「ほっ」と。キャンペーン

安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
検索
最新の記事
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
光は本当に量子なのか
at 2015-03-17 23:48
自分のアタマで考えざるを得な..
at 2015-03-06 03:57
折り合い
at 2015-03-01 00:19
C++とC#
at 2015-02-07 02:10
浮世離れ補正
at 2015-01-25 01:21
記事ランキング
タグ
(294)
(146)
(120)
(94)
(76)
(64)
(59)
(54)
(45)
(40)
(40)
(39)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

タグ:おバカ ( 59 ) タグの人気記事

フォースにバランスをもたらす者

スターウォーズの旧三部作がヒットしていた頃、インタビューに答えたジョージ・ルーカスは、スターウォーズの本当の主役はダース・ヴェイダーだと語っていたそうだ。それが冗談や皮肉ではなく、本当のことだったということが、前史である新三部作で明らかになった。

ルーカスは映画の監督や総指揮をしていただけではなく、あのストーリーの骨格となるシナリオを、かなり早い段階で書き上げていたという。ディテールはないものの、アナキンとルークの物語の神話的あらすじは若きルーカスの傑作だった。本来3部9作編成になるとも噂されたが、映画作品となった旧三部作が、シナリオの真ん中にあるクライマックスシーンを中心に描かれたため、続編が時間的に過去の物語となるという、変則的な構成になった。

そんな話は長くなるのでしないけれども、正義の騎士団であるジェダイ・オーダーと、千年前にジェダイに組織を滅ぼされ、復讐のときを待って雌伏していたシスの対決の物語という大きな枠組みが、スターウォーズのベース・シナリオにはある。その悪の象徴が、フォースの暗黒面を操る機械仕掛けの不気味な男、映画史上に残る名ヒール、ダース・ヴェイダーだった。

そのヴェイダーが、実はかつて純真な少年であり、ジェダイの伝説に予言された「選ばれし者」であり、優れたジェダイであり、そして暗黒面に落ちたシスであり、ルークの父、アナキン・スカイウォーカーであった。そのアナキンが、シスのマスターである銀河皇帝を滅ぼし、多くの破壊と殺戮の果てではあったが、結局は「フォースにバランスをもたらす」という予言を果たしたという結末だった。

そして、銀河皇帝となったシスのマスターが、単に悪の組織の首領ではなく、元老院という銀河連邦の中枢に食い込み、正式な議決を通じて皇帝になったというのも新三部作のもうひとつの重要なストーリーだった。人心を掌握し、権力を独占したマスターと、その力の下で、帝国人民を抑圧する悪の象徴がダース・ヴェイダーとなったアナキンだった。

「人心を掌握して強大な権力を手中に収めた先代」と、「権力を通じて人民を抑圧した悪の象徴」というと、ちょうど小泉さんと安倍さんを連想しないでもない。まぁ、ヴェイダーのような恐ろしさはありませんが、何があっても動じない鉄面皮は近いものがあるのではないか。

小泉さんは「自民党をぶっ壊す」と言って、本当にある程度壊して見せた末に大衆の人心を掌握すると、最後に自民党をぶっ壊すどころか、正当な選挙による衆院議席の2/3超という強大な権力を自民党にもたらした。そして約束の郵政民営化を実行すると、財投などの始末を付ける前に即座にその位を安倍さんに譲り、17の法案を強行採決し、立法した。この構図も、二人のシスに良く似ている。

ここで期待したいのは、安倍さんが「フォースにバランスをもたらす者」なのではないかということ。今までは「美しい国」とだけ語り、高い支持率の中政権をスタートさせたが、結果として参院での大敗という形で、自民党に深い傷を与えた。これは、官邸主導に従わない自民党の参院勢力を骨抜きにし、クローントルーパーを髣髴させる「小泉チルドレン」を率い、本当に自民党をぶっ壊すための過程に過ぎないのかもしれない。と同時に、敵対勢力として、まずは共産と社民を死滅させた。次は民主党の政策調整能力の無さを突いて壊滅させるかもしれない。

そして最後に、逆説的に自民党の存在そのものにとどめを刺し、あらゆる破壊の末、日本に新しいフォースのバランスをもたらすかもしれない。ここで足りないのは"The New Hope"だけということになる。安倍さんに双子の兄妹のお子さんなどはいないだろうか。ひとりは、とあるリベラル派の名家の養女として育てられている。もうひとりは、山口から少し離れた、鳥取の砂丘近くで梨園を営む夫婦に、養子として育てられながら、選挙戦の最前線での戦闘を夢見ている。

あらゆる面で裏目に出る安倍戦略だが、これは自民党を内部からの崩壊というクライマックスに導く伏線なのかもしれない。そして、息子との対決シーンでは、あの名台詞"I am your father" "Nooooooooooooo!"を再現してほしい。

ともあれ、先が楽しみなってまいりました。ところで小沢さん、長生きされるといいのですが。

----------

最後に、fazeroさんにいただいたコメントでこんなものを作ってみました。
b0004933_1225170.jpg
ヒゲの安倍首相(ライト)
b0004933_1233292.jpg
ヒゲの安倍首相(ボールド)
b0004933_1243259.jpg
晋太郎さんメガネの安倍首相

それでは皆さん、May the Force be with You!
[PR]
by antonin | 2007-08-01 01:25 | Trackback | Comments(4)

沈黙は金、ならば…

本日3本目。饒舌は危うさのしるし。大丈夫か、自分。

----------

沈黙は金というのはどの国の格言か知らないが、雄弁は銀という言葉が続くらしい。今はオリンピックが世界的な大イベントになっているので、何が何でも金という印象から、沈黙が最善というように解釈しがちだが、雄弁にも価値があるという格言でもあるらしい。

沈黙はあらゆる言葉による攻撃に耐え、それは確かに錆びることを知らない金に似ているのだけれど、金は希少で高価だ。いつも沈黙して生活できるほどの人は滅多にいない。時には雄弁も駆使しなければ、他人を動かすことはできない。時には、というよりも、雄弁を多くして、ここ一番に価値ある沈黙をせよという格言と読める。

しかし、銀も金ほどではないにせよ、高価だ。一番コストパフォーマンスが優れている金属は、やはり鉄だろう。鉄は、豊富で安く、しかも多様に変化する。

海洋微生物が初めて光合成を始めた際に吐き出した酸素が、海水中の鉄分と結びついて沈殿したものが、今日採掘される鉄鉱石だといわれている。そこから再び酸素を剥ぎ取って鉄とするために、純度の高い石炭、コークスを使う。これも樹木の化石だといわれている。取り出された鉄にある程度の炭素が練り込まれると、鉄"iron"は鋼"steel"と呼ばれる。鋼は「刃金」が語源だろうと思うが、非常に硬く、石で研げば鋭い刃物になる。

純度を上げて"iron"にすれば、錆びやすいが、ある程度硬くてかつ柔軟な構造材として使える。水分の多い条件に純鉄を置けば水酸化鉄を経て酸化第二鉄の赤錆になるが、これは密度が純鉄より低く、膨張して粉々になる。そして内部の純鉄がさらに酸素に触れて、最後は鉄鉱石と同じ赤錆の塊にまで朽ちてしまう。しかし、高熱で酸化第一鉄の黒錆を表面に形成すれば、緻密な皮膜となり、内部まで錆びるのを防ぐことができる。また、簡単にペンキなどの樹脂で被覆することもできる。亜鉛などのイオン化傾向の若干高い金属でメッキをして、電池効果で錆を防ぐこともできる。ニッケル、クロム、モリブデンなどを添加すれば、非常に錆びにくい合金を作ることもできる。いわゆる"stainless steel"である。

話が逸れたが、とにかく、鉄は安くて豊富にあるから、日常は鉄を使うのが一番なのであって、これは格言に戻ればおそらく「労働は鉄」となるのだろう。価値が低いというのではなく、基礎を作るのに一番適しているという意味で。

金、銀と来れば次はやはり銅なのだろうが、もうあまり意味のあるアナロジーは思いつかないので、「遊興は銅」とでもしておこう。たくさんの労働、それなりの遊興、わずかな雄弁、とっておきの沈黙。なんだか序列としてはもっともらしいじゃないか。

鉄という仕事に活かせるクロムやモリブデン、銅という遊興に含ませれば白銅となり高価ではないが硬貨になるニッケル、電球や蛍光灯のフィラメントになって光を発するタングステン、液状になって便利だが毒性の高い水銀など、アナロジーの浮かびそうな金属は他にもたくさんあるが、もうこのあたりでやめておこう。最後にまとめて並べてみる。

今日の格言:
「沈黙は金、雄弁は銀、遊興は銅、労働は鉄」

結局一番大事なのはバランスなのだろうというお話。
[PR]
by antonin | 2007-06-11 21:03 | Trackback | Comments(2)

ピタゴラス一致

前回の駄洒落検索にて「ピタゴラス一致」のニセ定義を書いたが、これは文科省定義で言う「三平方の定理」、古典的には「ピタゴラスの定理」で直角三角形の直角をはさむ二辺の整数比をヒントに書いてみた。でも、これは案外面白いかもしれない。

もう一度定義を書いてみよう。

[定義] 自然数x, xNと自然数y, yNの平方和x2+y2が平方数z2, zNであるとき、xyはピタゴラス一致である。

要するに、直角三角形の三辺の長さが自然数(1以上の整数)の場合について書いている。この定義を使うと、いろいろな関係がピタゴラス一致という用語で記述できる。
ユークリッド公理系において、以下の諸定理が成り立つ。

[定理1] 三角形の二辺の長さがピタゴラス一致するとき、その二辺に挟まれる角が直角であれば、他の一辺の長さは二辺の長さの平方和の平方根に等しい自然数である。(三平方の定理の限定)

[定理2] (削除)

[定理3] 長方形の隣り合う二辺の長さの比がピタゴラス一致するとき、その長方形は正方形ではない。

[定理3の中間定理] 等しい二数はピタゴラス一致しない。

などなど。内容は中学生レベルですが、「ピタゴラス一致」なる新概念を導入すると、なんだか高等数学みたいで面白いですね。

更に、ピタゴラス一致の概念を拡張すると、近年ようやく証明が完了した「フェルマーの最終定理(大定理)」も簡潔に表すことができます。

[定義] 自然数x, xNと自然数y, yNのm乗和xm+ymがm乗数zm, zNであるとき、xyはm次のピタゴラス一致である。

さぁ、ピタゴラス一致に次数の概念が拡張されました。これを使って、フェルマーの最終定理
[定理] xm+ym = zm
となる自然数x, y, zの組は、m≧3の場合には存在しない。

という有名な定理が、ピタゴラス一致の定義を使って記述できます。
[定理] 3次以上でピタゴラス一致する二数は存在しない。

ほら簡潔。(笑)

(追記:2007/6/13)
定理2を削除しました。次のような内容でしたが、仮定が成立していなくても結論の命題が真になり、ピタゴラス一致の性質について何も意味を持っていませんでした。
三角形の二辺の長さがピタゴラス一致するとき、他の一辺の長さが二辺の長さの平方和の平方根より小さければ、二辺に挟まれる角は鋭角であり、他の一辺の長さが二辺の長さの平方和の平方根より大きければ、二辺に挟まれる角は鈍角である。

そういう意味では、ユークリッド公理系なんかに依存しない定理3の中間定理が一番キュートな定理であるような気がします。

面白いので証明してみよう。「等しい二数」というのはセンスが悪いので、「自分自身とピタゴラス一致する自然数は存在しない」に変えてからスタートします。
[命題] 自分自身とピタゴラス一致する自然数は存在しない
[証明] 自分自身とピタゴラス一致する自然数が存在すると仮定する。記号を用いて表現すれば、

m(mN∧Pyth(m,m))

となる。
ここでPyth(x,y)はxyがピタゴラス一致することを示す二項関係。

ピタゴラス一致の定義より、自然数x,yに対し、次の命題が成立する。

z(zNz=√(x2+y2))⇔Pyth(x,y)

すなわち、xyがピタゴラス一致するならば、xyの平方和の平方根に等しい自然数zが存在する。

このとき、仮定から、

n(nNn=√(2m2))

すなわち、mの平方和の2倍の平方根に等しい自然数nが存在する。

しかし、nmを使って次のように表される。

n=m√2

このとき、nは自然数と無理数の積となり、自然数ではない。

したがって、仮定は矛盾し、自分自身とピタゴラス一致する自然数は存在しない。

QED

[PR]
by antonin | 2007-06-08 11:01 | Trackback | Comments(0)

帰ってきた異口同音

最近、子供と一緒になってNHK教育テレビばかり見ている。「夕方クインテット」とかは楽しい。アキラさんは30年くらい言葉を発しないで番組を続け、最終回で初めてしゃべってから引退してほしい。そして「アキラさんがしゃべった」という自叙伝を書いてほしい。

まあそんなことはどうでもいいんですが、「ピタゴラスイッチ」の「ピタゴラ装置」は"YouTube"での著作権侵害などによって世界的にやや有名になりましたね。あれは立派な順序機械であって、制御や条件判断などがないものの、エンジンやコンピューターと基本的には同じ原理になっているので、侮れません。はじめに並べるビー玉の個数で結果が変わるようだと、制御の要素が入って面白いかもしれません。

そんなピタゴラスイッチに敬意を表して、久しぶりに今日の異口同音。

今日の異口同音:
ピタゴラス一致」(842件)
ソクラテスイッチ」(46件)
アルキメデスイッチ」(5件)
アリストテレスイッチ」(2件)
ゴルギアスイッチ」(1件)

「ピタゴラス一致」は数学用語っぽいですね。

[定義] 自然数x, xNと自然数y, yNの平方和x2+y2が平方数z2, zNであるとき、xyはピタゴラス一致である。

とかなんとか。嘘ですけど。

ついでなので、今日の孤立素材も。

今日の孤立素材:
エウクレイデスイッチ」(0件)
プロタゴラスイッチ」(0件)
パイドロスイッチ」(0件)
アレクサンドロスイッチ」(0件)
プトレマイオスイッチ」(0件)
セレウコスイッチ」(0件)
プルタルコスイッチ」(0件)
ホメロスイッチ」(0件)

以上、古代ギリシャ人を適当に選んでみました。ギリシャ神話の登場キャラクターとか、あるいは古代ローマ人とかドイツ人とかを挙げだすときりがないのでやめておきます。

でも面白いのでひとつだけ。

マルクス・アウレリウス・アントニヌスイッチ」(0件)

とてもストイックで自省的なスイッチ。

さてと、銀行でも行ってくるか。
[PR]
by antonin | 2007-06-07 13:01 | Trackback | Comments(8)

最近思ったこと。

黒山羊さんから御手紙着いた
白山羊さんたら読まずに食べた
仕方が無いから御手紙書いた
御手紙美味しゅう御座いました

--------

最近ムスメが鉛筆やクレヨンを持ち始めた。私は鉛筆をカッターで削るのが好きなので、芯の折れた色鉛筆などを見つけては、子供のいないところでせっせと削ってみる。出来具合はきれいなほうだが、どうにも尖りすぎる傾向がある。色鉛筆はあまり尖らせてはいけないのだ。文字練習用鉛筆も同様だ。

削るのに適した鉛筆がなくなったので、切れ味が悪くなったとお嘆きのヨメの依頼で包丁を研いだ。これもなかなか趣味に合う。が、凝らない性分なので砥石は荒砥ぎ、中砥ぎ、仕上げ砥ぎなどと使い分けず、中砥石でほどほどに研ぐ。以前は研ぐと却ってなまくらな包丁にしてしまっていたが、今度はしっかりと切れるものに仕上げることができて好評だった。こういうのは楽しい。

包丁2丁を研ぎ終わると、また鉛筆を削りたくなり、どこかに昔使っていた鉛筆がもっとあったはずだと本棚あたりを探したが、古いペンだけが出てきた。シャープペンシルは、折れた芯を取り除いて新しいものを足すと、まずまず書ける。歴史の長い油性ボールペンは変わらずよく書ける。歴史の浅い水性ボールペンやゲルペンは、ペン先を濡らすと一瞬は書けるものの、復活には至らず、結局捨てることになった。そして万年筆も4本出てきて、どれも乾いて固まったインクを水で溶かすことで書き味を徐々に取り戻した。ときどきは万年筆で文章でも書いてみようかと思った。

--------
b0004933_2255733.jpg

今年は朝顔の発芽率を見誤り、小さな鉢が双葉で埋め尽くされてしまった。間引くのは惜しいので、もう少し根が張ったら一部は移植して近所の義母に贈ろうと思う。白と赤の美しい花が咲くはずだ。他の種はモロヘイヤと一粒のマリーゴールドを除いて一切芽を出さないが、4月5月になればいくらかは出てくるのだろうか。ひょっとすると暖めすぎて煮えてしまったものもあるかもしれない。

花は、咲いているときよりも咲かせるまでが楽しいと思うがどうだろうか。花がしおれたら、次の季節の花に植え替えるよりも、種が熟すまで育てるほうが楽しいと思うがどうだろうか。種は花や葉から養分を奪うから、一般には早めに摘み取ってしまうことが鉄則だが、子供を孕んで体形を崩してしまった女性もまた慈しいというような気持ちでもって、種胞をぶら下げたシクラメンにせっせと肥料を与えている。株がひとつなので発芽はしないのかもしれないが、それはそれで仕方がない。

桜がほころんで、陽光が暖かい。下の花は春咲きの木瓜かと思われるが、よく見ると
b0004933_2262469.jpg
東京にメジロがやって来ましたよ。どこでしょう。

b0004933_2271054.jpg
ほら、ここに。
[PR]
by antonin | 2007-03-29 01:47 | Trackback | Comments(17)

びっくり自分新記録

消してるそばからマシンTB打ってくるバカがいるもんだから、ほら。
b0004933_745812.gif


トラックバック受付やめるか。
ほとんど使ってないし。
[PR]
by antonin | 2007-01-25 07:45 | Trackback | Comments(6)

流転する論点

まあ、開き直ってみるってのもひとつの手ではあるかも。

ITmedia +D LifeStyle:ツンデレ標準搭載のワンセグテレビ

私もアキバ系男子と言えなくもない青年期を送ってきたのだけれども、当時はまだ2次元な人々は専らアングラ活動を送っており、むしろ主流は無線や電子工作やマイコンといったものに没頭する我々エレキマニアたちであった。「アキバ系」というより「秋葉族」といった風情を色濃く残していた時代であった。

翻って現在、ヲタ層のみならず一般層にも流布し始めた「ツンデレ」であるが、これはいったいどういうものなのか。こうした言葉をはじめて目にした頃は、表では言い寄る男たちに「ツンツン」と取り付く島も無い気の強い女が、彼氏と二人きりになると普段の姿からは想像もできない「デレデレ」ぶりを見せるというものではなかったか。これは、気の許せる相手の前でのみ心の鎧を脱ぐという現象であり、そうした隠された面を一人の男にだけ見せるという特権意識が「ツンデレ萌え」であったと言え、コントラスト効果であったと言える。これは私のような中年にも理解がしやすかった。

ところが最近では、ツンデレな娘は好きな男にデレデレしたいらしいのだが、態度や口調が心と裏腹にツンツンしてしまうという、ツンツン且つデレデレの状態を指すことが多くなってきたように見える。このちょっとアレな属性を有するキャラクターは、果たして本当に「萌え」の対象になっているのだろうか。単なるイジられキャラに見えなくもない。ちょっと中年には理解しにくい領域である。

私は中年であるので、ツンデレという言葉を聞くと即座にツンドラを連想する。そして、寒冷地帯の針葉樹林を思い浮かべ、外ではツンツンしているが家ではドラえもんのように便利な道具で助けてくれる女を想起し、そして「君は実にバカだな」とツンツンしながら押入れの上段で寝てしまう娘に思い至る。

駄洒落ではあるが、駄洒落とは古来小粋な中年男の言葉遊びである。
「ふみよむつきひ かさねつつ いつしかとしも すぎのとを あけてぞけさは わかれゆく」
という具合なのであって、畏れ入りやの鬼子母神なのであって、その手はくわなの焼き蛤なのである。こうした系譜は「当たり前田のクラッカー」や「当たり前田のセサミハイチ」などを経て今に引き継がれている。かつてのfjでは「おそれイリヤのプリゴジン」などという小粋なせりふを署名欄に添えている御仁があった。

私もこれに倣って「やっちまったのピーナッツ」などと駄洒落ているのだが、ムスメがどうしたことか「やってしまったのピーナッツ」などと真似損なう。いやムスメよ、「やってしまった」では意味がないのだ。「おそれいったの鬼子母神」ではだめなのだ。「その手は食わないの焼き蛤」ではだめなのだ。「やっちまった」だからピーナッツなのだ、と力説しているのだが、ムスメは取り合わない。これだからまったく最近の若い娘は。

参考:「八街市公式ホームページ

最後に有名な句を。
貸そうかな まあ当てにするな ひどすぎる借金
[PR]
by antonin | 2007-01-24 01:36 | Trackback | Comments(0)

まだ騙されている人たち

関西テレビが放送で謝罪 納豆やせ効果データ捏造 | エキサイトニュース

民放の情報エンターテイメント番組に科学的根拠がほとんどないというのはもう常識で、それをあえて楽しんでいる人がほとんどだと思っていたのだが、未だにこうして娯楽放送局の社長がマジレス謝罪していたり、そのニュースを見て「がっかり」なんていう人が多いのを見るにつけ、情報リテラシー水準の低さに実に暗澹たる気分になってくる。

こういう人々は水商売の良い顧客であったり、この株を買えば大もうけなんていう眉唾物の話に簡単に乗る人なのだろう。そしてまた、そういう人がこの国に非常に多いということである。Excite Japanの社長も先日のblogで「波動」がどうだとか「気」がどうだとか言っていたので、ある種同類だと思われ、こうした傾向はいわゆる頭の良し悪しには必ずしも関係しないのだろう。

こうした変な話に警告を与えても、「理系」呼ばわりされて気持ち悪がられるだけ損だと最近では諦めている。私自身はモノのコトワリを愛するという程度以上に「理系」と呼ばれるべき人間であるとは思わないが、理工系学部卒の人間に対する差別思想がこの国には根強い。

話さえうまければ、こういう人たちを動かしてインフラ事業の民営化でも交戦権の正当化でも宗教政党の合法化でも、なんでも投票でお墨付きをいただけるというのが民主選挙システムのおいしい部分であって、政治家としてはやめられない魅力があるのだろう。

そうは言っても、子供を日本の外で生きていけるように育てると腹を括ってからは、日本の国土は愛しても、その上に乗っかる政治システムは別にどうでも良くなってしまった今日この頃、この国の政治経済に対する関心も急激に薄れてしまった。悪くなることは間違いないが、戦争バカが跋扈した昭和初期より悪くなるには少なくとも70年程度は掛かるだろうから、自分には関係のない話と突き放すことができ、ずいぶんと気が楽になった。どうぞ毎日納豆食べて黒酢でも飲んで元気にやっていただきたい。少量ずつ多種類の食品をバランスよく食べれば、体に良くない食品などというのは本来無いはずである。あるとすれば食品ではなくそれを毒と言うに過ぎない。

愚痴はこれで最後にしよう。

過去のことは振り返らない。
未来のことは心配しない。
現在のことは気にしない。

これが今年のスローガンであります。
精神衛生上、大変重要なのであります。
[PR]
by antonin | 2007-01-22 00:04 | Trackback | Comments(6)

意味不明

疲れました。説明する気がしません。内容は案外簡単です。

(111111111)2 = 12345678987654321
((111111111111111)16)2 = (123456789ABCDEFEDCBA987654321)16
((11111111111111111111111111111111111)36)2
= (123456789ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
YXWVUTSRQPONMLKJIHGFEDCBA987654321)36

log10(36) = 1.5563025007672872650175335959592

log10(1*3668) = log10(1)+68*log10(36)
log10(2*3667) = log10(2)+67*log10(36)
....
log10(34*3635) = log10(34)+35*log10(36)
log10(35*3634) = log10(35)+34*log10(36)
log10(34*3633) = log10(34)+33*log10(36)
...
log10(2*361) = log10(2)+1*log10(36)
log10(1*360) = log10(1)+0*log10(36)

(12...YZY...21)36
= sum{ k=1 to 35 }( 10^( log10(k) + ( k-1 ) * log10(36) ) )
+ sum{ k=36 to 69 }( 10^( log10( 70-k ) + ( k-1 ) * log10(36) ) )

= 6.7386058115448329164049447108392e+105
+ 3.7436698953026849535583026171329e+104
...
+ 1.0047695009462116231839606043288e+56
+ 2.8731154030324678767515213359074e+54
+ 7.7528510875479291912342639222898e+52
...
+ 72
+ 1

= 7.1e+105 ??

=7129169903479268130335353751222562706528
1312424872109193296885592307354637571995
87421410233898908783695224
[PR]
by antonin | 2006-11-23 23:30 | Trackback | Comments(0)

月曜映画・・・

ううう、こんな時間に・・・。

眠りにくい時間帯にはNHKの環境映像とか民放の通販番組とかいった、適度に退屈な放送を流しながら眠れる時間を待つのが常ですが、ときおりこの時間帯の秩序を破壊する番組にNTVの「月曜映画」があります。それにしても今夜はひどかった・・・。

"Le Boulet"(2002年 フランス映画 )

最も静謐なはずのこの時間帯に、こんな面白い映画を放送するなんて信じられない・・・。
恨みます・・・自己管理能力の欠如を棚に上げつつ・・・。
[PR]
by antonin | 2006-10-10 04:11 | Trackback | Comments(4)


お気に入りブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル