
仲介したことはあまりないが
at 2017-04-29 03:36
サンセット・セレナード
at 2017-04-12 23:17
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
光は本当に量子なのか
at 2015-03-17 23:48
記事ランキング
タグ
(295)
(146)
(122)
(95)
(76)
(65)
(59)
(54)
(45)
(40)
(40)
(39)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

タグ:おバカ ( 59 ) タグの人気記事

エサを与えないでください

タイトルに意味はありません。

--

「笑いは副作用のない薬です」などと、CMが言っている。それを聞いて、いやいや、笑いにだって探せば副作用があるはずだ、笑いすぎてオナラが出てしまったら、それは副作用と認定可能なのではないか、などと考え出してしまうのは、アマノジャクな人間のいつものクセである。こういうのは、決して「批判的精神」とか「懐疑的態度」とは呼ばない。アマノジャクで十分だ。

--

"gachupin"という単語が存在することを最近知って衝撃を受ける。征服民族の末裔だったのか、ガチャピン。

被征服民族であり、毛むくじゃらであったことから差別的扱いを受け続けてきたムックの祖先たち。末裔がどのようなスポーツも軽くこなしてしまうことからも明らかなとおりの、驚異的身体能力に恃んで異民族を蹂躙したガチャピンの祖先たち。そんな陰惨な歴史を持つ彼らが、手に手を携えてラテンアメリカから自由の国アメリカに移住し、かつて蔑みの意味を伴った「ガチュピン」を「ガチャピン」と英語読みにして愉快な愛称に変えてしまった。そんな彼らが極東の島国で子供たちを魅了し続ける。

そういったストーリーが無駄に想像された。無駄すぎる。

--

無駄すぎる。ムダスギル。므다수길。こう書いてみると、なんだか朝鮮語みたいだ。

関係ないが、朝鮮語ではア(아)とイ(이)がくっついてエ(애)という音になる。なので、二重母音のアとイも自動的にくっついてしまって、エの音になってしまう。なので、現代("Hyundai")という単語も、朝鮮語ではヒョンデ(혁대)になるらしい。

日本語も似たようなところはあって、エーとかオーとかいう長母音や、ユーとかヨーといった、朝鮮語で言う半母音の長母音に対して、「えい」とか「あう」とか「いう」とか「えう」という二重母音表記を使ってきた。だから「てふてふ」はチョーチョーと読む。この表記のせいで日本人はA(エイ)とかJ(ジェイ)といった二重母音を発音する習慣が無く、エーとかジェーと発音してきた。O(オウ)をオーと読むことが問題となるということは、日本人には非常に理解しづらいものがある。

実は英語やドイツ語にだって似たようなところはあって、euという表記を英語ではユーと読むことが多いし、ドイツではほぼオイと読む。EU統一通貨のEuroも、ドイツじゃ「オイロ」らしい。ヨーロッパ人はラテン文字を共有しつつも、各言語で適当に読みたいように読んできた歴史が長いためか、このあたりの違いには非常に鷹揚であるように見える。日本でも金大中をキンダイチュウと読んでいた時代のほうが自然だったように思える。

東京あたりでは「あい」や「おい」と書いてエーと読む習慣があるのかないのか、「大きい」という意味の単語である「でかい」をデケーと発音するし、「凄い」をスゲー、「強い」をツエーと言ってみたりする。「弱い」はヨエーというが、WAIの-AIが-E~に変化したのだとすれば、ワ行のWE~に相当するはずなので、ヨヱーとするのが正しいのかもしれない。「お前、超よゑーよ」

無駄すぎる。考察として無駄すぎる。

--

今日の異口同音:「郵政からの物体X」(170件)

郵便局が民営化してしまって、謎のゆうパックが届いたときにこのネタが使えなくなってしまったことに、いまさら気付いた。どうだっていいのだけれども。
[PR]
by antonin | 2008-03-03 00:43 | Trackback | Comments(2)

さようなら松下、さようならナショナル

松下電器産業株式会社が「パナソニック株式会社」に社名を変更 | プレスリリース | ニュース | 松下電器産業株式会社

ややオールド・ニューズではありますが、今回のパナソニック・グループのディシジョンをリジョイスしたいと思います。ドメスティックなコンシューマー・マーケットは、今後シュリンクしていくことがシュアリーにプレディクタブルなのであり、このようなマーケットにストレインせずにグローバル・カンパニーであることをこのステイジでストリクトリーにディクリアするのは、アプロプリエイトなことだと思います。

もうすでに松下の家電部門は「松下ホームアプライアンス社」となっており、これが「パナソニックホームアプライアンス社」となっても、むしろこちらのコーポレイション・ネイムのほうがフィーリングとしてはずっとコンフォータブルです。「松下電器産業」もハーフウェイに「パナソニック」とせず、グローバルなエクセレント・カンパニーの日本マーケットにおけるローカル・コーポレイションに過ぎないということをデモンストレイトするために、「パナソニック・ジャパン」とリネイムすべきだと考えます。

今後、「ナショナルの家電製品」が「パナソニック・ホーム・アプライアンス・プロダクツ」となることで、「家電製品一覧」は次のような「ホーム・アプライアンス・アイテム・リスト」に変わり、パナソニックというインターナショナル・ブランドを日本のコンシューマーにインプレスすることでしょう。

左:旧製品分類 → 右:ニュー・プロダクト・カテゴリー

「冷蔵庫」 → 「リフリジャレイター」または「フリッジ」
「テレビ」 → 「TV」または「ヴィデオ・ディスプレイ・ターミナル」
「掃除機」 → 「ヴァキュアム・クリーナー」
「洗濯機」 → 「ウォッシング・マシーン」
「食器洗い機」 → 「ディッシュ・ウォッシャー」
「電子レンジ」 → 「マイクロウェイヴ・オウヴン」
「炊飯器」 → 「ライス・クッカー」
and so on ...

日本ではゴッド・オブ・マネジメントとレヴァランスされた、かのMATSUSHITA, Konosukeさんも、パナソニックのディターミネイションを聞いてジ・アザー・サイドできっとサティスファイドなことでしょう。リボーンするパナソニックのローンチをシンシアリにコングラチュレイトしたいと思います。
[PR]
by antonin | 2008-01-20 05:28 | Trackback | Comments(4)

屈折率

光やら電磁波やらを透過するものには、屈折率というものがある。

屈折率が高いということは、光の速度が遅いということと同じである。

光の速度は常に一定だが、それは真空中の話であって、物質中ではそうではない。

屈折率の高い物質は誘電率と透磁率の積が大きい。

すると光の速度が落ち、屈折率の変わり目では光が屈折する。

人間にも屈折率はあるだろうか。

屈折率の高い人間を通過する情報は、速度が遅くなる。

屈折率の高い人間は、情報について考えたり影響を受けたりする傾向が高い。

すると情報の通過速度が落ち、屈折率の高い人間を通過する情報は屈折する。

屈折率の低い人間は、情報に流されやすく見えるが、実は情報を軽く受け流している。

そんな屈折率の低い社会を流れてきた情報が、屈折率の高い人間に当たって屈折する。

屈折した情報は、散乱されて拡散して霧散する。

ただ、屈折率の高い物質を磨き上げてレンズにすれば、その先に光は像を結ぶ。

屈折率の高い人間も、珠のように磨き上げれば、やはりその先に情報の像を結ぶだろうか。

何かグダグダと情報を透過しているが、それが意味を持つには磨き方が重要なのか。

などとブツブツと考えていると、ますます屈折率が上がっていく。
[PR]
by antonin | 2007-12-28 02:49 | Trackback | Comments(5)

東京ガスに捧ぐ

「余はナポレオン・ボナパルトである」

「あ、そうなんだ」

「知らないの?」

「いや、ちょっと知ってるかも。
 そうそう、ナポレオンの辞書には、やっぱり『不可能』は載ってないの?」

「言わずもがな。
 余の辞書に不可能の文字はない」

「すげー。さすが」

「実は、余の辞書には『可能』の文字もない」

「ほんと?」

「たりめーよ。
 どんなご立派な計画を立てたって、実行してみなきゃわかんねーのよ。
 余が進軍せずして、いかなる史家が余の計画を評価せん」

「なるほどねー、あんたいいこというねー。
 ところでナポレオン、オール電化とガスパッチョ、どっちがいいと思う?」

「住んでみなければわからん」

「そうだよね」

「ちなみに安敦の住居はオール電化である」

「あ、それ言っちゃだめ」
[PR]
by antonin | 2007-09-24 17:03 | Trackback | Comments(0)

国連へ「日本難民」認定要請へ

Yahoo!ニュース - 産経新聞 - ネットカフェ業界 遠のく女性客…「難民」呼称に反発

最近、「ネットカフェ難民」という言葉をよく耳にします。これは、低所得者層が定住できず、やむなくネットカフェのような終夜営業の店舗で寝泊りしている実態を指摘したものです。

しかし、この「ネットカフェ難民」という言葉に対し、終夜営業のサウナで寝泊りする「サウナ難民」の存在や、家に帰るのが面倒という理由から終夜営業のファーストフード店で夜明かしする「マッ○難民」などの存在が指摘され、「難民」認定される層が厚みを増しています。

この傾向はしばらく拡大することが予想され、一部の進歩的な論客の間では「非正規雇用のために安アパートにしか住めない労働者は、郊外の広い家屋に居住することは難しく、むしろ都市部の学生向けアパートなどに居住していることが多い。これらは『都心型ワンルーム難民』であると言えるのではないか」との指摘が出ています。

より進歩的な評論家によれば「グローバリゼーションが進んだ世界では、より安い生活費で生活でき、より快適な環境を求めるのが合理的な経済現象であり、そうした環境に人口が集中するのが自然である。賃金比で世界の相場に比べて高額な居住費を要するにもかかわらず、その広さは世界的に見てみじめなくらい狭小な住宅に住み続けるというのは非合理的な判断である。そうした世界情勢の中で、世界中に職を求めることができず、日本という特定地域にしか居住できないような層そのものが、『日本難民』とでも呼ぶのが妥当である」との意見が見られます。

これを重大な人道問題であると認識する一部市民団体が、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)に対し、「日本難民」の難民認定と、日本からの救出も含めた人道支援の申請をしました。これを受けたUNHCRの広報担当官は「この『日本難民』は従来の難民の定義を大きく覆すものであり、慎重な審査を進めている」との見解を示しました。















嘘です。
そりゃそうだ。
[PR]
by antonin | 2007-09-23 16:48 | Trackback | Comments(0)

にほんごであそぼ

<携帯電話>20代の8割、漢字調べに利用 文化庁調査 | エキサイトニュース

昔は同様の調査結果を報じても「日本語を誤用している人がこんなにいる!」という調子でセンセーショナルに書かれていたが、最近はやっと落ち着いてきたようだ。だいたい我々はれっきとした日本語の「ネイティヴ・スピーカー」なのだから、我々の過半数が辞書と違う言葉の使用法をしているならば、間違っているのは我々ではなく辞書のほうだと考えるのがそもそも妥当だと思う。辞書が「転じて」と断った上で、時代に合った新しい意味を載せるべきである。

それはそれで、「昔はこんな意味だったのか!!」というのを知るのもまた新しい発見があって面白い。下にある「日本語」タグをつつくと、いろいろとそういう話を書いてきたので、暇な人は読んでください。

最近電子辞書を買って、その膨大な情報量に舌を巻きつついろいろと読み漁っているのだけれども、その中の英和辞典の項目冒頭には英単語の語源が載っていて、それなどを見ると中期フランス語の誤用や転訛など全く珍しいことではない。言葉とは生き物なんであって、それくらいの動きがあったほうがずっと面白い。

最近注目している言い回しが、「耳ざわりの良い言葉」というものだ。これは、聞く(読む)人によっては非常に微妙な気分になる言葉だが、開き直るとこれほど面白い言葉はない。

一応先に答えを出しておくと、「耳障り」とは、不快な音を聞いて気に障った様子を示す形容動詞句であり、「耳障りだ」とか「耳障りな音だ」などと使う。一方で、「手触り」「肌触り」などは、触覚での感触を示す名詞句で、「手触りが良い」とか「心地よい肌触り」などという。「耳ざわりが良い」というと、愉快なのか不愉快なのか判断がつかず、聞く人は非常に微妙な気持ちにさせられる。

が、そもそもヤマトコトバとしての「さはり」という言葉には、「触り」と「障り」という意味が渾然となっていたらしく、例えば「触らぬ神に祟りなし」といえば、「神に障る」というニュアンスもいくらか前提にあったようである。

そして我らがカルチャー・リーダーが発する「耳ざわりの良い」という表現にも、こうした意味の多重性、微妙な違和感を巧妙に突いてくる高度な用法が見られるのだ。例えば次のようなものだ。「耳ざわりのよい言葉を聞かせるばかりで、その実やっていることは実にひどい」というようなものだ。単に「耳に心地よい言葉」という意味で使うのではなく、「行動の醜悪さと裏腹な甘言の巧みさ」というような、まさに微妙なニュアンスを持つべき文脈で使われるのだ。ブラヴォー。

このように、「耳障り」という言葉は、形容動詞句という文法的縛りを越え、日本語を新しい世界へと導くのだ。というわけで導かれてしまったので、ここはぜひ、日本語の新世界で自由に遊んでみたい。にほんごであそぼ。

選挙期間中、普段なら庶民に見向きもしない代議士が、握手を求めてくる。なんとなく握手に応じてしまったが、その白い手袋はなんだ。議席のためにこうやって平身低頭を演じているが、俺はお前ら庶民とは別格の人間なのだという自意識が透けて見えるぞ、そう感じるだけで、その安っぽい綿手袋の手触りが癪に障るぜ。そういうときはおもむろにこう叫ぶのだ。











「手障りだっ!!」

相手の点になった眼が目に浮かぶ。

もっとお上品に使って若者のハートを鷲掴みにするのもいいだろう。ヨーロッパの高級車の写真を、上質なグラビア印刷をふんだんに使った紙面で紹介する記事が、次のように書くのである。
北ドイツ生まれのこの車両は、本質的にオフロードを走ることを目的としていない。もちろん、雪にまみれ、それがかつて道路であったと信じがたい場所を通過する場合であっても、確実なコースを維持するために十分なサスペンションは用意しているし、そうした場面でも、かの国の厳しい消費者団体が突きつける安全性評価と、実際にこのクラスを手にするうるさがたが見せる乗り心地への執着を、高い水準で両立する設計が施されている。その一翼を担うのがこの総革張りのシートであり、乗員を確実に車両へと抱き寄せるベッドであるのと同時に、サスペンションが不快な振動を取り去った残滓である心地良い揺らぎを乗員へとフィードバックするための最適なマンマシンインターフェイスとなっているのである。しかし、あえて苦言を呈するとすれば、高温多湿なモンスーン気候の国にあっては、若干透湿性が不足するのか、長時間のドライブのあとなどではやや肌障りに感じられる。

などと、それとなく刷り込んでいくと自然で良いのではなかろうか。

どんどんいこう。「耳障り」と双璧をなす言葉といえば、当然「目障り」である。「耳ざわりのよい言葉」のように微妙なニュアンスを投げかけるのにうってつけの言葉ではあるが、ここは逆に屈託なく、聞いているほうが硬直してしまうくらい素直に使ってみるのも面白いだろう。
長く、暗いトンネルを抜けると、そこに突然、世にも目ざわりの良い、心奪われるような絶景が広がっていた。

こうまで言われると、もうぐうの音も出ない。芥川賞が取れるくらいの文章力を持った人に、さりげなく一箇所だけこういうのを混ぜてもらえると、20年後には確実に国語辞典に用例として採録されるに違いない。そうした気骨あふれる作家の登場に期待したい。21世紀なんだし、それくらいの大志を抱いてもいいじゃないか。

古い名文を子供が口に出して、「声に出して読みたい日本語」と嘯くのもいいが、こういう攻めの姿勢も忘れないようにしたい。

----------

今日の漂着地:「一斗茶太的日常

惨事に遭いましょう」(271件)を検索していて漂着。
これは異口同音のネタ探しだったんですが、この人は毎日その手のネタを繰り出している。そして毎日それをやっているのにもかかわらず、そのクオリティーの高さはなんだ。すごい人もいるものです。
[PR]
by antonin | 2007-09-11 23:00 | Trackback | Comments(8)

倫理学について(嘘)

むー、台風うるさい。

以前、「ピタゴラスイッチ」に関連する異口同音および孤立素材を書き連ねたけれども、大事なのをひとつ忘れているということに気づいた。

今日の孤立素材:「ニコマコスイッチ」(0件)

ニコでマコでスイッチなのに、なんで気付かなかったんだろう。

ニコマコスさんについては適当に検索してください。
[PR]
by antonin | 2007-09-07 04:52 | Trackback | Comments(4)

お悩み相談

「いま、とても悩んでいるんです。自分の将来がどうなるのか」
「では、大きな宇宙から小さな地球を眺めているところを想像してごらんなさい。長い宇宙の歴史に比べたら、自分の将来の悩みなど、実にちっぽけなものだと感じるでしょう」
「わーい」

「いま、とても悩んでいるんです。自分の存在が軽く感じて」
「では、貴方の体を造っている、数十兆の細胞のひとつから見た貴方を想像してごらんなさい。貴方は総理大臣や大統領などとは比べ物にならないほど多くの細胞の生命を預かる、重大な任務を背負っているのです。どうして軽い存在などといえるでしょう」
「わーい」

「いま、とても悩んでいるんです。もっと痩せたくて」
「では、貴方を太らせている脂肪分の由来を想像してごらんなさい。生後6ヶ月ほどの飼育生活の後、100kg超の体重となって出荷され食肉となる、幾万の豚たちを。低脂肪の食生活を心がけましょう」
「わーい」

「いま、とても悩んでいるんです。毎晩恐い夢にうなされます」
「では、昼間の生活で貴方を抑圧している状況を想像してごらんなさい。そしてそれを打ち破る強い人を想像してください。神様でもいいでしょう。あなたの夢がまずはじめに、想像を現実に変えてくれるでしょう」
「わーい」

「いま、とても悩んでいるんです。お金が足りないんです」
「では、お金を持っている人から借りることを想像してごらんなさい。いくつもの相手ではなく、一人の人から借りてみるのです。もう貸すお金がなくなったら、その人の財産を握っているのは貴方です。その人がお金を貯めるのに使った知恵までも貴方に貸してくれることでしょう」
「わーい」

----------

教訓:「人生相談の回答を真に受けてはいけない。気休めと心得るべし」
[PR]
by antonin | 2007-08-15 00:44 | Trackback | Comments(7)

なかよし

まぁ、仲の良い姉弟です。
ときどきけんかなどしているけれども。
b0004933_1164186.jpg


----------

今日の孤立素材:
マルテン斉藤」(0件)
オーステ内藤」(0件)

元ネタは
Category:鉄 - Wikipedia
あたりを参照してください。
[PR]
by antonin | 2007-08-07 01:23 | Trackback | Comments(10)

今度はトラックがジェットエンジンだ

6月4日の記事なのでかなり遅れてますが。
アメリカ人はちょっとおかしいですね。
こういうの好きですけど。

ジェットエンジンを積んだトラック、飛行機と競争(動画) : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン)

これは、ジェットエンジンの中でも、ヘリコプター用のターボシャフトエンジンでも旅客機用のターボファンエンジンでもなく、もっぱら戦闘機用のターボジェットエンジンですね。見ると炎を吹き出しているのでアフターバーナーも付いているようですし、こういうのはいったいどこから流れてくるんでしょうか。空軍か海軍の払い下げでもあるんでしょうか。それを買い取ってこういうのを作ってしまうのも、いかにもアメリカ人っぽくて良いです。

通常のエンジンからの排気ガスを排出するためのエキゾースト・パイプからもなにやら炎を上げていますが、これはたぶん単なる飾りか、エンジンのパージガスを燃やしているだけですね。景気のいいことです。

確かにジェットエンジンの燃料であるケロシンは成分的にはほぼ灯油なんですが、それでこんなパワーが出るんだからすごいですね。エコロジーなんかぶっ飛ばせという感じです。

ところでこういう派手な車両が登場すると、すぐ飛行機と競争しますが、地表付近では飛行機も200km/h足らずの速度で飛行することができるので、熟練したパイロットの操縦する小型機であれば、そこらへんのスポーツカーでも(リミッターとかが付いていなければ)じゅうぶん勝てるんじゃないかと思います。それを言ったらいけないんですけどね。面白いからいいんです。

日本の電気自動車あたりも飛行機をぶっちぎってほしいですね。

参考:eliica.com -慶應義塾大学電気自動車研究室-
[PR]
by antonin | 2007-08-03 23:40 | Trackback(1) | Comments(2)


フォロー中のブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル