安敦誌


つまらない話など
by antonin
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
最新の記事
アキレスと亀
at 2017-05-02 15:44
受想行識亦復如是
at 2017-05-02 03:26
仲介したことはあまりないが
at 2017-04-29 03:36
サンセット・セレナード
at 2017-04-12 23:17
水分子と日本人は似ている
at 2016-06-04 01:49
ほげ
at 2015-06-05 03:46
フリーランチハンター
at 2015-04-17 01:48
アメリカのプロテスタント的な部分
at 2015-04-08 02:23
卯月惚け
at 2015-04-01 02:22
光は本当に量子なのか
at 2015-03-17 23:48
記事ランキング
タグ
(295)
(146)
(122)
(95)
(76)
(65)
(59)
(54)
(45)
(40)
(40)
(39)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(15)
最新のコメント
>>通りすがり ソ..
by Appleは超絶ブラック企業 at 01:30
>デスクトップ級スマート..
by 通りすがり at 03:27
7年前に書いた駄文が、今..
by antonin at 02:20
助かりました。古典文学の..
by サボり気味の学生さん at 19:45
Appleから金でも貰っ..
by デスクトップ級スマートフォン at 22:10
以前の記事

タグ:おバカ ( 59 ) タグの人気記事

かつてイトーヨーカドーと呼ばれたGMSについて

2005年9月1日、イトーヨーカ堂セブンイレブン・ジャパンデニーズの3社が、株式移転により、新設の持ち株会社「セブンアンドアイ・ホールディングス」の傘下に入りました。

ニュースリリース(PDFファイル)

これは、イトーヨーカ堂の子会社であるセブンイレブン・ジャパンが、営業利益、時価総額ともに親会社であるイトーヨーカ堂を上回っていたため、上場企業として敵対的買収リスクの高い状態にあったことを解消するためと思われます。つまり、ニッポン放送フジテレビのような関係であったため、ライブドアのような資本に食われないようにしたということでしょう。

このニュースが流れたときに、イトーヨーカドー店舗の看板が掛け替わるという噂を聞いたのですが、イトーヨーカ堂からの正式なアナウンスがないため、単なる噂だと思っていました。ところがその後、次々に店舗の看板が掛け替わっていきました。

それはそれでいいのですが、新しい看板の図柄というのが、新しくできた持ち株会社のセブンアンドアイ・ホールディングスのものだったのです。通常、持ち株会社というのは財務上必要なだけの存在で、特に業態の異なる子会社をまとめている場合には、形式上でだけ親会社となっている持ち株会社が表に出てくることはあまりありません。ここで、長年親しまれてきたイトーヨーカドーのハトのマークを消してしまう意味はなんなのでしょうか。

これは、セレブを対象とした方針転換としか考えられません。
そのネタはもういいから。

この記事を読まれる方には興味がないかもしれませんが、最近小生意気になってきたうちのムスメが、屋上に遊戯施設のあるイトーヨーカドーのことを「はとぽっぽの おみせ」と呼んでいたのですが、自宅からよく見える看板が掛け替わってしまい、「はとぽっぽの おみせ せぶんぶんぶん みたいに なっちゃったね」と言っていました。3歳児はともかくとして、親にもなんと呼んでいいかわからない店になってしまいました。

セブンイレブンの息の掛かったサービスとして、すでにセブンアンドワイ(旧イーエス・ブックス)というものがありますが、ネットで「セブンアンドアイ セブンアンドワイ」を検索してみると、その混乱ぶりがわかると思います。表に出てこない持ち株会社であれば特に問題はないのですが、既存のサービスと微妙にバッティングする名前というのは問題があるかと思います。「アイ」と「ワイ」なんて、「バック」と「バッグ」、あるいは「デスク」と「ディスク」のようなもので、日本人には識別しにくい違いなのですが、大丈夫なのでしょうか。

ひょっとすると、

「ちょっと駅前のセブンアンドアイ・ホールディングスまで牛乳買いに行ってくるよ」

などと言わなくてはいけないのかもしれませんが、それはちょっと厳しいので、略して「セブンアホ」などと呼ぶことになるのでしょうか。というのはまぁ冗談で、実際にはイトーヨーカドーという店名は残っていて、立地のいいイトーヨーカドー店舗の看板を使って新しいセブンイレブン・イトーヨーカ堂グループの宣伝をしているだけなのでしょう。

では、宣伝が完了したら看板は元に戻るのでしょうか。

かつてイトーヨーカドーのライバルであったダイエーが破綻の危機に瀕した末期状態にあるように、同じくGMS(総合スーパーマーケット)という業態をとるイトーヨーカドーも、全体としては黒字でもジリ貧状態には変わりないという状況にあります。不採算店舗の閉鎖や、衣料品売り場のテコ入れによる客層の拡大なども計画されているようですが、最近流行の複合モールへの転換などもあるかもしれません。全体的に店舗の立地はいいのですから。

そうなると、現在の看板は、次に来る新業態へのつなぎに過ぎないかもしれません。ハトのマークとの別れは、イトーヨーカドーそのものの終焉を予告しているのかもしれません。まぁ、いつの間にか元に戻っている可能性もありますが。


企業の対等合併や、完全な業態変更などで、従来の商標を継続できない場合は仕方ありませんが、ブランド・マークというのは、年月を重ねることで重みを増し、信用の象徴となるので、20年や30年経過した時点で少々古臭く感じても、できることなら使い続けたほうが良いと思います。社名も、むやみに変更するとかえって軽く感じます。「J~」とか「~ックス」という社名やサービスネームが蔓延した時期がありましたが、今でもあまりいい印象はありません。自衛隊が民営化して「J隊」になるという笑い話もありました。

江戸期の商店の商標などは白と黒のコントラストが鮮やかで、鳥や草木、線の太い筆文字などがM. C. Escherの作品のように幾何学模様に溶け込んでいるデザインは、今見てみると非常に優れたものと感じます。キッコーマンなどは江戸期から伝来の商標を海外市場でも使用して、好評を得ています。豊田自動織機などは現在の業態を正確に表していない面はありますが、その来歴がよくわかって、大変良い社名だと思います。

一方でトヨタ自動車の旧・社章(丸に「トヨタ」)はヤバい感じでしたが、あれも100年経ったら粋なデザインとして認められているかもしれません。レクサスも、LEXUSの"L"ではなくて、レクサスの「レ」をデザインして、
b0004933_2211263.gif

なんていうマークにしたら日本らしくてウケたかもしれません。

イトーヨーカドーがこの先どうなるのかわかりませんが、地元を代表する店舗でもあるので、あまり悲惨なことにならないように願っております。


追記:
この話を書くにあたって、以前NHKのテレビ番組かどこかで聞いた故事を引こうと思ったのですが、ネットで検索しても全く挙がってこなかったので、ひょっとして記憶違いだったのでしょうか。

「昔(明治時代?)、不忍池を埋め立てようという計画が上がったが、とある外国人に『由緒の物を軽んずるは野蛮の為す所なり』と言われて断念した。」

というような内容だったのですが。昭和になって野球場建設が上野観光協会の反対によって中止された、という話は出てくるのですが、上記のようなエピソードは見つかりませんでした。どなたかご存知ありませんか。
[PR]
by antonin | 2005-09-21 22:03 | Trackback(1) | Comments(3)

ライトセーバーをつくろう

ヨーダはそちらを見て、暗い顔でうなずいた。
「若い生徒を見捨てるような真似はせん。シン・ドローリグはな。」
オビ=ワンは死んだジェダイのそばにがっくりとひざをついた。
「わたしは、ライトセーバーのつくりかたを学びました……」


『スターウォーズ エピソード3 シスの復讐』小説版より


というわけで、ジェダイの騎士は自分で自分のセーバーをつくっていたようです。

ではさっそく作り方を見てみましょう。

みらくる☆ライト楽天市場店」より「STAR WARS ライトセーバー製作例

ジェダイの素養は精神と技術の修養によりフォースと一体になることですから、道具は本質ではありませんが、これが無いと修行も始められません。パダワンの第一歩です。

別のジェダイ・マスターによって造られたセーバーも見てみましょう。

バージョンアップ版 STARWARS Lightsaber

シスの持つ真紅のセーバーもあります。
敵を知り己を知れば百戦危うからずです。

ライトセーバーを用いた剣術の詳細については下記を参照してください。

スター・ウォーズの鉄人!」より「テクノロジー・ガイド

では、フォースの共にあらんことを。
[PR]
by antonin | 2005-09-12 20:36 | Trackback | Comments(0)

ご利用は計画的に

いわゆる「消費者金融」と呼ばれる業者の、女性タレントや動物を使ったCMがしばらく高い人気を保っています。最近になって、これらのCMが送り出すメッセージにある変化が見え始めました。

以前からこの業界のCMには決まり文句として使われてきた「ご利用は計画的に」というメッセージがありましたが、最近ではこれがさらに強調されて、「事前にしっかり返済計画を立てましょう」というような内容になってきています。しかも、CMの最後のオマケという従来の位置づけではなく、CMのメインメッセージとなっています。これはいったいどういう変化なのでしょうか。

つづきは長いですよ
[PR]
by antonin | 2005-09-12 00:26 | Trackback | Comments(10)

Comic Relief

なんだか政治クサくなってきたので、お口直しに。


『若い頃はかっこよかった選手権』


第3位 : キーファー・サザーランド 様

ドラマ24。美青年とその後。」("Babylon"から)


第2位 : ヨハネス・ブラームス 様

有名な晩年の写真 と 美青年時代


第1位 : ジャック・ヴィルヌーヴ 様

驚異のルーキー、F1デビュー当時と、そのわずか数年後

まぁ、写真うつりってのもありますが。



オマケ。ヤング・アントニーン

下のほうに晩年の写真もあります。
[PR]
by antonin | 2005-09-06 02:50 | Trackback | Comments(17)

1と1.0(にゃーん)

こんばんにゃーん。
今日は文体をちょっと変えてみたにゃーん。
こんなBLOG誰も見てないから、こんなことしても恥ずかしくないにゃーん。

続きを読む
[PR]
by antonin | 2005-04-04 01:25 | Trackback | Comments(43)

猿人全開

以前に少し口走ったまま放置していた異口同音スペシャルだが、大きくなりすぎた。
ぺろっとめくって、くだらなさに脱力してください。

Gentlemen, Start your 猿人s !
[PR]
by antonin | 2005-01-24 21:22 | Trackback | Comments(0)

落胆日誌

1時間以上かかって書いた記事を誤って消してしまった。しくしく。
・・・まあ、そういう日もあるさ。



今日の冗句:「情けは水の如し。干れば則ち渇き、溢るれば則ち溺る。」

愛とは水のようなものである。
足りなければ欲しくなり、多すぎればおぼれる。
[PR]
by antonin | 2004-11-17 23:58 | Trackback | Comments(0)

異口同音とか。

また誰も読まないものを書いてしまった。

まあいい。


今日の異口同音:「現代用語のクソ知識」(186件)
これは、実は初めて「異口同音」のアイデアに至ったダジャレであります。どういうことかと言うと、あるダジャレを思いついてから、「ああ、こんなことを考える人は他にもいるんだろうな」ということで検索エンジンにそのダジャレを放り込んでみたらやっぱりいた、という最初の作品なのであります。また当時、検索結果を追っていって、あのキッチュな松尾貴史さんが既に本のタイトルに使っていたことがわかり、なかなか衝撃的でした。さすがキッチュ。

ところで、他にも「現代用語の**知識」という言い換えも膨大にあるらしく、また「**用語の基礎知識」なども多数存在する。

ムイミダス」というのも有名な線であるらしい。


最近Googleが情報収集効率を重視したのか、網羅性に傷が付き始めたので、YSTなども参照すべきか悩んでいる。まあ所詮目安なので当面Googleでいいだろう。
[PR]
by antonin | 2004-11-16 03:16 | Trackback | Comments(0)

楽屋落ち、あるいは秋の怪談

『帰りは二人』
(andantino先生に捧ぐ)

 andantinoは、長身で腕の立つプログラマだが、訳あって無職の身だった。といっても次の仕事は決まっており、来月には新しい仕事が待っていた。今の自由は自分へのご褒美というやつだ。次の職場はスーツ着用らしいが、若い頃に仕立てたスーツはすでに体形に合わなくなってしまっていた。
 ある昼下がり、不本意ながらandantinoはハローワークへ足を向けていた。新調するスーツの代金の足しに雇用保険を受け取るためである。無駄に人であふれている職安を後にすると、ふと、ある景色がandantinoの目に入った。紅葉する山をあしらったポスターである。
 andantinoは去年のことを思い出していた。紅葉を見ようと思い立って山を目指したものの、紅葉観光の渋滞にはまり、紅葉の山に着いた頃にはもう日が暮れてしまっていた。今から出ても去年の二の舞になることは目に見えていた。けれども、しばらくは明日の予定も気にしなくていい身である。細かいことは気にしない。andantinoは愛車を北へ向けた。
 一応高速に乗ってきたわけだが、宇都宮I.C.から宇都宮日光道路に入る頃には辺りはすでに暗くなりはじめていた。有料道路を降りると幸い渋滞は無かったが、もうそんなことはどうでも良いほど暗くなっていた。いまさら引き返すのも馬鹿らしく、かといって進むのも馬鹿らしいのだが、今年の思い出にいろは坂を上ることにした。
 上り道は、アクセルとハンドルをコントロールして、ラインをトレースすることだけに集中すればよかった。引き返す道もない。余計なことは考えなくて済む。ところが、坂を上りきって中善寺湖畔に達すると、いよいよ自分の行動を反省することになる。いったい何をしに来たのか。まあ、ここまで来てしまったものは仕方がない。何か見たら帰ろう。
 左に曲がれば旧イタリア大使館別荘があるが、この時間ではもう閉館しているだろう。andantinoは漠然と車を直進させ、湖畔を走った。その道筋が湖を離れ、山へ入ろうとするところに竜頭の滝がある。そこには茶屋と土産物屋があり、そこから竜頭の滝のベストショットが拝めるわけだが、そこもすでに営業を終了していた。なにより暗さで滝が見えない。
 さらに車を進めて、くねり始めた道を少し上ると、小さな無料駐車場があった。ここから先へ進むのは無謀なような気がして、車をそこへ止めた。エンジンを回したまま、andantinoは車を降りてみた。空は暗いのだが、垂れ込めた雲が遠くの街の灯りを映して少し明るくなっているのがわかる。そこに、たぶん紅葉しているであろう木々の葉が漆黒の影を落としている。
 近くに川の音が聞こえる。道路の反対側からだ。行ってみると、そこは竜頭の滝の始点になっていて、そこから下に向かって遊歩道が続いているようだ。その先には例の茶屋があるのだろう。柵に寄り、川の方を見るが、暗くて様子がわからない。

「あの…」
「!!!」

 背後から突然呼びかけられ、andantinoは背筋が凍った。振り返るのは嫌だったが、このままにしているのはもっと嫌なので、振り返って声の主を見た。うつむいて顔が見えないが、声のとおり若い女のようである。女がもう一度呼びかける。

「あの…」
「な、なんでしょう」
「連れていってもらえませんか」
「…ど、どちらまで」
「あなたの家まで」

 嫌な感じである。だいたい、若い女がこういう無防備なことを言うのは、決まって何かの罠なのである。経験から言ってそうなのだ。普通の状況なら丁重に断るべきところだが、この闇に落ちた山の中に置いていく訳にもいかず、渋々その頼みを受け入れることにした。
 女を助手席に乗せ、車を市街に返す。女に質問をしてみる。

「ひとりで来たんですか」
「はい」
「寒かったでしょう」
「そうでもありません」

 そんなはずはない。奥日光で関東のどこよりも先に紅葉が見られるのは、夜の冷え込みのためだ。車のエアコンを高めに設定する。吹き出し口も変えてみるが、なかなか車内が暖かくならない。エンジンは冷えていないはずなのに。
 いろは坂を下る。この道には街灯がない。週末の夜には改造車でにぎわうそうだが、今日は平日だ。この時間になると坂道を走る車は少ない。ちょうど前にも後にも他の車が見えない。今ヘッドライトを消せば完全な暗闇になる。人と自分のつながりが感じられない。助手席に一人乗せているのに、孤独な気分だ。
 ひととおりのカーブが終わると、街の灯が見えた。明かりだけで、営業の終了した街を抜けると、国道沿いのコンビニに立ち寄った。女を見ると、うつむいている。髪の黒い女だった。

「ちょっとトイレ行ってくるので待ってて」

 そう言うと女は少しうなづいた。andantinoは用を足し、一応二人分のコーヒー缶などを買って車に戻った。

 「!」

 女がいない。助手席を見ると女の座っていた辺りがじっとりと濡れていて、長い黒髪がひとつかみへばりついていた。
 なんだ、濡れていたのか。なら、やっぱり寒かっただろう。他の車に乗せてもらいに行ったのか。それにしては、他に車なんていなかったな。andantinoはそんなことを考えながら10分ほど待っていたのだが、まあここまで来れば何とかなるだろうと思い、少しほっとしながら、コンビニから車を出してしまった。
 奇妙な乗客を降ろしてしまったので寄り道する必要もなくなり、高速に乗った。道は相変わらず暗いのだが、車が増えてくると安心する。ほどなく、見慣れた自宅周辺までたどり着いた。
 駐車場に車を止め、キーを抜くと、助手席側が半ドアになっていることに気づいた。半ドアで高速を走っていたのか。まあいい。降りて助手席のドアを閉めようと、いったん開けた。すると、ルームランプに照らされた駐車場の地面がじっとりと濡れている。雨は降らなかったはずだが。よく見ると、何かを引きずったように、濡れた跡が助手席から伸びている。それはまっすぐに伸びていて、その先にはandantinoの家があった。
 駐車場をあとにして家の玄関に立つと、家の窓がみな真っ暗だった。おかしいな、まだ「あっぽちゃん」が起きてるはずなのに…。andantinoはキーを取り出し、玄関を開けた。

「… お か え り … な さ い …」
「うぁぁぁあああ!」

(結)


この作品はフィクションです。
登場人物は実在する場合がありますが、書かれていることが事実とは限りません。

今年こそは・・・・・
[PR]
by antonin | 2004-10-06 18:54 | Trackback(2) | Comments(0)


フォロー中のブログ
外部リンク
外部リンク
ライフログ
ブログパーツ
Notesを使いこなす
ブログジャンル